スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンゲリア2(ZOMBI 3)

危険サンゲリア2

ZOMBI 3

1988年
イタリア映画
90分

〔監督〕ルチオ・フルチ/ヴィンセント・ドーン
〔製作〕フランコ・ガウデンツィ〔脚本〕クラウディオ・フラガッソ〔撮影〕リチャード・グラセッティ〔音楽〕ステファノ・マイネッティ
〔出演〕 デラン・サラフィアン/ビアトリス・リング/アレックス・マクブライド/リチャード・レイモンド
サンゲリア2:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 東南アジアの原子力研究施設を襲撃したテロリストが、細菌兵器“デス・ワン”に感染。全身腐乱で絶命した彼の遺体は回収されるが、事件を隠蔽しようとする軍部はその死骸を極秘焼却。汚染された遺灰は大空へと拡散し、近隣のリゾート地は一瞬にして悪夢のゾンビ地帯と化す!おぞましい死者たちの襲撃かわし、廃墟ホテルに逃げ込んだ旅行者や休暇中の兵士らは、この人喰いゾンビ地獄から決死の脱出を試みるのだが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:

不死の波動が分かるか?
もう恐れる事はない
新しい世界が始まる
俺の声を聞けばその意味が分かるだろ

[ブルーハートの台詞より]

イタリアを代表する映画監督、ルチオ・フルチ。
そんな彼がジョージ・A・ロメロのゾンビ(1978)を独自の解釈で上手くパク・・・リスペクトしたゾンビ映画サンゲリア(1979)の正当な続編が今回紹介するサンゲリア2です。
本作の監督は一応、ルチオ・フルチとなっているのですが、どうやら色々あったようでそのほとんどをヴィンセント・ドーンが監督したと言われています。
ルチオ・フルチの映画を今までいくつか観てきた私からしても、本作はフルチの持ち味が感じられないような気がしますね。
上手く説明はできないのですが、サンゲリア2は観終えた後にズシリとした重たさがまるで感じられない軽い感じなんですよ。
あのネチネチと人体破壊の様子を嫌と言うほど映し出すルチオ・フルチらしさは皆無。

ぶっちゃけ言うと面白くはない。
けど、色々な部分が愉快。


物語のスジは細菌兵器拡散によるゾンビの大量発生。
そして、終わることのない地獄絵図・・・。

・・・ん?
もうこの時点でサンゲリアっぽさは微塵も感じられない。
細菌兵器“デス・ワン”に感染した遺体を焼却したために拡散してしまうのはバタリアン(1985)のソレ。

とにかく粗があり過ぎて、どこからツッコミを入れたらいいのかも分からないのだが、
少しだけ謎ポイントを紹介しよう。

サンゲリア2:画像1
▲こいつらが細菌兵器の開発者たち。

サンゲリア2:画像2
▲あっさり極秘機密のデス・ワンを盗まれる。・・・っていうかまず極秘機密に護衛が4名とは一体?

※謎ポイント① 細菌兵器デス・ワン。
ただのアルミケースに細菌兵器を収めるわ、ワクチン作るとか言っておきながらその描写はその後一切無いわ。
しかも、「ウィルスは酸素に敏感で空気に触れる30秒で毒性が消えます。」とか説明するくせに・・・、
「汚染されれば伝染します。呼気、唾液、血液、あらゆる接触で感染します。」とも言う。
よく分からないけど謎技術満載の細菌兵器デス・ワン。

サンゲリア2:画像3
▲何故か冷蔵庫に収められた首だけゾンビ。

サンゲリア2:画像4
▲何故か首だけなのに浮遊して人を襲う首だけゾンビ。

※謎ポイント② ゾンビ。
本作に登場するゾンビには一貫性がまるで無い。
鉈を振り回し高速で動きまくるゾンビ(寛平ゾンビで検索)、喋るゾンビ、高所からどんどん飛び降りてくるゾンビ。
さらには首絞め中心に人間を襲う肉体派ゾンビなど、なんだかよく分からない。
そもそもゾンビなのに人間の肉を喰らう描写は指折り数えるほど少ないのはどうなんだろうか。

サンゲリア2:画像5
▲トラックの下に手榴弾が!!ゲームか!?

サンゲリア2:画像6
▲吹き飛ぶゾンビたち。意外と足腰はしっかりしているね。

※謎ポイント③ 思いつきのストーリー。
主人公一行が逃げ込んだ場所になぜか火炎放射器や武器が置いてあったり、トラックの下に落っこちていた手榴弾でゾンビを一掃したりする失笑を誘う稚拙な脚本。
ただこんな場面を撮りたかっただけ・・・、そんな製作者サイドの声が聞こえてきそうである。

私はオススメはしないけど、絶対に皆さんにオススメはしないけど・・・、
たまに観たくなっちゃうんだよな。
音楽は爽快感あって、結構好きよ。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
ゾンビ映画は当り外れが多いのがクセになります。


スポンサーサイト

プロテクター(THE PROTECTOR)

プロテクター
THE PROTECTOR

1985年
香港映画
97分

〔監督・脚本〕ジェームズ・グリッケンハウス
〔製作〕レイモンド・チョウ〔撮影〕マーク・アーウィン〔音楽〕ケン・ソーン
〔出演〕ジャッキー・チェン/ダニー・アイエロ/ソーン・エリス/ロイ・チャオ
プロテクター:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  相棒の仇を討つべく、壮絶な追撃戦の末に犯人を殺したNY市警の刑事ビリー・ウォン。その過激な振る舞いを罰せられて、犯罪捜査の一線を外された彼は、ファッションショー会場の警備を命じられていた。そんなとき突如現れた武装集団にショーの主催者ローラがさらわれてしまう。黒幕は、香港に拠点を置く犯罪組織のボス、ハロルド・コー。コーのアジトにローラの手がかりを求めるビリーは、刑事ガローニを新たな相棒に加えて一路香港へ。しかしそれに気づいたコーの刺客たちがふたりに獰猛な牙を向ける!!果たして彼らは無事ローラを捜し出し、犯罪組織を壊滅させることができるのか!?

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:★★

それは 
銃(ガン)より強いヤツ。

[日本版劇場予告篇より]

今回紹介する映画は、ジャッキー・チェン主演のプロテクターです。

鬼才(ジェームズ・グリッケンハウス)、天才(ジャッキー・チェン)。
いま、ふたりの男が手を握った。
狙いは・・・
前人未到のアクション巨編だ。

なんとも胡散臭いナレーションが流れる日本版劇場予告篇にもある通り、本作はジェームズ・グリッケンハウス監督、ジャッキー・チェン主演のアクション映画です。
本来ならば鬼才と天才の強力タッグによる最高の作品となるハズだったのですが、ふたりの映画に対する意見の違いから、ジャッキーがいくつかシーンを追加撮影したバージョンも作られるなど色々といわくつきとなってしまった不遇の作品。
個人的意見としては、ジャッキー主演作品としては凡作。B級アクション映画として観れば高水準な感じでしょうか。
多分、ジャッキー主演じゃなければC級の出来。万人にはオススメしづらい作品です。

・・・とはいえ、
80年代のジャッキーのアクションは素晴らしいし、他の作品では見られないクールなビリー・ウォン(ジャッキー・チェン)のキャラクターはとてもカッコイイ。アメリカ進出を試みた前作バトルクリーク・ブロー(1980)での失敗を挽回すべく、本気の彼が拝めるのは魅力的ですね。

プロテクター:画像1
▲拳銃を握る姿も実に様になっている。

プロテクター:画像2
▲この時代のジャッキーの動きはキレキレ!!良い身体しています。

七福星(1985)にもあった壁ジャンプ後の回し蹴りには感動(あっちはフォークリフトにジャンプでしたが)。

プロテクター:画像3
▲本人・・・かどうかは分からないですが、バイクアクションも!!

プロテクター:画像4
▲アメリカの俳優との格闘ではスローな感じに・・・。

物語の舞台の大半は香港のため、多くのアクションシーンでは香港側のやられ役俳優が出演していて、いつものノリで観られるのだが、アメリカ側の俳優とのアクションではジャッキーの動きに合わせられずに途端にテンポが悪くなる・・・。
緊迫感が感じられないこのような状況をバトルクリーク・ブロー現象という(嘘)。

プロテクター:画像5
▲監督が監督だけにバイオレンスも満載。

プロテクター:画像6
▲敵のアジトでは何故か全裸で女性が働いているぞ!!・・・ジャッキー版ではまるまるカットだけど。

ジャッキーは、ハードボイルドな刑事モノを目指したジェームズ・グリッケンハウスとアクションシーンや演出で意見が合わず、実費を自ら出してまで追加シーンの撮影や編集などを行ったらしく、本作はジェームズ・グリッケンハウス版とジャッキー・チェン版が存在する珍しい事態になってしまう。
アメリカ映画的なノリで物語のスジは通っているが、監督の力量不足が露呈して面白さに欠けるジェームズ・グリッケンハウス版と、新たな登場人物の追加やテンポが良くなったアクションシーンは好印象も、ややツキハギ感を感じるジャッキー・チェン版。どちらも微妙なのは確か。

最後に、日本版劇場予告篇にはこんな一節も・・・

最強の2人が激突する

・・・うん、本当に2人は意見が激突したわけですね!!

北斗の拳(FIST OF THE NORTH STAR)

北斗の拳
FIST OF THE NORTH STAR
1995年
アメリカ/日本映画
92分

〔監督・脚本〕トニー・ランデル
〔製作〕マーク・イェレン/小峯昭弘〔企画〕黒澤満〔製作総指揮〕ゼイン・W・レヴィット/渡邊亮徳/一瀬隆重〔原作〕武論尊/原哲夫〔脚本〕ピーター・アトキンス〔撮影〕ジャック・ヘイトキン〔音楽〕クリストファー・L・ストーン
〔出演〕ゲイリー・ダニエルズ/マルコム・マクダウェル/鷲尾いさ子/コスタス・マンディロア/クリス・ペン/ナロナ・ヘレン
北斗の拳:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 南斗聖拳の達人・シンによって、父にして北斗神拳のマスターであるリュウケンを殺されたばかりか、最愛の人・ユリアを攫われてしまったケンシロウは、一人絶望の荒野をさまよっていた。同じ頃、シンが統治するサザンクロスの町から派遣されたクロスマンと呼ばれる軍隊が、パラダイスバレーの人々を苦しめていた。住民が守る汚染されていない水をめぐって、殺戮を繰り返すクロスマン。今や住民の怒りは頂点に達していた。だが、殆ど武器を持たないパラダイスバレーの人々にとって、彼らに対抗する術は無いにも等しかった。ところが、そんなパラダイスバレーに住む少年・バットと盲目の少女・リンの前に、ケンシロウが現れる・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:

お前はもう死んでいる
[ケンシロウの台詞より]

あの有名な北斗の拳を日米合作によって完璧?に再現した実写映画作品。
原作での前半部分(シンとの戦い)を抜き出して再構成されており、世紀末覇者を夢見た長兄や病に侵された次兄、南斗水鳥拳のレイは出てこない。まぁ・・・、このクオリティで出てこられてもガッカリするだけなのだが・・・。

この映画、原作の漫画を好きであれば、好きである程に反比例して嫌いになってくる困った作品だ。
荒廃した世紀末はガッツリとセットで微妙に再現。
魅力的な原作キャラクターを再現しきらない微妙なキャスティング。
格闘シーンも微妙な感じでスピード感はまるで無し。
映画ラストでのケンシロウとシンの決闘と同時進行するユリアと悪党ジャッカル(クリス・ペン)の余計な追いかけっこがただでさえ面白くない決闘をさらに台無しにする要因に・・・。

誠に微妙だらけな映画ながらも勿論少しは光るモノもあります。
それは「あべし」「ひでぶ」を再現した特殊メイクと、神谷明さんや古川登志夫さんなど原作の声優が吹替えた日本語音声など、微々たるものですが・・・。

北斗の拳:画像1 
▲ケンシロウ(ゲイリー・ダニエルズ)は思いっきり外人です。

原作のケンシロウは初期はブルース・リーの影響を受けている感じでしたが、映画ではただの外人顔。
もの凄い数の候補の中から選ばれたらしいゲイリー・ダニエルズが微妙な感じで演じています。
最近ではエクスペンダブルズ(2010)にも出演していましたね。

シンにユリアを奪われたことで悩んでうなされたり、父?リュウケンにうなされたりと気苦労が絶えない感じであまり強くなさそうなケンシロウ。
ゲイリー・ダニエルズが得意なのか、戦いの基本は蹴り技主体。時折、変な構えから拳を繰り出すちゃめっけもあり。

北斗の拳:画像2 
▲シン(コスタス・マンディロア)もなんか惜しい感じ。

バリバリ鍛えられたゲイリー・ダニエルズに比べるとムチムチなコスタス・マンディロアによって微妙に再現された南斗聖拳のシン。
原作終盤の南斗最後の将云々の設定が無い為に終始ただの小悪党のままで死に絶えるのもマイナスポイント。

北斗の拳:画像3 
▲バットとリンに至っては・・・。

黒人だし!!兄弟だし!!リンは盲目だし!!バットは死ぬし!!
何かもう、よく分からない感じに(笑)

北斗の拳:画像4 
▲ユリア(鷲尾いさ子)は意外と良いと思うよ。

北斗の拳:画像5 
▲リュウケン(マルコム・マクダウェル)は宙に浮いたり、「ケーンシローウ」とカタコトで叫んでみたり・・・。

物語冒頭でシンの拳銃によって射殺される北斗神拳のマスターリュウケンに驚愕。
そして何故に出演したマルコム・マクダウェル!!

北斗の拳:画像6 
▲なんか惜しいんだよな。カッコ良く見えることもあるのに・・・。

まさに痒いところに手が届かない映画。終始、ムズムズした気持ちに苛まれる微妙な映画。
話のネタにどうですか?

エルム街の悪夢2/フレディの復讐(A NIGHTMARE ON ELM STREET PART 2: FREDDY'S REVENGE)

危険 エルム街の悪夢2/フレディの復讐
A NIGHTMARE ON ELM STREET PART 2: FREDDY'S REVENGE

1985年
アメリカ映画
86分

〔監督〕ジャック・ショルダー
〔製作〕ロバート・シェイ〔製作総指揮〕スティーヴン・ダイナー/スタンリー・ダデルソン〔脚本〕デヴィッド・チャスキン〔撮影〕ジャック・ヘイトキン/クリストファー・タフティ〔音楽〕クリストファー・ヤング
〔出演〕マーク・パットン/キム・マイヤーズ/クルー・ギャラガー/ホープ・ラング/ロバート・イングランド/ロバート・ラスラー/マーシャル・ベル/シドニー・ウォルシュ/ブライアン・ウィマー/メリンダ・O・フィー
エルム街の悪夢2/フレディの復讐:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 女子高生ナンシーがエルム街1428番で悪魔フレディ・クルーガーと戦ってから5年、その家にウォルシュ一家が引っ越してきた。親子4人で希望に満ちた新生活がスタートするはずだったのに、長男のジェシーは夜ごと無気味な夢に悩まされていた。寝不足の頭で部屋の片付けをしていたジェシーとガールフレンド、リサは、洋服ダンスの奥に隠されていた1冊の日記帳を見つけた。“もう彼から逃げることはできない。あの悪魔を滅ぼすには戦わないと駄目。”そう書かれた日記帳は、この家の前の住人ナンシーのものであった・・・!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:

お前が必要だ
[フレディの台詞より]

どうしてこうなった・・・?観終えた方々の半数以上がこう思うであろうという黒歴史に残る作品。
前作、エルム街の悪夢(1984)のヒットを受けて製作されたであろう本作。製作側も単なる前作の焼き直しでは敵わないと思ったのか色々と新しい要素を加えてみたけど、すべてが裏目に出てしまい、その結果は想像以上の出来となった。
前作の監督ウェス・クレイヴンやナンシー役のヘザー・ランゲンカンプ、フレディ役のロバート・イングランドを含め、「最後まで観たか覚えていない。」「残念だった。」など数々の悪評コメントを残したのもめちゃくちゃ納得できる内容。

自分が微妙と思う部分、例えば・・・。

①主人公が男。少女がフレディに戦いを挑むっていう前作の胆の部分を真っ向否定。しかも冴えない。+α ヒロインがブサイク(友近似)。

②フレディの目的が主人公ジェシーの身体の乗っ取りにシフトチェンジ。現実世界に現れたらただの変態オッサンのハズが・・・、何故か様々な超常現象を巻き起こしたり、人面犬を召喚したりする。おかげで、エルム街の悪夢独自の夢の中の殺戮という要素が無くなり普通のホラー映画になってしまった。恐怖感も大幅減。

③微妙な同性愛描写。公開当時アメリカで“ゲイ映画”とも称されたらしい。主人公がナヨっとしたタイプだとか、学校のコーチがハードゲイで殺され方も手錠されて裸で尻丸出しだとか・・・。やたら男の裸描写が多い。

挙げたらキリのない程に残念な部分が多い。シリーズ最低作品の呼び声も高い失敗作の代表。
唯一パワーアップしたのは特殊メイクぐらい(しかし、前作程のインパクトは無い)。
この作品以降、エルム街の悪夢シリーズは再び方向転換を迫られる羽目になる。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像1 
▲冴えない主人公ジェシー(マーク・パットン)。映画が盛り上がらない原因①

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像2 
▲微妙なヒロイン・リサ(キム・マイヤーズ)。映画が盛り上がらない原因②

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像3 
▲縄跳び少女は継承されてて一安心。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像4 
▲コーチのマル秘な休日。ゲイバーで楽しんでます。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像5 
▲そんなコーチの死に様は尻丸出しのセクシーショット。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像6 
▲ジェシーの腹からフレディ現る!!特殊メイクはパワーアップ。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像7 
▲現実の世界に現れてご満悦のフレディ。炎をバックに決めポーズ(フレディって炎が弱点なのでは?)。

エクスタミネーター(THE EXTERMINATOR)

危険 エクスタミネーター
THE EXTERMINATOR

1980年
アメリカ映画
101分

〔監督・脚本〕ジェームズ・グリッケンハウス
〔製作〕マーク・バンツマン/レスター・バーマン〔撮影〕ロバート・M・ボールドウィン〔音楽〕ジョー・レンゼッティ〔特殊メイク〕スタン・ウィンストン/トム・バーマン
〔出演〕ロバート・ギンティ/クリストファー・ジョージ/サマンサ・エッガー/スティーヴ・ジェームズ/トニー・ディ・ベネデット/ディック・ボッチェリ
エクスタミネーター:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ベトナム戦争の後遺症を引きずる青年ジョンは、倉庫荒らしを働いたチンピラたちに元戦友のマイケルを襲われ、半身不随にされてしまう。戦場で命を救ってくれた恩人であるマイケルの仇討ちに、ジョンはチンピラたちへの復讐を決行。怒りの炎は心の奥底で燻っていたドス黒い破壊衝動に火をつけ、彼を必殺処刑人“エクスタミネーター”に変える。ベトナム仕込みの殺人法を駆使し、街の悪人どもに次々と死の鉄槌を下すジョン。CIAに追われ、凄惨な殺戮を重ねる彼の行きつく果てに待つものとは!?

〔感想と雑談〕
個人評価: オススメ度:

一言で表現するならば、観た後に何も残らない映画・・・。それがエクスタミネーター。
冒頭の斬首シーン、悪人のミンチシーンをMAXにラストに向けて心惹かれるシーンも特に無く、テンションは下がる一方。
加えて主役のロバート・ギンティに華が感じられず、演技の一つ一つにイライラが増すばかり・・・。
ふーん、そうなんだ~・・・程度の感想しか持てないB級映画。C級かもね・・・。

エクスタミネーター:画像1
▲冒頭の斬首シーン。首の皮一枚で繋がる首がリアル。このシーンでこの映画の80%は終了。


エクスタミネーター:画像2
▲残り15%は人間ミンチ。後の5%は寝るなり、仕事や宿題を各自進めても問題ありません。

同じ様な内容の映画なら、マーティン・スコセッシ監督のタクシードライバーの方がショックシーンの多さに違いはあれど、惹かれる場面も多いし、心に残る。←監督の腕の差、主役のオーラの差もありますが・・・。

無駄なシーンも多いのもイライラに拍車を掛ける。

・暗黒街のボス宅でのドーベルマンとの死闘。3分くらい揉み合って何とか難を逃れるが、その後、丁寧に手を洗い、顔を拭く・・・。

・老人を襲っていたチンピラを止めようとしていた若者のバイクを奪って、チンピラに制裁を加えようとするが・・・、バランス崩して転んで一転ピンチのジョン。←善人からバイク盗むとは・・・。顔も晒しまくり。
エクスタミネーター:画像3
▲ダサっ!そして、ウザっ!

・さらには半身不随のマイケルの生命維持装置を切って死なせてあげる優しいジョン。丁寧にもその後、マイケルの奥さんに事実を伝えて納得させます。←普通、納得しないよね。馬鹿なの?死ぬの?

最後の最後でジョンがエクスタミネーターだと気付く無能の警察。上記、これだけの証拠があるのに・・・、ただの馬鹿としか思えん。

一体、ジョンは何がしたいのか・・・。今いち理解に苦しむ。
エクスタミネーター:画像4
▲素人臭い演技が爆発!エクスタミネーター!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。