スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遊星からの物体X(THE THING)

危険 遊星からの物体X
THE THING

1982年
アメリカ映画
109分

〔監督〕ジョン・カーペンター
〔製作〕デヴィッド・フォスター/ローレンス・ターマン/ラリー・フランコ〔原作〕ジョン・W・キャンベル・Jr〔脚本〕ビル・ランカスター〔撮影〕ディーン・カンディ〔特撮〕アルバート・ホイットロック〔特殊効果〕ロブ・ボッティン〔音楽〕エンニオ・モリコーネ
〔出演〕カート・ラッセル/A・ウィルフォード・ブリムリー/リチャード・ダイサート/ドナルド・モファット/T・K・カーター/デヴィッド・クレノン/キース・デヴィッド/チャールズ・ハラハン/ピーター・マローニー/リチャード・メイサー/ジョエル・ポリス/トーマス・G・ウェイツ
遊星からの物体X:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 その恐怖は一匹の“犬”から始まった。見渡す限りを氷に囲まれた白銀の大雪原を、ヘリコプターに追われて逃げる“犬”は、アメリカの南極観測基地へと辿りつく。ヘリコプターを操縦するノルウェー隊員が銃を乱射したため、アメリカ隊員はやむをえず彼を撃ち殺すが、やがて、ノルウェー隊員が異常に錯乱していた理由が明らかになる。なんと“犬”の正体は10万年前に地球に飛来したエイリアンだったのだ!接触する物を体内に取り込むエイリアンは、巧みに人間の姿に変身、吹雪に閉ざされた基地内で、隊員たちは互いに疑心暗鬼になっていく。そんな中、彼らは挙動不審なマクレディをエイリアンではないかと疑うが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★★

聞いても始まらない・・・
「そうか」と言うだけだ・・・

[マクレディの台詞より]

鬼才ジョン・カーペンターがSFホラーの古典ともいわれる「遊星よりの物体X」をリメイクしたのが本作。
南極観測基地という閉鎖された空間で“The Thing(それ)”に襲われるアメリカ隊員たちを描くSFホラー。
隊員たちの中で誰が“The Thing(それ)”なのか?
アメリカ隊員たちの中で広がる自分以外の隊員への不信感、主役のマクレディ(カート・ラッセル)さえも行動が怪しく見えてくる。
最初から最後まで途切れることなく続く緊張感。
加えてロブ・ボッティンが作り出した“The Thing(それ)”の造形の素晴らしさ。
全てが程よくマッチしていて素晴らしいの一言。
めちゃくちゃ面白いオススメな映画。

遊星からの物体X:画像1 
▲主演はカート・ラッセル。髭面が渋い。

カート・ラッセルは本作でジョン・カーペンターとのタッグ作品3作目。
同監督とのタッグ作品ではシリアスやコメディなど、様々な演技を見せてくれる名優。

主役のマクレディは物語内で狂言回し的な役回りなのだが、それ故に行動が強引で他の隊員との間に不信感を煽る。
いつしか隊員たちは、自分以外の誰が“The Thing(それ)”なのかという恐怖に追い詰められていく。

遊星からの物体X:画像2 
▲疑心暗鬼に陥る隊員たち。

遊星からの物体X:画像3 
▲語り継がれる“The Thing(それ)”の素晴らしい造形。

遊星からの物体X:画像4 
▲CG全盛期の現在でも、この特殊効果は負けていない。

もちろん“The Thing(それ)”の造形だけがこの作品の魅力では無く、
緊張感を煽る隊員たちのやり取りや、唐突に導入される特殊効果。
その絶妙なバランスこそ最大の魅力である。

遊星からの物体X:画像5 
▲天井に張り付く“The Thing(それ)”。

遊星からの物体X:画像6 
▲一度拝んだら忘れられない有名なその姿。
スポンサーサイト

要塞警察(ASSAULT ON PRECINCT 13)

要塞警察
ASSAULT ON PRECINCT 13

1976年
アメリカ映画
90分

〔監督・脚本・音楽〕ジョン・カーペンター
〔製作〕J・S・カプラン〔製作総指揮〕ジョセフ・カウフマン〔撮影〕ダグラス・ナップ
〔出演〕オースティン・ストーカー/ダーウィン・ジョストン/ローリー・ジマー/マーティン・ウェスト/トニー・バートン/ナンシー・ルーミス/キム・リチャーズ/ヘンリー・ブランドン/チャールズ・サイファーズ
要塞警察:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ロス郊外アンダーソン地区で、ストリートギャングによる無差別殺人が発生。彼らに娘を殺された父親は、執念でギャングの一人を射殺し、近くの警察署に駆け込んだ。だが署は移転のため、勤務する署員はわずか・・・。仲間の報復にやってきたギャングたちは、分署の電話線と電線を切断して外界から完全に孤立させ、サイレンサーで署員や囚人を無差別に殺してゆく。臨時の署長を任されていた警部補ビショップは、収監されていた凶悪犯ナポレオンと協力し、銃弾と血しぶきが飛び交う“要塞”で、襲い来るギャングを迎え撃つ!  

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★★ オススメ度:★★★★

タバコはないか?
[ナポレオンの台詞より]

本作は鬼才ジョン・カーペンターの最高傑作との呼び声も高いバイオレンス・アクション。
警察署という閉鎖された空間で、大量に押し寄せるギャングたち・・・。
それに対して味方はわずか・・・。
物語における舞台の少なさや、低予算を逆手にとった監督の手腕が光る傑作です。

のちのスネーク・プリスキンにつながるナポレオン・ウィルソン(ダーウィン・ジョストン)のカッコ良さも見逃せないポイント。
凶悪犯でアウトローながらもイーサン・ビショップ警部補(オースティン・ストーカー)と男の友情で結ばれ、ラストの二人のやり取りに胸が熱くなる。
低予算(想像)でも脚本やキャラクターの造形がしっかりしていればここまで映画は面白い!!

要塞警察:画像1 
▲警察に復讐を誓うギャング集団『グリーン・サンダー』

要塞警察:画像2 
▲警察に仲間を殺され、仕返しとばかりに一般市民を無差別殺人のターゲットに・・・。

要塞警察:画像3 
▲幼い少女もあっさりと・・・。容赦ないのもジョン・カーペンターの魅力。

要塞警察:画像4 
▲皮肉屋だけど愛嬌のあるイーサン・ビショップ警部補。

要塞警察:画像5 
▲クールなアウトロー、ナポレオン・ウィルソン。

要塞警察:画像6 
▲ギャングからの襲撃を室内を舞う書類やガラスが割れることで演出。

ギャングがサイレンサー付拳銃で襲撃してくるのもニクイ演出。
パシュ、パシュっと乾いた銃声の中、飛び散る書類やガラスが割れることで直接的な描写だけではなく、
音で得体の知れないギャングたちの恐怖感を演出している。
味方陣営はライフルやショットガンなど、ギャングたちとは対照的な得物で戦うなどこだわりが感じられる。

要塞警察:画像7 
▲男の友情って素晴らしい!!

ゴースト・ハンターズ(BIG TROUBLE IN LITTLE CHINA)

ゴースト・ハンターズ
BIG TROUBLE IN LITTLE CHINA

1986年
アメリカ映画
100分

〔監督・音楽〕ジョン・カーペンター
〔製作〕ラリー・フランコ〔製作総指揮〕ポール・モナシュ/キース・バリッシュ〔脚本〕ゲイリー・ゴールドマン/デヴィッド・Z・ワインスタイン〔撮影〕ディーン・カンディ〔音楽〕アラン・ハワース
〔出演〕カート・ラッセル/キム・キャトラル/デニス・ダン/ジェームズ・ホン/ヴィクター・ウォン/ケイト・バートン/スージー・パイ/カーター・ワン
ゴースト・ハンターズ:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 舞台は現代のサンフランシスコ。チャイナタウンの地下街に2258才の幽霊ロー・パンが秦の始皇帝の呪いによって未来永劫の地獄に突き落とされ、妖魔軍団を率いて神出鬼没していた。このロー・パンもグリーンの瞳の美女と結婚すれば呪いから解放される。そこで編笠をかぶった稲妻、雷鳴、雨と名づけられた3人組の魔法使いによって、空港からグリーンの瞳の美女がさらわれロー・パンに捧げられた。一方、彼女の恋人でレストラン経営者のワンは、アメリカ人の友人ジャック・バートンと組んでゴースト・ハントの大冒険に出るのだが、下水怪物やら空飛ぶ目の玉モンスターなどなど、妖怪の巣窟であるラビリンスで、果たして彼らは無事、脱出できるのか? 

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

鬼才ジョン・カーペンター監督が贈る
ノンストップ・SFXアクション・アドベンチャーの最高傑作!

[DVDジャケット裏より]

・・・SFXアクション・アドベンチャーの最高傑作!かどうか置いといて・・・。
素晴らしき傑作B級映画の代表が本作。
ときどき無性に観たくなる依存度の高い映画でもある。

何が魅力って、カンフー、銃撃、妖怪、魔法・・・、なんでもありのごった煮アドベンチャー。
なんでこんな映画を撮ったの?ジョン・カーペンター。
だけどさすがは鬼才。
巧みな画面構成とテンポ良く進む物語。印象的な音楽。濃いキャラクター群。
加えて、上記の面白要素がてんこ盛り。
A級を超えたB級。これが面白くないわけがない。

ゴースト・ハンターズ:画像1 
▲主演はカート・ラッセル。

ジョン・カーペンターとカート・ラッセルの黄金コンビは言わずもかな。
ザ・シンガー (1979)、ニューヨーク1997(1981)、遊星からの物体X(1982)など、いずれも名作揃い。

ゴースト・ハンターズ:画像2 
▲妖術使いの嵐の三人組。それぞれが顔芸を披露するお茶目な連中・・・。

左から雨、稲妻、雷鳴。
とにかく顔が凄いこの三人組。登場とともに無駄に力の入った演舞を披露。
この三人組の登場辺りから本編に爆笑の渦が立ち込める・・・。

ゴースト・ハンターズ:画像3 
▲嵐の三人組の中心、稲妻を演ずるは・・・、カーター・ワン!!

この顔が気になったらこちら、少林寺への道 (1981)もオススメ。

ゴースト・ハンターズ:画像4 
▲ゴージャスセットが出てきたり・・・。

ゴースト・ハンターズ:画像5 
▲スタンドバトルが展開されたり・・・。

ゴースト・ハンターズ:画像6 
▲主人公のジャック・バートンは気絶したり・・・。

後半に入ると爆笑度合もどんどんレベルアップ。
ロー・パンの本拠地はネオンきらめく怪しいセット。道中の地下道には人を食う化け物。
そっからはもうカンフー、妖術、特殊メイク、無駄に気合の入ったVFX等・・・、メチャクチャである。
監督が狙って撮ったわけではない大マジメな大バカっぷり!!

でも・・・、たまらなく好きだ!!愛している!!

ザ・フォッグ(THE FOG)

ザ・フォッグ
THE FOG

1980年
アメリカ映画
90分

〔監督・脚本・音楽〕ジョン・カーペンター
〔製作〕デブラ・ヒル〔脚本〕チャールズ・B・ブロック/デブラ・ヒル〔撮影〕ディーン・カンディ〔特殊メイク〕ロブ・ボッティン
〔出演〕エイドリアン・バーボー/ジェイミー・リー・カーティス/ジャネット・リー/ハル・ホルブルック/トム・アトキンス/ジョン・ハウスマン/ジェームズ・カニング/チャールズ・サイファーズ/ナンシー・キーズ/タイ・ミッチェル/ダーウィン・ジョストン
ザ・フォッグ:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 海岸に面した港町アントニオ・ベイの誕生百年祭の前夜。キャンプファイアーを囲む少年たちが老漁師から「“エリザベス・デイン号”の乗客員が、再び霧のたちこめる時に帰ってくる」という古い伝説を夢中になって聞き入っていた。午前零時、アントニオ・ベイ施設放送局KABのスティービーが町の誕生を告げた・・・それと同時に町では不気味な霧が町を漂い、次々と人々が惨殺されていく。町中はパニックに陥り、次第に町の誕生にまつわる秘密が明かされていく・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

なぜ6人じゃない? なぜ私を・・・?
[マローン神父の台詞より]

鬼才ジョン・カーペンターがハロウィン(1978)、ザ・シンガー(1979)に続いて手掛けた幽霊による恐怖を描いたゴーストホラー。
ハロウィンの完成度の高さには遠く及ばないものの、映像・音楽・演出などのバランスが良い良質なホラー映画。直接的な残酷描写を省き、演出で恐怖を与えることに定評のあるジョン・カーペンターだが、この映画においてもその魅力は存分に発揮されており、残酷描写だけで魅せる現代の薄っぺらいホラー映画を超えるほどの恐怖を体験させてくれる。
何より特出すべきは音楽。作曲は監督であるジョン・カーペンター自身なのだが、これがまた映画に絶妙にマッチしていて恐怖をより一層深める。もちろん監督自身、多くの映画(自分の)音楽を作曲しているのだが、そのいずれも素晴らしい出来でハズレは殆ど無い。
又、舞台となる架空の港町アントニオ・ベイの景色も素晴らしい。撮影は北カリフォルニアの海岸地方で行われたとの事。映画の中に映し出された海岸の美しい景色や主人公スティービー・ウェイン(エイドリアン・バーボー)がディスクジョッキーを勤める放送局が灯台の中にあるなど舞台の情景も映画の出来に一役買っているのは言うまでもない。


物語の舞台アントニオ・ベイは誕生100周年を迎える港町。誕生100周年の前夜、町の子供たちは漁師が語る恐ろしい伝説に聞き入っていた。それは、100年前に難破して死んだとされる“エリザベス・デイン号”の乗組員が再び霧のたちこめる時に復讐のために戻ってくるという伝説だった。
なぜ彼らは復讐の為に戻ってくるのか?この伝説には裏の歴史があった・・・。100年前、“エリザベス・デイン号”の船長ブレイクたちを罠にかけて難破させ、彼らの所有する黄金や財産を横領した人間がいたのである。その人間たちはブレイクの富を基に町を創立した。すなわち現在のアントニオ・ベイの町民たちは、殺人者の末裔だったのである。

ザ・フォッグ:画像1 
▲主人公スティービー・ウェイン(エイドリアン・バーボー)。当時は監督の奥さんでした。

施設放送局KABのスティービー・ウェインが町の誕生100周年を告げると同時に町では怪現象が続発。教会のマローン神父(ハル・ホルブルック)の部屋では先代の神父の日記が出現、町のコンビニでは勝手に商品が倒れ、ガソリン・スタンドではオイルが勝手に噴き出す始末・・・。もはや怪現象ではなく、超常現象である。

ザ・フォッグ:画像2 
▲ヒッチハイカーのエリザベス(ジェイミー・リー・カーティス)と町民のニック(トム・アトキンス)。

時を同じくしてヒッチハイカーのエリザベスを乗せた町民のニックの車の窓ガラスが突然割れるという現象が起こる。さらに帰航中のトロール船“シー・グラス号”が突如謎の霧に包まれ、3人の漁師が霧の中に潜む何者かに惨殺されてしまう・・・。
夜が明け、平穏を取り戻したアントニオ・ベイ。町の女性議長キャシー(ジャネット・リー)は、夫が乗船していた“シー・グラス号”が戻らないのを心配しながらも、助手のサンディ(ナンシー・キーズ)とともに100年祭式典に出席予定のマローン神父を迎えに教会に向かう。そこで2人は、マローン神父からアントニオ・ベイの裏の歴史について聞かされる・・・。
その夜、式典の最中に再び霧に覆われた町で4人目、5人目の犠牲者が出てしまう。どうやら霧に紛れて現れた船長ブレイクの亡霊たちは100年前の自分たちと同じように6人の犠牲者をこの町で作ろうとしているらしいのだ。

ザ・フォッグ:画像3 
▲まるで生き物の様に町を覆う霧。

マローン神父の話を信じていなかった女性議長キャシーも町を襲う怪現象を前にして、なす術もなく助手のサンディと2人で教会に助けを求める。その後、エリザベスとニック、スティービーの息子も合流。怪現象から逃れる術を探すことに・・・。

ザ・フォッグ:画像4 
▲ついに教会の中に現れる亡霊たち。霧の中に佇む彼らは何となくカッコイイ。

ザ・フォッグ:画像5 
▲亡霊たちの目的は奪われた金だった?

マローン神父は先代の日記が見つかった部屋で金で作られた十字架“アトミック・クロス”を発見。神父は決意して金の十字架と自分を生贄に亡霊に差し出す。すると十字架に亡霊が触れた瞬間、亡霊は炎に包まれ消えてしまい、町を覆う霧も徐々に消えてしまう。町は無事、平穏を取り戻したかに思えた・・・。

ザ・フォッグ:画像6 
▲亡霊の目的がイマイチ分からない。金なのか?6人の命なのか?

教会に戻ったマローン神父は呟く。「なぜ6人じゃない? なぜ私を・・・?」その時、再び教会に霧がたちこめる。神父が振り向く視線の先には・・・。

亡霊の目的は金なのか町民の命なのかとか、あれだけ霧が町を覆ったのに家の中にいれば安全なのかなど、真剣に観れば色々と粗が目立ちますが、単純に観るだけならハロウィンに勝るとも劣らない良質なホラー映画。間違いなくジョン・カーペンターを代表する一作です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。