スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL

2011年
アメリカ映画
132分

〔監督〕ブラッド・バード
〔製作〕トム・クルーズ/J・J・エイブラムス/ブライアン・バーク〔製作総指揮〕ジェフリー・チャーノフ/デヴィッド・エリソン/ポール・シュウェイク/デイナ・ゴールドバーグ〔原作〕ブルース・ゲラー〔脚本〕ジョシュ・アッペルバウム/アンドレ・ネメック〔撮影〕ロバート・エルスウィット〔音楽〕マイケル・ジアッキノ
〔出演〕トム・クルーズ/ジェレミー・レナー/サイモン・ペッグ/ポーラ・パットン/ミカエル・ニクヴィスト/ウラジミール・マシコフ/ジョシュ・ホロウェイ/レア・セドゥー/サムリ・エーデルマン
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ある罪状でモスクワの刑務所に収監されていたイーサン・ハントはIMF(米国極秘諜報機関)チームの手引きで脱獄を果たし、新たな任務に就く。それは、核テロを目論むコードネーム“コバルト”という人物の情報を入手すること。そして、ロシアの中枢クレムリンへ侵入するイーサンたちだったが、突然爆破事件が発生、何者かの陰謀によってその容疑がイーサンのチームにかけられる。さらに、米国大統領は政府の関与を否定するべく“ゴースト・プロトコル”を発令、イーサンらはIMFから登録を抹消されてしまう。政府に見捨てられたイーサンたちは、孤立無援の中で事件の黒幕を追い、さらなる核によるテロを未然に防ぐという過酷なミッションの遂行を余儀なくされる。そんな中、世界一の高さを誇り、最新のセキュリティシステムで守られたドバイの超高層ビル“ブルジュ・ハリファ”で黒幕たちの取引が行われることをかぎつけたイーサンだったが…。
[From allcinema]
 
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

IMF不動のチームリーダー:イーサン・ハント(トム・クルーズ)4度目の登板である。
1作目ではギラギラした血気盛んな若者。2作目ではロン毛のチャラ男。3作目では現場を退いたベテラン・・・。
色々とキャラが定まっていないイーサンだが、今作では3作目のキャラクター性が継続している感じに見えた。なぜなら、ストーリーが前作と少しつながりがあるからである。
今作を観る前に、前作を観ておいたほうがより楽しむ事が出来るだろう。

感想としては、シリーズ最高傑作という前評判は伊達じゃなかったという印象。これまでの作品の中で一番スパイ映画らしい作品だと思った。2作目のようなイーサン・ハント無双状態ではなく、1・3作目の様なチームでの活動がより多く盛り込まれているのも見所だろうか。


物語の最初、イーサンは何故かロシアの刑務所に投獄されている。この時点では投獄の理由は不明、前作で幸せそうだった彼に一体、何が起こったのだろうか!?
ベンジー(サイモン・ペッグ)とカーター(ポーラ・パットン)により彼が救出されるシーンから本筋が始まるのだが、なんとも不安になってしまうOPである。しかし、毎度お馴染の導火線着火シーン、あのテーマが流れてくれば期待感も自然とMAXに!!


刑務所から脱出したイーサンはベンジー、カーターらとともにクレムリンに潜入し、核テロを目論むコードネーム“コバルト”という人物の資料を盗み出すと言うミッションを遂行することになる。
又、ベンジーの口からイーサンが任務外の殺人を行った事、妻ジュリアと破局したという衝撃的な内容が明かされるのだが・・・。

まぁ・・・、毎度の事ながら最初のミッションは失敗・・・。
何者かの策略によりクレムリンも爆破されてしまう。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像1

結局、この失敗のおかげで米大統領はゴースト・プロトコルを発動、IMFは事実上の解散に追い込まれる。しかし、IMF長官からの指令でクレムリン爆破の真犯人ヘンドリクス(ミカエル・ニクヴィスト)が起こそうとしている核戦争の脅威を防ぐという新たなミッションに挑むことになる。
チームは新たにブラント(ジェレミー・レナー)を仲間に加え、黒幕たちの取引が行われるというドバイを目指す事になる。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像2 
▲貨物車両に偽装されたIMFアジトに逃げ込みたいイーサンとブラント。
走り出してしまった貨物車両。その所為で網膜スキャンをなかなか実行できないイーサン。なんかカワイイ。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像3
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像4

一番の見所はこのアクションシーンだろうか。
ドバイの超高層ビル“ブルジュ・ハリファ”でのアクションシーンは命綱1本でトム・クルーズ本人が演じてるとの事。イーサンは高所からの潜入が好きだなぁと思っていたが、続編が製作される度にどんどん高くなっている。

今作は、“ブルジュ・ハリファ”でのアクションシーンが凄すぎて、ラストに向かうにつれてインパクトが下がっていく感じだったのが残念だった。まぁ、最後付近でイーサンが乗るBMW-i8はメチャクチャカッコ良かったのだけどもね・・・。

ジュリアの話がブラントの過去につながっていたり、色々な伏線になっているのは良かったかな。ラストでの序盤の投獄の理由など解明も良かったし、イーサンとジュリアの互いに微笑み合うシーンには恥ずかしながら感動した。やっぱ、イーサンは一途な男であってほしい・・・、2作目のチャラ男イーサン?そんなん知らん。黒歴史だよ。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像5 
▲走るトム・クルーズは姿勢が良すぎてなんか変だな~と思っていたのだが・・・
DVDレビューの際に前3作を観なおしたら、1作目からこんな走り方だった。やっぱ変だよな。
スポンサーサイト

M:i:III(MISSION: IMPOSSIBLE III)

M:i:III
MISSION: IMPOSSIBLE III

2006年
アメリカ映画
126分

〔監督・脚本〕J・J・エイブラムス
〔製作〕トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー〔製作総指揮〕ストラットン・レオポルド〔原作〕ブルース・ゲラー〔脚本〕アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー〔撮影〕ダニエル・ミンデル〔音楽〕マイケル・ジアッキノ
〔出演〕トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス/マギー・Q/ジョナサン・リス=マイヤーズ/ミシェル・モナハン/ローレンス・フィッシュバーン/ケリー・ラッセル/ビリー・クラダップ/サイモン・ペッグ
M:i:III :DVDジャケット
〔あらすじ〕
 上官らに現場へと引き戻されたイーサンは今までで最も危険で残忍な敵、武器ブローカーのオーウェン・ディヴィアンと対峙することに。IMFチームのメンバーのサポートをうけながらイーサンは、敵に捕らえられた仲間や、妻ジュリアを救出すべくローマから上海まで、危険な旅へと飛び回るのだった。
 
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

トム・クルーズ主演のスパイ映画の3作目。
前作のロンゲチャラ男姿から、精悍な短髪姿にイメチェンしたイーサン・ハント(トム・クルーズ)。と言うより1作目に回帰したのだろうか。
又、一人の女性に一途なところも昔の彼に戻ったかのようでもある。一体、前作のヒロインは何処にいったのやら・・・。

主人公のイーサン・ハントは、現場を退き教官としての仕事をしている。あれだけの腕なのにと疑問が残るが・・・。
彼は本業を秘密にして婚約者のジュリアと幸せな生活を送っているのだが、今作のヒロインのジュリアが普通の女性なのも良いと思った。職業が看護婦というのも終盤への大事な布石である。
そんな彼の元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーが捕らえられたという知らせが届く。救出作戦に参加したイーサンは、仲間達とのチームプレイでリンジー救出を果たす。しかし、ヘリに乗って逃げる途中、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾が爆発して死亡してしまう。

前2作に比べ、チームで協力して作戦に挑む場面も増えていて、「スパイ大作戦」に近づいた印象である。
OPの始まり方も、物語ラストのシーンを最初に持ってくるなど、新たな試みにチャレンジしているのも好印象。

M:i:III :画像1
▲敵に捕らわれた状態のイーサン。ここからOPがスタートする。

M:i:III :画像2
▲毎回、楽しみにしている作戦の指令伝達方法。今回はインスタントカメラ、網膜スキャン付き。
もちろん、指令伝達5秒後に煙を吹きます。

M:i:III :画像3
M:i:III :画像4
▲見せ場は上海での高層ビルからの飛び降り。
バンジージャンプの要領で高層ビルに潜入する作戦はビル内でのアクションが省略されていて、ちょっと物足りない。
進入成功!⇒獲物を取りに行く!(詳しい描写はカット)⇒パラシュートで脱出だ!!とか・・・、残念である。
IMFの裏切り者(またか!!)であり、イーサンの上官であるマスグレイブも悪役っぷりを発揮することなくジュリアによって倒される。
怪しい感じだったけど、善人だったIMF上官のブラッセルなど、色々と納得できない部分、消化不良気味な部分はあるが、結構良作だと感じた。観て損はない。

M:I-2(MISSION: IMPOSSIBLE 2)

M:I-2
MISSION: IMPOSSIBLE 2

2000年
アメリカ映画
124分

〔監督〕ジョン・ウー
〔製作〕テレンス・チャン/トム・クルーズ/ポール・ヒッチコック/ポーラ・ワグナー〔原作〕ロナルド・D・ムーア/ブラノン・ブラーガ〔脚本〕ロバート・タウン〔撮影〕ジェフリー・L・キンボール〔音楽〕ハンス・ジマー
〔出演〕トム・クルーズ/ダグレイ・スコット/タンディ・ニュートン/ヴィング・レイムス/リチャード・ロクスバーグ/ジョン・ポルソン/ブレンダン・グリーソン/レイド・セルベッジア/ウィリアム・R・メイポーサー/ドミニク・パーセル/アンソニー・ホプキンス
M:I-2:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 世界最高のスパイが、最高の超話題作「M:I-2 」で戻ってきた。最高のアクションえ映画監督ジョン・ウーが、彼のブランドとなった独創的でエキサイティングなアクションをひっさげてこのミッションに参加。今回イーサン・ハントは美しいナイア・ホールとチームを組む。そして裏切り者のエージェント、ショーン・アンブローズの陰謀、かつてない恐怖から世界を救うミッションのために活躍を見せる。しかし、世界を駆けるふたりを待っていたのは、愛と任務のどちらを選ぶのかという選択だった。
 
〔感想と雑談〕
個人評価: オススメ度:★★

トム・クルーズ主演のスパイ映画の2作目。
前作で「スパイ大作戦」ではなくなり、本作で「ミッション:インポッシブル 」でもなくなった・・・。
監督ジョン・ウーの完全なるオ〇ニー映画。駄作認定である。

ジョン・ウーは我が強すぎる。そんな考えを持つ人は少なくないはずだ。
これでもかというアクション。スローモーションも多用するぞ。二丁拳銃もお馴染みだ。鳩が飛んだらジョン・ウー映画の完成である。

前作と打って変わって、チャラ男に生まれ変わったイーサン・ハント(トム・クルーズ)。任務の為に出会ったナイア・ホール(タンディ・ニュートン)にすぐさま惚れる。軽さ爆発だ。

M:I-2:画像1
▲ここまでは面白そうだったんだけどな・・・。

M:I-2:画像2
▲鳩が出たら、溜め息しか出ない。

M:I-2:画像3
▲これ、何て映画?ただのアクション映画として観れば・・・。

前作までは辛うじてスパイ映画っていう雰囲気だったが、今回はただのアクション映画である。
イーサンのワンマンショーばかりで、チームプレイが無いのも評価が微妙な原因のひとつ。
アクションは凄いんだけどな・・・、それだけの作品なのですが。

M:I-2:画像4
▲一応、ハッピーエンドで終わりだが・・・。
次作も観る限り・・・、本作は無かった事になっていそうである。忘れてしまおう、こんな駄作。

ミッション:インポッシブル(MISSION: IMPOSSIBLE)

ミッション:インポッシブル
MISSION: IMPOSSIBLE

1996年
アメリカ映画
110分

〔監督〕ブライアン・デ・パルマ
〔製作〕トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー〔製作総指揮〕ポール・ヒッチコック〔脚本〕デヴィッド・コープ/ロバート・タウン/スティーヴン・ザイリアン〔撮影〕スティーヴン・H・ブラム〔音楽〕ダニー・エルフマン〔特殊メイク〕ロブ・ボッティン
〔出演〕トム・クルーズ/ジョン・ヴォイト/エマニュエル・ベアール/ヘンリー・ツェーニー/ジャン・レノ/ヴィング・レイムス/クリスティン・スコット・トーマス/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/インゲボルガ・ダクネイト
ミッション:インポッシブル:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 指令を受けて東欧に潜入した極秘スパイ組織IMFのエージェントたち。しかし作戦は敵側に筒抜けで、辛くも逃げ延びたイーサン・ハント以外のメンバーはほとんど殺されてしまう。何者かが自分を裏切り者に仕立て上げようとしていることを知ったイーサンは、陰謀を暴くべく新たなミッションに挑む・・・。
 
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

現在まで3作の続編が製作されたスパイ映画の記念すべき1作目。
往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」に思い入れのある人は、色々と理屈を並べて批判しただろう作品だが、まったくの別物として観ればなかなかの傑作であると思う。

変装をベリベリっと破り、印象的な曲とともに始まるOPは、いつ観てもカッコイイ。
又、冒頭の作戦失敗、仲間が全滅、生き残ったイーサンが組織の裏切り者と疑われる流れは、スピーディな展開と緊張感も併せて、非常に魅力的である。

ミッション:インポッシブル:画像1
▲ただ一人生き残り(実は違うのだが・・・)、組織に疑われるイーサン。
だからといってレストランの水槽を爆破して逃げるって・・・。

この後のアジトの螺旋階段を上から撮ったショットとか、電球を割って通路に撒く描写とか、結構細かく描写していてGOOD。この辺がブライアン・デ・パルマっぽいのかな~。

ミッション:インポッシブル:画像2
ミッション:インポッシブル:画像3
▲本作で最も有名と思われるCIA本部への潜入シーン。
メガネを伝って汗が落ちそうになるカットは本作屈指の名シーンだと思う。

ミッション:インポッシブル:画像4
▲てっきりトンネルの入り口にぶつかって、ヘリ爆散エンドかと思ったら、入ってきちゃった。
最大の見せ場、疾走する列車の上での攻防まで怒涛の展開で魅せる。

ミッション:インポッシブル:画像5
▲IMF組織内の裏切り者を暴き出したイーサン。
最初の作戦で使用したメガネがキーとなるのもニクイ演出。

続編にも言えることだが、IMFって裏切り者・・・、多くないっすか?

燃えよドラゴン(ENTER THE DRAGON)

燃えよドラゴン
ENTER THE DRAGON

1973年
香港/アメリカ映画
102分

〔監督〕ロバート・クローズ
〔製作〕フレッド・ワイントローブ/ポール・ヘラー/レイモンド・チョウ〔脚本〕マイケル・オーリン〔撮影〕ギルバート・ハッブス〔音楽〕ラロ・シフリン
〔出演〕ブルース・リー/ジョン・サクソン/ジム・ケリー/アーナ・カプリ/サモ・ハン・キンポー/アンジェラ・マオイン/シー・キエン/ヤン・スエ
燃えよドラゴン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 香港の裏社会に君臨する実力者ハンが主催する武術トーナメントに、世界中の武術家が招待された。アメリカのウィリアムズ、ローパーはその招待状を受け取り、香港へ向かう。一方、少林寺で武術の修行中のリーという若者は、秘密情報局から、トーナメントに出場し、ハンの麻薬製造密売の内情を探り出す要請を受ける。一度は断ったリーだったが、修道僧長から、ハンもかつては少林寺の修行僧であったが、修めた武術の知識を悪用していること、また父から数年前に姉がハンの手下オハラの犠牲になった事を聞かされ、秘密情報局からの要請を承諾し、トーナメントに出場する事を決意する。そしてリーは秘密の任務と復讐心を胸に秘め、トーナメント会場の島へと向かうのだった・・・。 

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

香港の英雄、ブルース・リーの最高傑作。←異論は認める。
ブルース・リーは、死亡遊戯(GAME OF DEATH)の撮影を中断し、本作の撮影を行い、死亡遊戯の撮影を再開する事無く、この世を去っている。
日本にて劇場公開された際、既にブルース・リーは故人だったというのも悲しい話である。

ブルース・リー本人のアクションが堪能出来る事実上の遺作になるのだろうか。

私が初めて観たのは、中学生頃か・・・、金曜ロードショーか何かだろうか。
当時、ジャッキー・チェンの映画は録画して、よく観てはいたのだが、ブルース・リーの映画はある種、神聖なイメージが先行して、進んで観る事はしなかったように思える。

物語自体も暗い感じだし、作品内でコメディリーフ担当と思われたウィリアムズ(ジム・ケリー)も、ハン(シー・キエン)に秘密情報局の容疑をかけられて惨殺されてしまう。
麻薬中毒患者の女性たちが笑いながら、ウィリアムズが殺されるのを見ている様は、軽くトラウマになりかけた。

今、改めて観かえしてみると作品自体もさすがハリウッド映画という事もあり、丁寧に作られてる印象がある。
冒頭で、武術会に参加する三人の過去のエピソードを挿入し、それぞれのキャラを際立たせているのも好印象。物語に深みを与えている。

又、ただのカンフーアクションだけに留まらず、スパイアクションの要素も取り入れ、ハラハラドキドキの展開で観客を魅了する。リー、危ない!!後ー!!状態である。←心配する必要もないくらい強いけど。

燃えよドラゴン:画像1
▲有名なDon`t think! Feel!(考えるな!感じろ!)のシーン。

燃えよドラゴン:画像2
▲永遠のB級スター、ジョン・サクソン。本作では強いジョン・サクソンだ。

燃えよドラゴン:画像3
▲ショックだったウィリアムズ(ジム・ケリー)の死。
黒タイツ姿で麻薬製造工場を探っていたリー(ブルース・リー)の代わりに怪しまれ、このような仕打ちに。

燃えよドラゴン:画像4
▲当時、誰もが真似したであろうヌンチャクシーン。

燃えよドラゴン:画像5
▲ラストバトルが行われる鏡の間。割れた鏡の下から新聞紙が露出する等のチープな面も。
本作では若かりし、サモ・ハン・キンポー、ジャッキー・チェンなどが出演している。是非、みなさんで探してみて下さい。

燃えよドラゴン:画像6
▲右腕に爪を装着したハン(シー・キエン)。リー(ブルース・リー)と死闘を演じる。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。