スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンゲリア2(ZOMBI 3)

危険サンゲリア2

ZOMBI 3

1988年
イタリア映画
90分

〔監督〕ルチオ・フルチ/ヴィンセント・ドーン
〔製作〕フランコ・ガウデンツィ〔脚本〕クラウディオ・フラガッソ〔撮影〕リチャード・グラセッティ〔音楽〕ステファノ・マイネッティ
〔出演〕 デラン・サラフィアン/ビアトリス・リング/アレックス・マクブライド/リチャード・レイモンド
サンゲリア2:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 東南アジアの原子力研究施設を襲撃したテロリストが、細菌兵器“デス・ワン”に感染。全身腐乱で絶命した彼の遺体は回収されるが、事件を隠蔽しようとする軍部はその死骸を極秘焼却。汚染された遺灰は大空へと拡散し、近隣のリゾート地は一瞬にして悪夢のゾンビ地帯と化す!おぞましい死者たちの襲撃かわし、廃墟ホテルに逃げ込んだ旅行者や休暇中の兵士らは、この人喰いゾンビ地獄から決死の脱出を試みるのだが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:

不死の波動が分かるか?
もう恐れる事はない
新しい世界が始まる
俺の声を聞けばその意味が分かるだろ

[ブルーハートの台詞より]

イタリアを代表する映画監督、ルチオ・フルチ。
そんな彼がジョージ・A・ロメロのゾンビ(1978)を独自の解釈で上手くパク・・・リスペクトしたゾンビ映画サンゲリア(1979)の正当な続編が今回紹介するサンゲリア2です。
本作の監督は一応、ルチオ・フルチとなっているのですが、どうやら色々あったようでそのほとんどをヴィンセント・ドーンが監督したと言われています。
ルチオ・フルチの映画を今までいくつか観てきた私からしても、本作はフルチの持ち味が感じられないような気がしますね。
上手く説明はできないのですが、サンゲリア2は観終えた後にズシリとした重たさがまるで感じられない軽い感じなんですよ。
あのネチネチと人体破壊の様子を嫌と言うほど映し出すルチオ・フルチらしさは皆無。

ぶっちゃけ言うと面白くはない。
けど、色々な部分が愉快。


物語のスジは細菌兵器拡散によるゾンビの大量発生。
そして、終わることのない地獄絵図・・・。

・・・ん?
もうこの時点でサンゲリアっぽさは微塵も感じられない。
細菌兵器“デス・ワン”に感染した遺体を焼却したために拡散してしまうのはバタリアン(1985)のソレ。

とにかく粗があり過ぎて、どこからツッコミを入れたらいいのかも分からないのだが、
少しだけ謎ポイントを紹介しよう。

サンゲリア2:画像1
▲こいつらが細菌兵器の開発者たち。

サンゲリア2:画像2
▲あっさり極秘機密のデス・ワンを盗まれる。・・・っていうかまず極秘機密に護衛が4名とは一体?

※謎ポイント① 細菌兵器デス・ワン。
ただのアルミケースに細菌兵器を収めるわ、ワクチン作るとか言っておきながらその描写はその後一切無いわ。
しかも、「ウィルスは酸素に敏感で空気に触れる30秒で毒性が消えます。」とか説明するくせに・・・、
「汚染されれば伝染します。呼気、唾液、血液、あらゆる接触で感染します。」とも言う。
よく分からないけど謎技術満載の細菌兵器デス・ワン。

サンゲリア2:画像3
▲何故か冷蔵庫に収められた首だけゾンビ。

サンゲリア2:画像4
▲何故か首だけなのに浮遊して人を襲う首だけゾンビ。

※謎ポイント② ゾンビ。
本作に登場するゾンビには一貫性がまるで無い。
鉈を振り回し高速で動きまくるゾンビ(寛平ゾンビで検索)、喋るゾンビ、高所からどんどん飛び降りてくるゾンビ。
さらには首絞め中心に人間を襲う肉体派ゾンビなど、なんだかよく分からない。
そもそもゾンビなのに人間の肉を喰らう描写は指折り数えるほど少ないのはどうなんだろうか。

サンゲリア2:画像5
▲トラックの下に手榴弾が!!ゲームか!?

サンゲリア2:画像6
▲吹き飛ぶゾンビたち。意外と足腰はしっかりしているね。

※謎ポイント③ 思いつきのストーリー。
主人公一行が逃げ込んだ場所になぜか火炎放射器や武器が置いてあったり、トラックの下に落っこちていた手榴弾でゾンビを一掃したりする失笑を誘う稚拙な脚本。
ただこんな場面を撮りたかっただけ・・・、そんな製作者サイドの声が聞こえてきそうである。

私はオススメはしないけど、絶対に皆さんにオススメはしないけど・・・、
たまに観たくなっちゃうんだよな。
音楽は爽快感あって、結構好きよ。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
ゾンビ映画は当り外れが多いのがクセになります。


スポンサーサイト

バタリアン(THE RETURN OF THE LIVING DEAD)

危険バタリアン

THE RETURN OF THE LIVING DEAD

1985年
アメリカ映画
91分

〔監督・脚本〕ダン・オバノン
〔製作〕トム・フォックス/グラハム・ヘンダーソン〔製作総指揮〕ジョン・デイリー/デレク・ギブソン〔撮影〕ジュールス・ブレンナー〔プロダクション・デザイナー〕ウィリアム・スタウト
〔出演〕 クルー・ギャラガー/ジェームズ・カレン/ドン・カルファ/トム・マシューズ/ビバリー・ランドルフ
バタリアン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
1969年、軍人病院の薬品事故が原因で、こともあろうに死体が次々と蘇生してしまった。そのゾンビはケンタッキー州のとある医療品倉庫に長年ミイラ状態で保管されていた。ある日そこで働くフランクとバイトのフレディが恐る恐るタンクの中を覗いて叩いてみると、突然謎のガスが噴出し、不老不死のゾンビ“バタリアン”が蘇ってしまった!ガスはどんどん充満し、医療品倉庫に保管されていた解剖用の死体が動きだし、近隣の墓地の死体まで蘇り、人間の脳みそを求めてゾンビが街中で暴れだした!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★

「まさか、漏れないだろうな」「漏れる?陸軍が作った特製の棺桶だぞコイツは」
[フレディとフランクの会話より]

今回紹介する映画は、80年代を代表するホラーコメディのバタリアンです。
本作は、ゾンビ映画の元祖ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生(1968)のパロディ・オマージュとして作られた作品です。
どうやら権利上とか、原作者の関係などでは正式な続編とのことらしいのですが、やはりパロディ・オマージュといった様相が強く感じられます。
誰もが一度は耳にしたことがあるであろうオバタリアンは本作のタイトルから生まれたとのこと。
バタリアンという邦題自体、日本の配給会社の東宝東和による日本の独自のタイトルなので何とも言えませんけども・・・。

ジョージ・A・ロメロの映画を基にしつつも、頭部を破壊しても動き続ける、走る、喋るなど本流との違いを見せつつ独自の世界観に持ち込んだダン・オバノンは見事の一言。
ゾンビ映画でも屈指の無敵っぷりのゾンビと、オバンバ、タールマンといったユーモア溢れるゾンビ群は、上手にホラーとコメディをマッチさせていて面白い。多少、設定に粗が目立つものの、ブラックユーモアに満ち溢れたストーリー、救い様の無いラストなど、印象的な映画に仕上がっている。

バタリアン:画像1
▲事件の発端となってしまうフレディ(トム・マシューズ)とフランク(ジェームズ・カレン)。

続編にも同じような役割、同じような扱いで登場するコンビ。
しかし、その扱いは本作よりさらに酷いものに・・・。

バタリアン:画像2
▲墓地から目覚めるゾンビたち・・・。

ゾンビ発生の原因となる謎のガス・トライオキシン245は浄化することが不可能。
死体焼却場でゾンビを焼いてしまったことで、煙が上空に雲となって広がり、雨となって墓地に降り注いだ結果・・・、ゾンビが大量に発生してしまう事態になってしまう。

バタリアン:画像3
▲救急車の無線を操作して、増援を呼ぶゾンビ。

バタリアン:画像4
▲みんな大好きタールマン。

バタリアン:画像5
▲みんな大好きオバンバ。

映画で注目される中心的なゾンビ群は見事な出来なのだが、それ以外のゾンビは若干、手抜きっぽいのが難点。
墓地から這い出るゾンビはほとんど役者そのまま、ゾンビが増える原因はガスだけなのかと思わせつつも、襲われた人間もゾンビ化したりと、微妙にいい加減な部分もあったりします。

バタリアン:画像6
▲そして映画は衝撃のラストへ・・・。

ゾンビランド(ZOMBIELAND)

ゾンビランド
ZOMBIELAND

2009年
アメリカ映画
87分

〔監督〕ルーベン・フライシャー
〔製作〕ギャヴィン・ポローン〔脚本〕レット・リース/ポール・ワーニック〔撮影〕マイケル・ボンヴィレイン〔編集〕アラン・ボームガーテン〔音楽〕デヴィッド・サーディ
〔出演〕ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/アビゲイル・ブレスリン/エマ・ストーン/エマ・ストーン/ビル・マーレイ
ゾンビランド:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 新型ウイルスの爆発感染で人類の大半が人喰いゾンビとなってしまった世界。“生き残るための32のルール”を作り、生き延びてきた引きこもり青年のコロンバスは、最強ハンターのタラハシー、美人詐欺師姉妹ウィチタ&リトルロックと出会い、ゾンビがいないと噂される、夢の遊園地を目指して悪夢のようなサバイバルを続ける。だが、それまで他人とまともに接したことがなかったコロンバスにとって、それは初めて生きることを実感し、友情や恋を知る、かつてない楽しい冒険の日々でもあった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

RULE#32
ENJOY THE LITTLE THINGS(ささやかな物を楽しめ)

[コロンバスのルールより]

ホラー・コメディー映画は数あれど、ここまで面白い作品は自分はそうそう知りません。
その衝撃はショーン・オブ・ザ・デッド(2004)を観たときと同等か、それ以上でした。
キャストに恵まれると映画って本当に面白い作品になりますよね。
もちろん、脚本等も大事だと思いますけど・・・。

主人公のコロンバスが独自の生き残るためのルールを持ってサバイバルしていたりと目新しい部分もあるけど、
ゾンビ映画としては過激な描写は少ないし、主要メンバーは誰ひとりとして死んだりしないので物足りなさを感じる人も多いかもしれません。
さすがに地上波での放送は無理そうですけど、家族揃って楽しく観賞できる映画だと思います。

ゾンビランド:画像1 
▲冴えない引きこもり青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)。

主演はソーシャル・ネットワーク(2010)で一躍有名になったジェシー・アイゼンバーグ。
続編の噂もある本作ですが、グランド・イリュージョン (2013)での彼のイケメンっぷりを拝見する限り、もうこんなダサい役柄は無理じゃないかって感じてしまいます。
そこをどうにかするのが役者さんかも知れませんが・・・。

ゾンビランド:画像2 
▲美人詐欺姉妹の姉、ウィチタ(エマ・ストーン)。

こちらもアメイジング・スパイダーマン(2012)で有名なエマ・ストーン。
本作では黒髪にラテン系っぽい雰囲気で素敵。
恥ずかしながらグウェン・ステイシーも彼女が演じていたとは最近まで気づきませんでした。

ゾンビランド:画像3 
▲美人詐欺姉妹の妹、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)。

こちらも続編は大変なんじゃないだろうか・・・。
主に成長的な意味で。

ゾンビランド:画像4 
▲物足りないけど、ゾンビのメイクはしっかりしていると思います。

過激な描写こそ少ないけど、意外にしっかりしているゾンビは生粋のゾンビ映画好きにも好感度が高め。
唯一の難点は“走る系のゾンビ”なんだよなぁ~。

ゾンビランド:画像5 
▲本作最大の魅力はこの方、タラハシー(ウディ・ハレルソン)。

アメリカのお菓子であるトゥインキーをこよなく愛するタラハシーは、この映画最大の魅力と言っても過言ではない。
彼とリトルロックの関係はまるで親子のようで微笑ましいし、彼がゾンビを憎む理由は涙なくしては語れない。
とにかくみんなが愛する理想のダンディ。

ゾンビランド:画像6 
▲終盤のタラハシーの暴れっぷりは爽快!!

絶対にこの人は死なないわ~っていうオーラを感じる活躍。
・・・もし続編が作られたら、普通にあっさり死んだらどうしよう・・・。

死霊のえじき(DAY OF THE DEAD)

危険 死霊のえじき
DAY OF THE DEAD

1985年
アメリカ映画
102分

〔監督・脚本〕ジョージ・A・ロメロ
〔製作〕リチャード・P・ルビンスタイン〔製作総指揮〕サラ・M・ハッサネン〔撮影〕マイケル・ゴーニック〔特殊メイク〕トム・サヴィーニ〔音楽〕ジョン・ハリソン
〔出演〕ロリ・カーディル/テリー・アレクサンダー/ジョセフ・ピラトー/リチャード・リバティー/アントン・ディレオ/ハワード・シャーマン/ジャーラス・コンロイ/ゲイリー・ハワード・クラー/ラルフ・マレロ/ジョン・アンプラス
死霊のえじき:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 死者たちが次々に生き返るようになり、地球上はすでにゾンビ達の世界と化していた。数少ない人類の生き残りである科学者のサラ、僅かばかりの軍隊を率いるローズ、この状況を打開すべくゾンビの研究に打ち込むローガン博士たちは、最後の境界線である広大な地下施設に立てこもり、ゾンビたちと一進一退の攻防を繰り広げていたが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★★ オススメ度:★★★

俺の肉で窒息しやがれ・・・
[ローズの台詞より]

ジョージ・A・ロメロによるゾンビ映画初期三部作の最後を飾るのが本作、死霊のえじきです。
前作、ゾンビ(1978)に比べて舞台はさらに小規模な地下施設になってしまいましたが、閉鎖された空間での生き残った人間達の心理描写こそジョージ・A・ロメロの得意分野。
主人公であるサラ(ロリ・カーディル)や軍人であるローズ(ジョセフ・ピラトー)らは些細な事からいがみ合い、精神的に追い込まれて、滅びの道へまっしぐら(笑)。

死霊のえじき:画像1 
▲DVD特典映像でのジョージ・A・ロメロ。

「とにかく最初の作品を愛してやまない人・・・」

「2作目のゾンビをお祭り感覚で楽しむ人・・・」

「そして、死霊のえじきが好きな変人・・・」って撮った自分が笑顔で言っちゃうところが素敵!!

トム・サヴィーニによる芸術の域まで達した残酷描写は前2作以上の出来で素晴らしいの一言。
この特殊メイクを堪能するだけでも映画を観る価値があるってもんですよ。まさに芸術!!

死霊のえじき:画像2 
▲科学者であり主人公のサラご一行。物語早々に地下施設が舞台に・・・。

死霊のえじき:画像3 
▲芸術的特殊メイク①臓物が飛び出るゾンビ。

死霊のえじき:画像4 
▲芸術的特殊メイク②喉を噛み千切られる兵士。

死霊のえじき:画像5 
▲芸術的特殊メイク③胴体から引きちぎられる頭。

死霊のえじき:画像6 
▲芸術的特殊メイク④生きながら腹を裂かれるローズさん(ネタバレ)。

このぐらいは序の口で、まだまだ凄まじい場面が盛り沢山!!
たしかに監督が言うとおり、変人が好む映画なのかも・・・。

死霊のえじき:画像7 
▲知能を持つゾンビであるバブ。ゾンビ映画史上初の萌えキャラ。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生(NIGHT OF THE LIVING DEAD)

危険 ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生
NIGHT OF THE LIVING DEAD

1968年
アメリカ映画
96分

〔監督・原案・撮影〕ジョージ・A・ロメロ
〔製作〕ラッセル・ストライナー/カール・ハードマン〔脚本〕ジョン・A・ルッソ
〔出演〕ジュディス・オディア/デュアン・ジョーンズ/カール・ハードマン/キース・ウェイン/ジュディス・リドリー/マリリン・イーストマン
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 父の墓参りの途中、バーバラと兄のジョニーはゾンビに襲われる。兄はゾンビによって殺され、恐怖と悲しみの中バーバラは近くの民家に立てこもる。民家には黒人青年のベンのほか、若いカップル、中年夫婦と大怪我を負ったその娘が集まってくるが、外部との連絡が取れない中、周囲は生ける屍の群れに取り囲まれていた。バーバラたちはテレビを通して、甦った死者たちが人間を襲って食い殺していることを知り、なんとか脱出を試みる。
[From Wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★

奴らがやってくるぞ バーバラ
[ジョニーの台詞より]

They're coming to get you, Barbara.【奴らがやってくるぞ。バーバラ。】
主要登場人物のバーバラ(ジュディス・オディア)の兄であるジョニーのこの台詞が久しぶりに聞きたくてDVDを観直しました。何となく耳から離れない台詞なんですよね・・・。

ゾンビ映画界の長老ジョージ・A・ロメロによる最初のゾンビ映画。
この映画が無ければこの世にゾンビ映画なんてジャンルは存在しなかった(大げさですが・・・)と言っても過言ではないゾンビ映画界における記念碑的作品。
続く次作ゾンビ(1978)、死霊のえじき(1985)と合わせてロメロのゾンビ映画初期三部作とも呼ばれていますね。

本編はモノクロ16mmフィルムで撮影されていることもあり、現在となってはチープに思えるゴア描写をモノクロ映像でうまく補っている印象。孤立する登場人物に押し寄せるゾンビの群れ、絶望感が溢れるラストなど救いようのない感じが独特の恐怖感を演出している。加えてロメロによる巧みな登場人物の心理描写が冴える。閉鎖的な空間に閉じ込められた人々は疲弊し、徐々に精神的にも追い詰められていく・・・。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:画像1 
▲ロメロによるゾンビ映画における最初のゾンビ(ビル・ハインツマン)。

物語序盤の墓場に登場するゾンビを演ずるはビル・ハインツマン。この役で調子に乗って自分でゾンビ映画なんかも撮影してしまった痛い人。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:画像2 
▲ワラワラと押し寄せるゾンビ。

個人的なお気に入りはDVDジャケット左上の裸の姉ちゃんゾンビだ。何故に裸?どんな死に方したの?尻がGOODなどと魅力的(どうでもいいですが・・・)。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:画像3 
▲食事中のゾンビ。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:画像4 
▲ついにはジョニーがゾンビとなってバーバラに襲いかかる!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。