スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

七人のおたく cult seven

七人のおたく cult seven

1992年
日本映画
99分

〔監督〕山田大樹
〔製作〕村上光一〔企画〕堀口壽一/岡田裕介〔プロデューサー〕河井真也/茂庭善徳〔原作・脚本〕一色伸幸〔撮影〕藤石修〔美術〕石井巌〔編集〕阿部浩英〔音楽〕山辺義大/崎久保吉啓〔助監督〕富永憲次
〔出演〕南原清隆/内村光良/江口洋介/山口智子/益岡徹/武田真治/浅野麻衣子/中尾彬
七人のおたく:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  「君が、欲しい」「君の力を正義に役立ててみないか」「20万あげる」・・・。草むらで、コミケ会場で、秋葉原で、改造車の中で、都内至る所で勧誘活動を繰り広げる迷彩服に身を包んだ妙な男の名はミリタリーおたく星亨。星の作戦を遂行する為には仲間が必要なのだ。そして星の巧みな言葉にのってきたのが、格闘技おたくの近藤みのる、パソコンおたくの田川孝、無線おたくの水上令子、アイドル&改造車おたくの国城春夫の4人。ただ単に自分たちの“技”が発揮できると聞いて嬉しくて「作戦」=井加江島行きをOKしたのだった。しかし、島に集合してビックリ!その作戦とは、跡取り息子ほしさに母親ティナから奪い去った赤ん坊を取り返すことだった。「これは誘拐じゃないか!」非難の声をおさえ“喜一奪還計画”に乗り出したのだった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

星亨「16:13 作戦終了・・・、みんな同じ眼になった・・・」
一同「そんな眼はしてない!!」

[ラストシーンより]

今回紹介する映画は、1992年に劇場公開されたウッチャンナンチャン主演の映画、七人のおたく cult sevenです。
一時はTV等でも複数回放送されていたので憶えている方も多いのではないでしょうか?
特に、私と同じ年代の方々なら一回は観たことのある、そんな映画だと思います。

出演は、ウッチャンナンチャンの他、江口洋介、山口智子、益岡徹、武田真治、浅野麻衣子、中尾彬など豪華な顔ぶれ。
現在でもドラマや映画、バラエティなど活躍する方々ばかりです。他にも京野ことみ、杉本理恵らが本人役で出演しています。
エンディングテーマを歌っているのはバブルガム・ブラザーズ。なんか時代ですよね・・・。

物語のあらすじは簡単。誘拐された赤ん坊をおたくたちが救うだけなのですが、コメディ要素が多く盛り込まれ、誰でも楽しく観れる作品に仕上がっていると思います。
昨今の考えさせられたり、恋愛要素の傾向が強い邦画に馴れていると、逆にこの手の映画は新鮮で面白く感じますよね。
小学生の時に家族で観て楽しんだ思い出が甦ります。

七人のおたく:画像1
▲実質の主役は星亨(南原清隆)。

登場するおたくは個性派揃い。各役者陣が魅力的に演じています。

・星亨(南原清隆)ミリタリーおたく。
・近藤みのる(内村光良)格闘技おたく。
・水上令子(浅野麻衣子)無線おたく。
・国城春夫(武田真治)アイドル&車改造おたく。
・田川孝(江口洋介)Macおたく。
・湯川りさ(山口智子)レジャーおたく。
・丹波達夫(益岡徹)引退したフィギュアおたく。

七人のおたく:画像2
▲敵であるには高松一役には中尾彬。

七人のおたく:画像3
▲劇中一番の活躍するのはこのお方。

本作一番の魅力は内村光良演じる近藤みのるのアクション!!
お笑い芸人とは思えないキレキレの動きに驚愕。さすがウッチ―!!

七人のおたく:画像4
▲伝説の壁蹴りバク転。当時、憧れました。

七人のおたく:画像5
▲Macおたくの田川孝(江口洋介)と無線おたくの水上令子(浅野麻衣子)。

七人のおたく:画像6
▲レジャーおたく?の湯川りさ(山口智子)。本作のセクシー担当です。

七人のおたく:画像7
▲七色仮面のマスクで正体を隠す謎の男。その名はダン。正体はバレバレである。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
今のマッチョな武田真治なら、ひとりでも喜一を奪還できそうな気がする(サックスおたくとして)。


スポンサーサイト

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER)

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER

2011年
アメリカ映画
124分

〔監督〕ジョー・ジョンストン
〔製作〕ケヴィン・ファイギ〔製作総指揮〕ルイス・デスポジート/ナイジェル・ゴストゥロウ/アラン・ファイン/スタン・リー/デヴィッド・メイゼル〔脚本〕クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー〔撮影〕シェリー・ジョンソン〔音楽〕アラン・シルヴェストリ
〔出演〕クリス・エヴァンス/トミー・リー・ジョーンズ/ヒューゴ・ウィーヴィング/ヘイリー・アトウェル/セバスチャン・スタン/スタンリー・トゥッチ/トビー・ジョーンズ/ドミニク・クーパー/サミュエル・L・ジャクソン
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 1941年。ヒトラー率いるナチス・ドイツがヨーロッパを席巻していた頃、祖国アメリカを愛する青年スティーブ・ロジャースは、兵隊となって正義のために戦うことを願っていた。しかし、体が小さく虚弱な体質の彼は入隊テストをパスできず、悔しい思いを募らせていた。そんな時、謎の軍医アースキン博士から、軍の“スーパーソルジャー計画”というプロジェクトに誘われ、極秘実験の被験者第1号に志願する。みごと実験は成功し、超人的な肉体と運動能力を獲得したスティーブ。しかしその直後、博士は自分がナチ党時代に生み出したカルト集団“ヒドラ党”のスパイによって絶命、“スーパーソルジャー計画”も頓挫してしまう。その結果、戦力として貢献する道を絶たれたスティーブは、彼の意に反して単なるマスコット“キャプテン・アメリカ”として、軍のPRに駆り出されることになるのだったが…。
[From allcinema]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

I don't want to kill anyone. 「誰も殺したくない」
I don't like bullies. 「でも、悪党は嫌いです」
I don't care where they're from. 「どこ出身でも・・・」

[スティーブ・ロジャースの台詞より]

今回紹介する映画は、マーベル・コミックの中の人気ヒーローであるキャプテン・アメリカ実写映画第1作品目、キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーです。同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第5作品目となります。

アイアンマン、ハルク、ソーに次いでの登場となったキャプテン・アメリカの単独映画である本作ですが、ザ・ファースト・アベンジャーの副題が示す通り、時系列的には最初に誕生したヒーローであり、映画のラストがそのままアベンジャーズ(2012)に繋がっていく構成は実に見事。
もちろん、単品の映画としても秀逸の出来で、ヒーローの誕生、ペギーとの淡い恋、親友であるバッキーとの別れといったように一通り楽しめる要素を完備。
数あるアメコミヒーロー映画の1作目としては個人的には一番好きな作品である。

理由としては、とにかく本作はキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)の名言が多く、そのひとつひとつが彼そのものを象徴していて胸にズシリと響く。
上の方で表示した言葉こそ、キャプテン・アメリカの確固たる意志の表れであるし、本作以降のぶれない彼の姿も非常に魅力的なのである。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像1
▲物語は北極で氷漬けとなった飛行機と、その中に眠る盾が発見されたところから始まる・・・。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像2
▲最初は軟弱ボーイだったスティーブ。

別の華奢な体躯の俳優の身体に主役であるクリス・エヴァンスの顔を合成させることで表現された過去のスティーブ。
物語前半では、恵まれない体格ながらも平和を愛し、仲間を守る正義の心を宿すスティーブの姿が描かれており、超人となった姿を含めて彼の人間性が非常に丁寧に描かれている。
俳優本人の体重増減などで超人化前・後の表現がされなくて良かったと思う・・・。
きっと、某蝙蝠男さんや某蜘蛛男さんを演じた俳優並の苦労になりそうだし・・・。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像3
▲戦略科学予備軍の科学者であるアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)。

超人兵士となるための超人血清の開発者であるアースキン博士。
スティーブの強い意志に誰よりも早く気付いた偉大なる科学者。ヒドラ党の暗殺者の手によって殺害されてしまう。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像4
▲スティーブの憧れの女性、ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)。

のちにエージェント・カーターとしてTVドラマ化もされた人気キャラクターであるペギー・カーター。
彼女はスティーブにとって大切な存在だった。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像5
▲超人血清により、超人兵士となったスティーブ。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像6
▲キャプテン・アメリカは仲間たちとともに数多くのヒドラ党の基地を撃破していく。

昔ながらのアメリカンコミック内の姿そのままなマスコットキャラクターユニフォームではなく、実用的な雰囲気にデザインされた戦闘用ユニフォーム。基本的にこの形状が継続されていくのだが、続くアベンジャーズでのユニフォームは若干明るみが増して派手な印象になってしまうのが少し残念。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像7
▲70年もの眠りから目覚めたスティーブを待ち受ける運命とは・・・。

宿敵であるレッドスカル(ヒューゴ・ウィーヴィング)を倒すも、。北極で氷漬けとなってしまったスティーブ。
S.H.I.E.L.D.によって発見され、長い眠りから目覚めた彼の前にニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れる。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
クリス・エヴァンスの演じた ヒューマン・トーチも何気に好きでした。


スペシャルID 特殊身分(SPECIAL ID)

スペシャルID 特殊身分
SPECIAL ID

2014年
中国/香港映画
99分

〔監督〕クラレンス・フォク〔アクション監督〕ドニー・イェン
〔製作〕ピーター・パウ/ドニー・イェン〔脚本〕セット・カムイェン〔撮影〕ピーター・パウ〔音楽〕ドウ・パン〔スタント・コーディネーター〕谷垣健治
〔出演〕ドニー・イェン/アンディ・オン/ジン・ティエン/コリン・チョウ/ロナルド・チェン/テレンス・イン/パウ・ヘイチン/チャン・ハンユー/イン・チーガン/ケネス・ロー
スペシャルID 特殊身分:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  黒社会のボス、ホンの組織に長年潜入捜査しているロン。兄弟分のサニーがホンの手下を殺害してブツを盗んだことで、ロンはサニーを探すため、中国広東省に飛び、中国警察のジン刑事と組み、事件解決に挑む。
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

幼い頃 母は俺を肩車して教えてくれた
“自由自在に空を飛べたら―”
“美しい世界が見えてくる”
潜入初日に俺は誓った
いつかその世界をこの目で見てやると

[ロンの台詞より]

今回紹介する映画は、誰が呼んだか“宇宙最強の男”ドニー・イェン 久々の主演映画、スペシャルID 特殊身分です。
これまた誰が考えたか、究極の喧嘩上等アクションをたっぷりと堪能できる作品となっています。
チンピラの集団乱闘を模した動きや総合格闘技のスタイルを取り入れたリアルな格闘シーンを称して喧嘩上等アクションと言うのかもしれないですね。

スタント・コーディネーターとして“るろうに剣心 ”で有名な谷垣健治を招いて製作された本作における最大の魅力は、やはりそのアクションシーンに尽きると思います。
・・・もう一度言いますが、アクションシーンだけは最高峰と言っても過言ではないでしょう。
そう、アクションだけは・・・。

スペシャルID 特殊身分:画像1
▲映画の基本はロン(ドニー・イェン)とジン(ジン・ティエン)のバディもの。

最初はソリの合わない2人が、徐々に協力し合い事件に挑む・・・、それはバディものの基本ですね。
ジン・ティエン本人が演じたとされるシーンもなかなか良かったし、スタントダブルの日野由佳によるアクションはどれもとても素晴らしかった。

スペシャルID 特殊身分:画像2
▲もちろんドニー・イェンの華麗な回し蹴りも魅力爆発。

スペシャルID 特殊身分:画像3
▲カーアクションもチェイス一辺倒ではなく、車内での攻防もあったり見応えたっぷり。

スペシャルID 特殊身分:画像4
▲母親との感動のストーリーは・・・、正直微妙。

唯一、難点を挙げるならば、脚本というか、ストーリーの流れが微妙な印象。
なまじアクションが完璧に近い出来だからこそ、ドラマパートの稚拙さが浮き彫りになって観ていてそこだけが退屈でした。

母親との絆を前面に出したいのか、ジン刑事との友情を前面に出したいのか、はたまたサニー(アンディ・オン)との関係を描きたいのか、全てが中途半端で消化不良。
何故、サニーは母親を殺さないのか? 母親が危ないのに気づくの遅くない? など言い出したらキリがないので割愛。

何はともあれ、素晴らしき喧嘩上等アクションを堪能すれば本作はオールOKなのである。
特にラストのサニーとのバトルは鳥肌モノ!!

スペシャルID 特殊身分:画像5

スペシャルID 特殊身分:画像6

スペシャルID 特殊身分:画像7
さぁ、皆さんも宇宙最強の男を堪能してみませんか?

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
ラストバトルだけでも一見の価値アリ。


少林寺三十六房(SHAOLIN TEMPLE THE 36TH CHAMBER)

少林寺三十六房
SHAOLIN TEMPLE THE 36TH CHAMBER

1977年
香港映画
117分

〔監督〕ラウ・カーリョン
〔製作〕ラン・ラン・ショウ〔脚本〕イー・クァン
〔出演〕リュー・チャーフィ/ホワン・ユー/ロー・リエ/ユエン・シャオティエン/ラウ・カーウィン
少林三十六房:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  清の時代、父と友人を殺された青年リュー・ユウテイが、武術の総本山・少林寺でサンテイの僧名を授かり、三十五の修行房での特訓の果てに、得意の三筋棍で清の悪将軍に戦いを挑む。
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

「貴様か!僧侶の身で反乱軍に味方するとは!!」 
「この世の悪を滅ぼし、人々を救うのが僧侶としての務めだ!!」

[ティエン将軍とサンテイの会話より]

今回紹介する映画は・・・、

少林三十六房:画像1

数々のカンフー映画を生み出したショウ・ブラザーズ製作のカンフー映画、少林寺三十六房です。

物語は人々が清によって支配されていた時代。
海産物問屋の息子であるユウテイ(リュー・チャーフィ)は、通っていた塾の講師や友人とともに反清運動に協力していたのだが、清のティエン将軍(ロー・リエ)の部下であるタン・サンヨにばれてしまう。
友人や両親が逮捕されるなか、難を逃れたユウテイは命からがら少林寺に辿り着き、そこで武術を習い、たくましく成長し、ついにはタン・サンヨやティエン将軍に復讐するといったもの。

少林三十六房:画像2
▲海産物問屋の息子であるユウテイ(リュー・チャーフィ)。
少林三十六房:画像3
▲逃亡の途中に出会った食事処の亭主の協力により、少林寺に辿り着く・・・。

物語の筋立てこそシンプルながらも、重点を置くポイントが他のカンフー映画とあきらかに違うのが面白い。
もちろん最終的には宿敵の撃破というお題が存在しているのだが、この作品においてはオマケ的要素でしかない。
重要なのは少林寺における三十五房での修行なのである。

本作は、映画の中での大半の時間が修行シーンで構成されており、ティエン将軍含む清との戦いはラスト10~20分程度のあっさりとしたものになっている。

また、主人公が学ぶ三十五房での修行の数々は、それぞれに意味を持っており、それをひとつひとつ乗り越えていくことで、サンテイの成長を視覚的に捉えることが出来る仕組みになっている。
着ぐるみ的な木人や、金粉塗った人そのものとのバトルのような不可思議修行ではないのも真実味があって好感が持てる。


少林三十六房:画像4
▲第三十四房:臂力房。
少林三十六房:画像5
▲第三十三房:腕力房。

前半の修行では平衡感覚、肩力、腕力、視覚、頭の鍛錬といった身体を鍛える基礎訓練。
後半になると、武器などを使用した実践的な戦闘技術を学ぶことになっていく。

少林三十六房:画像6
▲ついに修行を終え、下山したサンテイ。

少林三十六房:画像7
▲自ら考案した三節棍でティエン将軍を追い詰めていく。

将軍とのラストバトルは時間が短いのが残念だが、
吹替え版(日本公開版)で流れる主題歌のショウリン・ファイターが絶妙なタイミングで挿入されて盛り上げる。
加えてリュー・チャーフィによる巧みな三節棍さばきが凄くカッコ良い。
なおかつ吹替え版の池田秀一さんの演技が加われば、まさに鬼に金棒。

最高に面白いカンフー映画、少林寺三十六房。
オススメです。

エクスペンダブルズ(THE EXPENDABLES)

エクスペンダブルズ
THE EXPENDABLES

2010年
アメリカ映画
103分

〔監督・脚本〕シルヴェスター・スタローン
〔製作〕アヴィ・ラーナー/ジョン・トンプソン/ケヴィン・キング・テンプルトン〔製作総指揮〕ダニー・ディムボート/ボアズ・デヴィッドソン/トレヴァー・ショート/レス・ウェルドン〔原案〕デヴィッド・キャラハム〔脚本〕デヴィッド・キャラハム〔撮影〕ジェフリー・キンボール〔音楽〕ブライアン・タイラー
〔出演〕シルヴェスター・スタローン/ジェイソン・ステイサム/ジェット・リー/ミッキー・ローク/ドルフ・ラングレン/ランディ・クートゥア/テリー・クルーズ/エリック・ロバーツ/スティーヴ・オースティン/デヴィッド・ザヤス/ジゼル・イティエ/ブルース・ウィリス/アーノルド・シュワルツェネッガー
エクスペンダブルズ:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  自らを消耗品と名乗り、鉄壁のチームワークを誇る精鋭部隊。ギャラは高いが仕事は確実、《エクスペンダブルズ》は傭兵業界にその名を轟かせる最強無敵の軍団だ。凶悪なソマリアの武装海賊に拉致された人質を鮮やかに救出した彼らの次なる任務は、南米のヴィレーナという島国の軍事独裁政権を破壊させることだった。だが、その依頼にはかつてない危険と巨大な陰謀が待ち構えていた・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

「かますのか? 死の飛行だな」 
「そうだ、やってくれ」

[クリスマスとバーニーの会話より]

今回紹介する映画は、世界を代表する豪華アクションスター夢の共演、エクスペンダブルズです。
男子なら誰もが憧れる筋骨隆々の男たちの熱きバトルが最大の魅力。

個人的な感想としては、よくここまでアクションスターを集められたなぁーと感動。
もはや伝説となった監督であるシルヴェスター・スタローンはもちろんの事、
トランスポーター(2002)で一躍有名になったジェイソン・ステイサム、ロッキー4/炎の友情(1985)でロッキーの敵役ドラゴを演じたドルフ・ラングレン。
少林寺(1982)のジェット・リー(リー・リンチェイ)、元総合格闘家のランディ・クートゥア、元アメフト選手のテリー・クルーズ。
アクションシーンこそないものの、ミッキー・ロークやブルース・ウィリスの出演も豪華そのもの。
撮影当時、カリフォルニア州知事在職中でカメオ出演となったアーノルド・シュワルツェネッガーの存在感も光ります。

エクスペンダブルズ:画像1
▲ここまでの出演陣を集め、痛快アクション大作を撮影したシルヴェスター・スタローンは偉大である。

ストーリーは至ってシンプル。
自らを消耗品と名乗る凄腕傭兵軍団が南米の島国ヴィレーナを舞台に、暴れ回るといったもの。
ヒロインであるサンドラ(ジゼル・イティエ)の存在や、裏で糸を引くジェームズ・モンロー(エリック・ロバーツ)などはおまけの一種に過ぎない。
しかしながら、映画自体は非常に丁寧に作られている印象。
主役であるバーニー・ロス(シルヴェスター・スタローン)をはじめ、仲間であるリー・クリスマス(ジェイソン・ステイサム)、他の仲間にもしっかりとした見せ場が用意されているし、各出演者にちなんだ自虐的なギャグなど、観客を楽しませる要素も盛り沢山。

エクスペンダブルズ:画像2
▲消耗品軍団NO2のクリスマス。

元メンバーであるツール(ミッキー・ローク)に頭髪が薄いことでからかわれたりもするが、ナイフの腕は超一流。
映画前半で披露する死の飛行は凄まじいの一言。

エクスペンダブルズ:画像3
▲背が低いことをネタにされるイン・ヤン(ジェット・リー)。

エクスペンダブルズ:画像4
▲ナイーブな性格で、心配性のトール・ロード(ランディ・クートゥア)。

後半でのダン・ペイン(スティーヴ・オースティン)との壮絶な一騎打ちは、めちゃくちゃカッコイイ。

エクスペンダブルズ:画像5
▲最強無敵の消耗品軍団。これからも彼らの活躍を強く望みます。

頭をカラにして楽しめる傑作アクション映画。
本作を観て、日頃のストレス社会に挑みましょう!!

エクスペンダブルズ:画像6
▲個人的にちょっと嬉しいゲイリー・ダニエルズの出演。

実写映画版の北斗の拳(1995)でケンシロウを演じたこのお方。
最終的にジェイソン・ステイサム&ジェット・リーのコンビに葬りさられる姿もあっぱれ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。