スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クライング・フリーマン(CRYING FREEMAN)

クライング・フリーマン
CRYING FREEMAN

1996年
日本/フランス映画
102分

〔監督〕クリストフ・ガンズ
〔製作〕ブライアン・ユズナ/サミュエル・ハディダ〔企画〕黒澤満〔製作総指揮〕一瀬隆重/ヴィクター・ハディダ〔原作〕小池一夫/池上遼一〔脚本〕クリストフ・ガンズ/ティエリー・カザル〔撮影〕トーマス・バースティン〔編集〕デヴィッド・ウー/クリス・ロス〔音楽〕パトリック・オハーン
〔出演〕マーク・ダカスコス/ジュリー・コンドラ/加藤雅也/島田陽子/チェッキー・カリョ/レイ・ドーン・チョン/バイロン・マン/マコ
クライング・フリーマン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  父親をマフィアに殺され生きる気力を無くしていたエム・オハラは、偶然サンフランシスコで殺人現場に居合わせ、冷徹に殺しを終えたあと清らかな涙を流す殺し屋に出会った。彼はチャイニーズ・マフィア“竜の末裔”に素質を見出され、“フリーマン”と呼ばれる殺し屋となった元陶芸家の火野村窯という日本人だった。殺されたのは中国進出を企む日本ヤクザ“白真会”組長・島崎の息子で、バンクーバーに戻ったエムは、事件の目撃者としてニッタ、フォージ両刑事の保護を受ける。再び窯の姿を目撃したエムは、もはや彼に殺されるのを待つかのようになっていたが、ある夜、エムのもとにやって来た窯は彼女を殺せず、運命に導かれるようにエムと結ばれるのだった。一方、組長を殺された花田竜二は、窯を仕留めて組織の覇権を握ろうと中国・上海の各地を襲撃していた。竜の末裔は花田暗殺を窯に命じ、目撃者暗殺の命に背いた窯の殺害も彼の相棒・黄に命ずるのだが・・・。
[From allcinema]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

“殺し続ける、涙を流しながら。”
[DVDジャケットより]

今回紹介する映画は、同名漫画(原作:小池一夫、作画:池上遼一)の実写映画作品であるクライング・フリーマンです。
本作は、東映Vシネマのハリウッド映画版「東映Vアメリカ」として企画され、1996年に劇場公開されました。
殺しが終えると同時に、己の宿命に涙を流す殺し屋、フリーマンこと主人公の火野村窯を演じるのはフィリピン、スペイン、中国、日本、アイルランドの血を引き、端正な容姿が魅力的なアクションスター、マーク・ダカスコス。
その他の主演者としては、数々の映画に出演したマコ岩松、日本のヤクザ・花田竜二役として加藤雅也が出演するなど俳優陣の顔ぶれも多彩で豪華です。

肝心の映画の出来としては、そのまんまVシネマのノリで物語前半から中盤にかけて退屈な部分もありますが、途中途中に観られるマーク・ダカスコスの華麗なアクションや、鍛え上げれた肉体など魅力的な部分もあり、漫画作品の実写映画化作品としては成功だったのではないでしょうか。

私は原作漫画を知らなかったのですが、十分楽しむことができました。
・・・だから楽しめたのかもしれませんが。

クライング・フリーマン:画像1
▲主演の火野村窯を演じるのはマーク・ダカスコス。

近年はビデオ映画などのアクション映画を中心に活躍しているマーク・ダカスコス。
他の出演作は、本作と同じクリストフ・ガンズ監督作品であるジェヴォーダンの獣(2001)、ブラック・ダイヤモンド(2003)など。
ヒロインより裸になるシーンが多い、本作のセクシー担当。

クライング・フリーマン:画像2
▲ヒロインのエム・オハラ役はジュリー・コンドラ。

本作での共演がきっかけで主演のマーク・ダカスコスと結婚。
漫画原作では、のちに日本刀を操り肉弾戦もこなすようになるらしいだが・・・。

クライング・フリーマン:画像3
▲日本のヤクザ・花田竜二役には加藤雅也。

クライング・フリーマン:画像4
▲竜二の妻、花田君江役に島田陽子。

クライング・フリーマン:画像5
▲映画後半、窯の隠れ家で繰り広げられるラストのアクションシーンは一見の価値あり。

クライング・フリーマン:画像6
▲刀を持ちながらの芸術的なアクション。この回転は本作屈指のアクションシーン。

クライング・フリーマン:画像7
▲戦いを終えた窯はどこに行くのか・・・。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
マーク・ダカスコスを堪能したいなら、本作はオススメ!!


スポンサーサイト

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER)

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER

2011年
アメリカ映画
124分

〔監督〕ジョー・ジョンストン
〔製作〕ケヴィン・ファイギ〔製作総指揮〕ルイス・デスポジート/ナイジェル・ゴストゥロウ/アラン・ファイン/スタン・リー/デヴィッド・メイゼル〔脚本〕クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー〔撮影〕シェリー・ジョンソン〔音楽〕アラン・シルヴェストリ
〔出演〕クリス・エヴァンス/トミー・リー・ジョーンズ/ヒューゴ・ウィーヴィング/ヘイリー・アトウェル/セバスチャン・スタン/スタンリー・トゥッチ/トビー・ジョーンズ/ドミニク・クーパー/サミュエル・L・ジャクソン
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 1941年。ヒトラー率いるナチス・ドイツがヨーロッパを席巻していた頃、祖国アメリカを愛する青年スティーブ・ロジャースは、兵隊となって正義のために戦うことを願っていた。しかし、体が小さく虚弱な体質の彼は入隊テストをパスできず、悔しい思いを募らせていた。そんな時、謎の軍医アースキン博士から、軍の“スーパーソルジャー計画”というプロジェクトに誘われ、極秘実験の被験者第1号に志願する。みごと実験は成功し、超人的な肉体と運動能力を獲得したスティーブ。しかしその直後、博士は自分がナチ党時代に生み出したカルト集団“ヒドラ党”のスパイによって絶命、“スーパーソルジャー計画”も頓挫してしまう。その結果、戦力として貢献する道を絶たれたスティーブは、彼の意に反して単なるマスコット“キャプテン・アメリカ”として、軍のPRに駆り出されることになるのだったが…。
[From allcinema]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

I don't want to kill anyone. 「誰も殺したくない」
I don't like bullies. 「でも、悪党は嫌いです」
I don't care where they're from. 「どこ出身でも・・・」

[スティーブ・ロジャースの台詞より]

今回紹介する映画は、マーベル・コミックの中の人気ヒーローであるキャプテン・アメリカ実写映画第1作品目、キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーです。同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第5作品目となります。

アイアンマン、ハルク、ソーに次いでの登場となったキャプテン・アメリカの単独映画である本作ですが、ザ・ファースト・アベンジャーの副題が示す通り、時系列的には最初に誕生したヒーローであり、映画のラストがそのままアベンジャーズ(2012)に繋がっていく構成は実に見事。
もちろん、単品の映画としても秀逸の出来で、ヒーローの誕生、ペギーとの淡い恋、親友であるバッキーとの別れといったように一通り楽しめる要素を完備。
数あるアメコミヒーロー映画の1作目としては個人的には一番好きな作品である。

理由としては、とにかく本作はキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)の名言が多く、そのひとつひとつが彼そのものを象徴していて胸にズシリと響く。
上の方で表示した言葉こそ、キャプテン・アメリカの確固たる意志の表れであるし、本作以降のぶれない彼の姿も非常に魅力的なのである。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像1
▲物語は北極で氷漬けとなった飛行機と、その中に眠る盾が発見されたところから始まる・・・。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像2
▲最初は軟弱ボーイだったスティーブ。

別の華奢な体躯の俳優の身体に主役であるクリス・エヴァンスの顔を合成させることで表現された過去のスティーブ。
物語前半では、恵まれない体格ながらも平和を愛し、仲間を守る正義の心を宿すスティーブの姿が描かれており、超人となった姿を含めて彼の人間性が非常に丁寧に描かれている。
俳優本人の体重増減などで超人化前・後の表現がされなくて良かったと思う・・・。
きっと、某蝙蝠男さんや某蜘蛛男さんを演じた俳優並の苦労になりそうだし・・・。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像3
▲戦略科学予備軍の科学者であるアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)。

超人兵士となるための超人血清の開発者であるアースキン博士。
スティーブの強い意志に誰よりも早く気付いた偉大なる科学者。ヒドラ党の暗殺者の手によって殺害されてしまう。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像4
▲スティーブの憧れの女性、ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)。

のちにエージェント・カーターとしてTVドラマ化もされた人気キャラクターであるペギー・カーター。
彼女はスティーブにとって大切な存在だった。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像5
▲超人血清により、超人兵士となったスティーブ。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像6
▲キャプテン・アメリカは仲間たちとともに数多くのヒドラ党の基地を撃破していく。

昔ながらのアメリカンコミック内の姿そのままなマスコットキャラクターユニフォームではなく、実用的な雰囲気にデザインされた戦闘用ユニフォーム。基本的にこの形状が継続されていくのだが、続くアベンジャーズでのユニフォームは若干明るみが増して派手な印象になってしまうのが少し残念。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像7
▲70年もの眠りから目覚めたスティーブを待ち受ける運命とは・・・。

宿敵であるレッドスカル(ヒューゴ・ウィーヴィング)を倒すも、。北極で氷漬けとなってしまったスティーブ。
S.H.I.E.L.D.によって発見され、長い眠りから目覚めた彼の前にニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れる。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
クリス・エヴァンスの演じた ヒューマン・トーチも何気に好きでした。


帰って来たガンマン(THE HILLS RUN RED)

帰って来たガンマン
THE HILLS RUN RED

1966年
イタリア映画
90分

〔監督〕リー・W・ビーヴァー
〔製作〕エルマンド・ドナティ/ルイジ・カルペンティエリ〔製作総指揮〕ディノ・デ・ラウレンティス〔原案〕ディーン・クレイグ〔脚本〕マリオ・ピエロッティ〔撮影〕トニ・セッチ〔音楽〕レオ・ニコルス
〔出演〕トーマス・ハンター/ヘンリー・シルヴァ/ダン・デュリエ/ナンド・ガツォーロ/ニコレッタ・マキャヴェリ/ジアンナ・セラ/ロリス・ロディ/ジェフリー・コペルソン
帰って来たガンマン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 南北戦争終結間際、軍資金を強奪した二人組。追いつめられた彼らは、どちらかが囮として捕まることを決めクジ引きをする。5年後、刑期を終え帰郷した男が見たものは、愛する妻を見殺しにし、金を独り占めして成り上がったかつての相棒だった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

俺を見ろ・・・、じっくりこの顔を拝め・・・
[ジェリーの台詞より]

世間のマカロニ・ウエスタンファンからの評価はあんまり高くない本作ですが、何故か愛しく思える不思議な作品、それが『帰って来たガンマン』です。

確かに主人公のジェリー(トーマス・ハンター)は金に汚い訳でもなく、賞金稼ぎを職にしている訳でもない。敵に捕まってリンチされる事もなければ、残虐的な描写が画面に映しだされる事もありません。マカロニ・ウエスタン特有の雰囲気があまり感じられないのが人気の無さの原因かもしれません。
加えて主人公を演じるトーマス・ハンターに魅力が乏しいのもその一因と考えられます。
他のマカロニ主役俳優とは違って身体の線が細く、拳銃の扱いも微妙。しかも格闘シーンはロジャー・ムーア並ときたもんだ。
・・・顔はハンサムなんですけどもね。

帰って来たガンマン:画像1 
▲シーガル(ナンド・ガツォーロ)とジェリー(トーマス・ハンター)。

では、この映画の何処に魅力を感じるかと言うと、やはり何と言ってもストーリーがとても良いんですよ。
北軍の軍資金を奪った後に追手から逃げるため、相棒に妻や子供の事を託して自らが囮になり捕まるも5年後に刑期を終えて出てくればかつての相棒は妻を見殺しにしたばかりか軍資金を元手に大牧場主となって快適な生活をしている。そんな裏切り者のシーガルにジェリーは復讐を誓う・・・う~む、とても燃えるストーリです。

帰って来たガンマン:画像2 
▲廃墟となった自宅で妻の日記を見つけ、相棒の裏切りを知るジェリー。

帰って来たガンマン:画像3 
▲大牧場主となっていたシーガルはジェリーの出獄を知り、ジェリーを殺すべく追手を遣わす。

廃墟となった自宅でショックを受けるジェリーに迫る追手の魔の手。
銃もなく、追手2人に苦戦していたところを偶然に居合わせた?謎の助っ人ウィニー・ゲッツ(ダン・デュリエ)の助けを得て退ける。

帰って来たガンマン:画像4 
▲ワイルドさが足りなくても良いじゃない。

物語中盤では行方不明となっていた息子と再会。
息子に自分が父と名乗ることが出来ないジェリーの心の葛藤がまた良いんですよ。
イーストウッドやネロ、ジェンマではこの寂しい雰囲気は出せないと思う。やっぱりトーマス・ハンターの幸の薄さあっての作品なんですよ。

帰って来たガンマン:画像5 
▲謎の助っ人ウィニー・ゲッツ(ダン・デュリエ)。彼には秘密が・・・。

同時期の他のマカロニ・ウエスタン作品に比べるとセットも豪華で、爆薬を大量に使ったラストのアクションなど結構な予算を投入したことが分かり見応えも十分です。

ゴースト・ハンターズ(BIG TROUBLE IN LITTLE CHINA)

ゴースト・ハンターズ
BIG TROUBLE IN LITTLE CHINA

1986年
アメリカ映画
100分

〔監督・音楽〕ジョン・カーペンター
〔製作〕ラリー・フランコ〔製作総指揮〕ポール・モナシュ/キース・バリッシュ〔脚本〕ゲイリー・ゴールドマン/デヴィッド・Z・ワインスタイン〔撮影〕ディーン・カンディ〔音楽〕アラン・ハワース
〔出演〕カート・ラッセル/キム・キャトラル/デニス・ダン/ジェームズ・ホン/ヴィクター・ウォン/ケイト・バートン/スージー・パイ/カーター・ワン
ゴースト・ハンターズ:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 舞台は現代のサンフランシスコ。チャイナタウンの地下街に2258才の幽霊ロー・パンが秦の始皇帝の呪いによって未来永劫の地獄に突き落とされ、妖魔軍団を率いて神出鬼没していた。このロー・パンもグリーンの瞳の美女と結婚すれば呪いから解放される。そこで編笠をかぶった稲妻、雷鳴、雨と名づけられた3人組の魔法使いによって、空港からグリーンの瞳の美女がさらわれロー・パンに捧げられた。一方、彼女の恋人でレストラン経営者のワンは、アメリカ人の友人ジャック・バートンと組んでゴースト・ハントの大冒険に出るのだが、下水怪物やら空飛ぶ目の玉モンスターなどなど、妖怪の巣窟であるラビリンスで、果たして彼らは無事、脱出できるのか? 

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

鬼才ジョン・カーペンター監督が贈る
ノンストップ・SFXアクション・アドベンチャーの最高傑作!

[DVDジャケット裏より]

・・・SFXアクション・アドベンチャーの最高傑作!かどうか置いといて・・・。
素晴らしき傑作B級映画の代表が本作。
ときどき無性に観たくなる依存度の高い映画でもある。

何が魅力って、カンフー、銃撃、妖怪、魔法・・・、なんでもありのごった煮アドベンチャー。
なんでこんな映画を撮ったの?ジョン・カーペンター。
だけどさすがは鬼才。
巧みな画面構成とテンポ良く進む物語。印象的な音楽。濃いキャラクター群。
加えて、上記の面白要素がてんこ盛り。
A級を超えたB級。これが面白くないわけがない。

ゴースト・ハンターズ:画像1 
▲主演はカート・ラッセル。

ジョン・カーペンターとカート・ラッセルの黄金コンビは言わずもかな。
ザ・シンガー (1979)、ニューヨーク1997(1981)、遊星からの物体X(1982)など、いずれも名作揃い。

ゴースト・ハンターズ:画像2 
▲妖術使いの嵐の三人組。それぞれが顔芸を披露するお茶目な連中・・・。

左から雨、稲妻、雷鳴。
とにかく顔が凄いこの三人組。登場とともに無駄に力の入った演舞を披露。
この三人組の登場辺りから本編に爆笑の渦が立ち込める・・・。

ゴースト・ハンターズ:画像3 
▲嵐の三人組の中心、稲妻を演ずるは・・・、カーター・ワン!!

この顔が気になったらこちら、少林寺への道 (1981)もオススメ。

ゴースト・ハンターズ:画像4 
▲ゴージャスセットが出てきたり・・・。

ゴースト・ハンターズ:画像5 
▲スタンドバトルが展開されたり・・・。

ゴースト・ハンターズ:画像6 
▲主人公のジャック・バートンは気絶したり・・・。

後半に入ると爆笑度合もどんどんレベルアップ。
ロー・パンの本拠地はネオンきらめく怪しいセット。道中の地下道には人を食う化け物。
そっからはもうカンフー、妖術、特殊メイク、無駄に気合の入ったVFX等・・・、メチャクチャである。
監督が狙って撮ったわけではない大マジメな大バカっぷり!!

でも・・・、たまらなく好きだ!!愛している!!

コフィー(COFFY)

コフィー
COFFY
1973年
アメリカ映画
91分

〔監督・脚本〕ジャック・ヒル
〔製作〕ロバート・パパツィアン〔製作総指揮〕サミュエル・Z・アーコフ/サルヴァトーレ・ビリテッリ〔撮影〕ポール・ローマン〔音楽〕ロイ・エアーズ
〔出演〕パム・グリア/ブルッカー・T・ブラッドショウ/ロバート・ドクィ/ウィリアム・エリオット/アラン・アーバス/シド・ヘイグ/バリー・ケーヒル/リンダ・ヘインズ
コフィー:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 看護婦のコフィーは、麻薬中毒で廃人同様になった妹の復讐のため、単身麻薬組織に立ち向かうことを決意する。警察の捜査が一向に進展しないことに苛立つ彼女は、友人の警官カーターに取り締まり強化を訴えるが、なかなかうまくはいかない。ジャマイカから来た高級娼婦ミスティークと称し、麻薬組織に潜入したコフィーは、売春組織のボスでドラッグディーラーのキング・ジョージ、さらに大元締めのイタリア系マフィア、ヴィトローニにたくみに近づき復讐の機会をうかがうのだが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

あの世に行きな
腐れ麻薬ディーラーめ!

[コフィーの台詞より]

褐色の美女、パム・グリア初主演のアクション映画です。
ジョン・カーペンター監督のエスケープ・フロム・L.A.(1996)での微妙な姿しか知らなかった自分にとっては本作でのパム・グリアの美しさ、その褐色のダイナマイトボディには一目で虜になってしまいました。

本作はブラックスプロイテーション(アフリカ系アメリカ人をターゲットに作られた映画)とセクスプロイテーション(性的描写を観客からの搾取の手段とする映画)の融合によって生まれた70年代という時代を代表する映画。
まぁ・・・、映画のデキ自体はハッキリ言えばB級。
エロ、グロ、ナンセンスの集合体。
出演している役者陣は微妙な演技を連発。肝心の物語は所詮あってないようなモノ。
頻繁に訪れるエロ描写やバイオレンス描写を楽しめたなら、それで良いのです。

コフィー:画像1 
▲アフロヘアーの抜群の格好良さを目撃せよ!!

コフィー:画像2 
▲惜しげなく晒された褐色ダイナマイトボディも魅力。

コフィー:画像3 
▲みんな(男)大好きキャットファイトもアリ!!

参加する美女たちはほとんど乳見せ状態に!!
健全な男性陣であれば、セクスプロイテーションの見事な誘惑にもれなく負けてしまうことでしょう。

コフィー:画像4 
▲戦う女は美しい!!B級だっていいじゃない。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。