スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ランボー(FIRST BLOOD)

ランボー
FIRST BLOOD

1982年
アメリカ映画
94分

〔監督〕テッド・コッチェフ
〔製作〕バズ・フェイトシャンズ/シルヴェスター・スタローン〔製作総指揮〕マリオ・カサール/アンドリュー・ヴァイナ〔原作〕デヴィッド・マレル〔脚本〕シルヴェスター・スタローン/マイケル・コゾル/ウィリアム・サックハイム〔撮影〕アンドリュー・ラズロ〔音楽〕ジェリー・ゴールドスミス
〔出演〕シルヴェスター・スタローン/リチャード・クレンナ/ブライアン・デネヒー/ジャック・スターレット/デヴィッド・カルーソー/ビル・マッキーニー/マイケル・タルボット/クリス・マルケイ/デヴィッド・クローリー/ドン・マッケイ
ランボー:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ベトナム帰りの復員兵ランボーは、戦友を訪ねてある町にやって来る。だが戦友は化学兵器の後遺症で死んでいた。復員兵に冷たい国への怒りが、よそ者に対する警察の屈辱的扱いをきっかけに爆発する。たった一人の軍隊と化したランボーは、数百人の警官隊を相手に壮絶な戦いを開始する。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

まだ終わっちゃいない!戦争は続いている!
[ジョン・J・ランボーの台詞より]

この後、『ランボー/怒りの脱出』(1985年)、『ランボー3/怒りのアフガン』(1988年)、『ランボー/最後の戦場』(2008年)と続く人気シリーズの第1作目。
多くの人はランボーシリーズはシルヴェスター・スタローン主演映画にありがちなアクション映画と勘違いしているかもしれないが、この1作目だけが明らかに毛色が違う。もちろん随所に散りばめられたアクションは見所たっぷりだが、それだけではなく物語自体も味わえる傑作となっている。
このランボーシリーズの1作目である本作は2作目~4作目までと違い、ベトナム戦争からの復員兵の傷跡をテーマとしている。そう、この作品はいわゆる 「ベトナム後遺症映画」なのである。
他のベトナム後遺症映画と言ったらタクシードライバー(1976)、本ブログでも紹介しているエクスタミネーター(1980)など多数。そのいずれも心に闇を抱えたベトナム復員兵の悲しみを描いていた(一部例外でベトナム復員兵ながら明るく描かれた特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010)(TVシリーズ)などもある)。

そんな“暗く悲しいアメリカ”を描いたこの映画は、シルヴェスター・スタローン主演の映画の中でもとりわけ悲しく、切ない映画。特にラストのランボーのトラウトマン大佐への告白シーンはベトナム復員兵の哀しみを代弁していて、心に響く。

ランボー:画像1 
▲戦友を訪ねて山間の田舎町を訪れるランボー(シルヴェスター・スタローン)。

訪ねた戦友はベトナム戦争で浴びた化学兵器の後遺症で癌を患い、既にこの世を去っていた。

ランボー:画像2 
▲町を守る保安官のティーズル(ブライアン・デネヒー)。

傷心の最中、休憩をとるために立ち寄った町で保安官ティーズルに目をつけられるランボー。保安官への侮辱とサバイバルナイフ所持で逮捕され保安官事務所へと連行されてしまう。

ランボー:画像3 
▲保安官達に拷問的な嫌がらせをされて・・・。

取調室に入れられたランボーに、ベトナム時代に囚われの身になった時の事がフラッシュバックする。取調べにあたる保安官達に拷問じみた嫌がらせを行われ、ついにランボーのトラウマが爆発!!髭を剃ろうと羽交い絞めにする保安官達を素手で叩きのめし、ランボーは町の近隣の山中へと逃走する。

ランボー:画像4 
▲ティーズルの喉元へサバイバルナイフを突き付け「この山では俺が法律だ」と言い残す。

ティーズルは部下を率いて山狩りを開始。しかしグリーン・ベレー仕込みのゲリラ戦術を会得して、ベトナム戦争で多大なる戦果を挙げたランボーの敵ではない。保安官達を1人、また1人と倒し、最後に残ったティーズルに脅しをかけ、山奥へと姿をくらます。

ランボー:画像5 
▲実際に負った腕の傷を手当するシルヴェスター・スタローン。非常に痛々しいが本当に自分で縫っているらしい。

ランボー:画像6 
▲ランボーのベトナム時代の上官・トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)。

事態を重くみた国防総省からトラウトマン大佐が対策本部へ派遣されてくる。大佐はランボーのベトナム時代の上官であり、ゲリラ戦術を叩きこんだ人物。
大佐はティーズルにゲリラ戦においてランボーがどれだけ恐ろしく優秀な兵士であるかを語り、彼を逮捕する術を提案する。しかしティーズルは自分の手でランボーを捕えることに固執し、大佐の案を聞き入れない。

ランボー:画像7 
▲ベトナム復員兵の心の傷と哀しみの代弁。ランボーの心の暗闇は消えることはない・・・。

結局、孤独なベトナム復員兵の闘いは泥沼の様相に突入・・・。戦闘は町へと広がってゆく。
町中での激戦の末、ティーズルを倒してとどめを刺そうとするランボーの前に、トラウトマン大佐が現れ、彼を投降するように諭す。戦いは終わったと告げるトラウトマン大佐に、ランボーは戦争終結から7年経った現在でも続くトラウマと復員兵への国の冷たい仕打ち、自分らを待ち受けた悲劇について絶叫する。
そんなランボーの叫びを聞き終えたトラウトマン大佐はランボーをその胸に抱きとめる。

ベトナム戦争が復員兵にもたらした悲劇、そして後遺症を物語の軸に、反戦映画として作られた映画・・・。それがランボーFIRST BLOODなのです。ジェリー・ゴールドスミスの印象的なテーマ曲が哀愁を誘います。

しかし、2作目の『ランボー/怒りの脱出』(1985年)から話は一変、退役から年が経過するごとに不思議と身体がムキムキの筋肉に覆われるランボーが大活躍する好戦映画になってしまうのだが・・・、それはまた別の機会に・・・。
スポンサーサイト

RED/レッド(RED)

RED/レッド
RED

2010年
アメリカ映画
111分

〔監督〕ロベルト・シュヴェンケ
〔製作〕ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ/マーク・ヴァーラディアン〔製作総指揮〕グレゴリー・ノヴェック/ジェイク・マイヤーズ〔原作〕ウォーレン・エリス/ウォーレン・エリス〔脚本〕ジョン・ホーバー/エリック・ホーバー〔撮影〕エリック・ホーバー〔編集〕トム・ノーブル〔音楽〕クリストフ・ベック
〔出演〕ブルース・ウィリス/モーガン・フリーマン/ジョン・マルコヴィッチ/ヘレン・ミレン/カール・アーバン/メアリー=ルイーズ・パーカー/ブライアン・コックス/ジュリアン・マクマホン/リチャード・ドレイファス
RED/レッド:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 静かな独身年金生活を送る55歳のフランクは超極秘任務専門の元CIAエージェント。しかし、ある晩自宅で謎の暗殺部隊に命を狙われ、全米に散った昔の仲間たちを招集する。老人ホームに暮らす元上司のジョー、80歳。イギリス人元女スパイのヴィクトリア、63歳。かつてのライバルで武器スペシャリストのマーヴィン、57歳。実は、彼らは全員CIAから<RED> (超危険な年金生活者)と呼ばれていた。かつて自分達が仕えたCIAが抹消しようとする過去のミッションとは一体何なのか?現役復帰した元超一流スパイ集団の<RED>たちが、決死の戦いに挑む!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

それは、アメリカが最も恐れた危険なオヤジたち…
[キャッチコピーより]


公開当時、生まれて初めて映画ハシゴしてまで公開初日に観た映画。
ハシゴしたもう一つの映画が期待ハズレだったグリーンなホーネットさんだった所為かとても面白く感じた作品。
改めてDVDで観直しても面白かったが、良くも悪くも普通の子・・・、優れた部分も無ければ、欠点も見つかりづらい、掴みどころがないそんな印象の映画。
一応、バットマンやスーパーマンでお馴染みのDCコミックが原作らしい。
タイトルは「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の略である。

RED/レッド:画像1 
▲独身年金生活を送るフランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)。

CIAを引退した今ではオハイオの田舎町で独り静かに暮らし、顔も知らない役所勤めの独身女性サラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)に好意を抱き電話で会話することを唯一の楽しみにしているフランク。

RED/レッド:画像2 
▲謎の集団・・・をあっさり退けるフランク・モーゼズ。

そんな彼の元へ唐突に訪れる危機。
顔を見たこともない女性に淡い恋心を抱く平凡な男が謎の集団をあっさりと始末する・・そんな対比が絶妙なOPが面白い。

CIAの内部機密を知りすぎているという理由からCIAの暗殺対象者になってしまうフランク。彼はかつての仲間たちを再び集め、生き残りをかけて巨大な敵に立ち向かって行く・・・、という肝心のストーリーは平凡ながら、引退した高齢ユニットが大活躍という発想は新しく斬新。中高年世代のオヤジたちが暴れまくる映画がここまで盛り上がるとは思わなかった。

RED/レッド:画像3 
▲武器スペシャリストのマーヴィン・ボッグス(ジョン・マルコヴィッチ)

RED/レッド:画像4 
▲マシンガンをド派手にぶっ放すヴィクトリア(ヘレン・ミレン)

上記3人にモーガン・フリーマンが演じるジョーを含め、4人のキャラクターが際立っていて面白い。こういう連中が、それぞれのキャラを十分に活かして、派手に暴れてくれるだけでも痛快で楽しめる。個人的な意見だが、やはりチームでの結束や協力を丁寧に描いてくれる作品は優秀な作品が多いと思う。

何より惹かれるのは、現役を退いたオヤジ達が、“まだまだ若いモンには負けない”と頑張る姿。
若造よ、かかってきやがれ!と言わんばかりの姿に感動できる。
熟年恋愛の要素を含めて、中高齢の方への応援歌。そんな映画が今作である。

RED/レッド:画像5 
▲愛するものを守りきった彼らを待つのはハッピーエンド。

RED/レッド:画像6 
▲一番劇場で歓声が挙がったクラッシュした車から降りながらの銃撃。

RED/レッド:画像7 
▲オバハン工作員とマーヴィンの対決。ここも盛り上がった。

上記、二つのシーンはCMでも使われていた為、劇場でも歓声が挙がっていましたね。
他は可もなく、不可もなく。
手堅い演出に手堅い映像・・・。肩の力を抜いて観れる作品ですね。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(THE A-TEAM)

特攻野郎Aチーム THE MOVIE
THE A-TEAM

2010年
アメリカ映画
119分(劇場公開Ver) 134分(無敵Ver)

〔監督・脚本〕ジョー・カーナハン
〔製作〕リドリー・スコット/トニー・スコット/ジュールズ・ダリー/スティーヴン・J・キャネル/アレックス・ヤング/イアイン・スミス/スパイク・セルディン〔脚本〕ブライアン・ブルーム/スキップ・ウッズ〔撮影〕マウロ・フィオーレ〔編集〕ロジャー・バートン/ジム・メイ〔音楽〕アラン・シルヴェストリ
〔出演〕リーアム・ニーソン/ブラッドリー・クーパー/クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン/シャールト・コプリー/ジェシカ・ビール/パトリック・ウィルソン
特攻野郎Aチーム THE MOVIE:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 1年前、特殊部隊のメンバーから結成されたAチームの面々が何者かの謀略によって無実の罪で逮捕された。しかしリーダーのハンニバルは刑務所からの脱獄に成功し、部下のフェイス、B.A.、マードックと合流。復活したAチームはハンニバルが編み出す荒唐無稽な作戦のもと、自分たちの名誉を汚した黒幕に迫っていく・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

一人でも最強。チームなら無敵
[キャッチコピーより]

特攻野郎Aチーム THE MOVIE:画像1

80年代に日本でも人気だったアメリカの同名TVシリーズの映画化作品。
TVシリーズをより一層アクション・エンターテインメント寄りに製作された娯楽作品。映画ならではの豪華な俳優陣、CGによる演出等、TVでは観られないド派手な映像が堪能できる。
TVドラマリメイク作は数あれど、原作の設定をほとんどそのまま活かした数少ないリメイク作で好感が持てます(TVではベトナム帰りの凄腕集団、映画では湾岸戦争の英雄等の違いはある)。TVシリーズのファンであった自分にとっても公開が楽しみだったし、新たなAチームに出会えた事が凄く嬉しかった思い出がありますね。

物語としてはAチーム結成秘話からTVシリーズでの“神出鬼没の頼れる傭兵集団、Aチーム”として活動を開始するまでの前日談が描かれる。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE:画像2 
▲極秘任務を成功させた彼らを待っていたのは・・・。

映画はAチーム結成を描かれた後、8年後という設定で始まる。
数々の作戦を成功させて米軍の生ける伝説となっていた彼らにCIA工作員リンチ(パトリック・ウィルソン)によって「バグダッドで活動するゲリラが『USドル紙幣の偽造原版』と大量の偽札を持って逃亡しようとしている」という情報が伝えられる。上官のラッセル・モリソン将軍(ジェラルド・マクレイニー)の命令でゲリラを討ち、偽造原版を手に入れる事に成功したAチーム。
しかし回収作戦直後に上官は爆死し、偽造原版は混乱の中で何者かによって持ち去られてしまう。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE:画像3 
▲無実の罪で裁判にかけられるAチームの4人。

上官殺害と偽造原版横領の罪を押し付けられ、特別刑務所での10年間の懲役を言い渡される。しかし、そこは百戦錬磨のAチーム。CIAのリンチの助けを受けつつ4人は脱獄。ハンニバル(リーアム・ニーソン)の奇想天外な作戦で追手をかわしつつ、無実の証明をする為に自分達をハメた黒幕に迫っていく。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE:画像4 
▲終盤でのド派手なアクション。

唯一、残念だったのが、終盤のタンカーでのド派手なアクション。
実際にタンカーを沈める訳にもいかないのでCGで作るのは理解できるが、リアルを飛び越えてギャグの域に達していたので興ざめ(メチャクチャ転がりまくるコンテナなど・・)。そこだけが残念でした。


TVシリーズを観た事があって、映画を観た事の無い方には日本語吹き替えをまずはオススメしたいですね。
エンドロール前にTVシリーズへの敬意から、TVシリーズでハンニバルを吹き替えた羽佐間道夫による名台詞が流れます♪

俺たちは、道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦する、頼りになる神出鬼没の特攻野郎Aチーム!助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!

ファンの方にはお馴染みの台詞ですね。
もし、同じキャストで次作が作られるならば、怪獣の着ぐるみの中に入るリーアム・ニーソンが観れるのかと楽しみでしょうがないです。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE:画像5 
▲“ハンニバル”ジョン・スミス大佐:リーアム・ニーソン
頼れるチームリーダー。座右の銘はTVシリーズと同じく「作戦は奇を以ってよしとすべし」。TVシリーズとは違い、怪しい変装はしないし、結構肉体派でカッコイイ。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE:画像6 
▲“フェイス”テンプルトン・ペック中尉:ブラッドレイ・クーパー
調達の名人という基本設定はそのままに、+で肉体派な面が加えられた印象。終盤では作戦を自ら計画し、成功させるなど、これからの成長を垣間見せた。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE:画像7 
▲“B.A.”B.A.バラカス軍曹:クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
本作では飛行機恐怖症になった経緯が描かれている。その他の役割はほぼ同じ。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE:画像8 
▲“マードック”H・M・マードック大尉:シャールト・コプリー
狂った人物像としてはTVシリーズと同じ。トラブルメーカーでありながら、チームのムードメーカーである面が強化されている感じ。

オーバー・ザ・トップ(OVER THE TOP)

オーバー・ザ・トップ
OVER THE TOP

1987年
アメリカ映画
94分

〔監督・製作〕メナハム・ゴーラン
〔製作〕ヨーラン・グローバス〔原案〕ゲイリー・コンウェイ/デヴィッド・C・エンゲルバック〔脚本〕シルヴェスター・スタローン/スターリング・シリファント〔撮影〕ニック・マクリーン〔作詞〕トム・ホイットロック〔音楽〕ジョルジオ・モロダー/ハロルド・フォルターメイヤー/キース・フォーシイ
〔出演〕シルヴェスター・スタローン/デヴィッド・メンデンホール/ロバート・ロジア/スーザン・ブレイクリー/リック・ザムウォルト
オーバー・ザ・トップ:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 放浪のコンボイ・トラッカー、リンカーン・ホーク。10年前に義父との確執で妻と子供を残し家を出ていた彼は、重病で入院した妻の願いで息子マイケルと再会、妻の元へ向った。自分を捨てた父を恨み憎んでいるマイケルの心を開き、父親としての愛情を示そうとするホークだったが、再会出来ぬまま妻は病死してしまう。母親の死という悲しい現実の前に、ようやく心を開きかけていたマイケルも義父の元へ去ってしまった。やがてホークはかねてから熱望していた世界アーム・レスリング選手権への出場を決める。愛する息子への思いをぶつけるように、全てを賭けてホークは世界の強豪たちと死闘を繰り広げる!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

炎の絆を勝ち取る日まで・・・俺の戦いは終わらない!
[キャッチコピーより]

正直、自分はシルヴェスター・スタローンを舐めていた。
それは、シルヴェスター・スタローンはアクションのみで私たちを楽しませてくれる生粋のアクションスターだと思っていたからである。
この映画を観たとき、その考えは間違いだった事に私は気が付いた。
息子との絆を取り戻そうと奮闘するリンカーン・ホークを演じる彼を観たときに、シルヴェスター・スタローンという役者は実は演技派だったんだなと素直に思えた。

映画自体は説明のいらない良くも悪くもシルヴェスター・スタローンの映画。
特別だなと感じるとすればアームレスリングを題材にした珍しい映画というくらい。腕相撲を題材に、こんな熱い映画を作るシルヴェスター・スタローンはやはり偉大ですね。

オーバー・ザ・トップ:画像1 
▲陸軍幼年学校を卒業したマイケルを迎えにきたリンカーン・ホーク。

オーバー・ザ・トップ:画像2 
▲息子に嫌われ、困った顔をするホーク。哀愁漂う表情もナイス。

物語はホークが陸軍幼年学校を卒業した12歳になるマイケルをトラックで迎えに来る場面から始まる。
病に冒された妻クリスティーナの願いで息子マイケルを迎えにきたホーク。彼女の願いでマイケルとともに病院に来てほしいというのだが、教養もなく10年もの間、疎遠だった父にマイケルはなかなかなつこうとしない。

妻の元へ急ぐ旅の途中で寄った店でアームレスリングの賭けゲームを挑まれるホーク。腕っぷしに自信のあるホークは勝負には勝利するのだが、賭けに応じた試合を平然と行う父にマイケルはまたもや反感してしまう。
それでもラスベガスで行われるアームレスリングの世界大会に出場し、優勝賞金でトラック会社を設立、親子三人で暮らしたいという夢を語る父に、マイケルは少しずつだが心の距離を縮めていくのだった・・・。

オーバー・ザ・トップ:画像3
オーバー・ザ・トップ:画像4 
▲アームレスリングを通じて徐々に心を開きつつあったマイケル・・・。

ついに二人は病院にたどり着いたのだが、治療の甲斐なくクリスティーナは亡くなってしまう。マイケルを養父ジェイソンに奪われショックのホーク。マイケルを取り戻す為、ジェイソンの屋敷にトラックごと突っ込むのだが、息子を取り戻すどころか警察に捕まり留置場に入れられてしまう・・・。

オーバー・ザ・トップ:画像5 
▲トラックで屋敷に突っ込めば、そりゃ捕まるよね。

オーバー・ザ・トップ:画像6 
▲帽子を後ろ向きにかぶったら、本気のスイッチON!!

息子を手放すことを条件に釈放されたホークは、かつてマイケルに語った夢を現実にする為、アームレスリング世界大会に参加することを決意する。世界中から集まった強敵たち。幾度となくピンチに陥るも奇蹟の逆転劇で相手を打ち負かしていくホーク。そしていよいよ決勝戦、ホークの傍らには屋敷を抜け出し応援に駆け付けたマイケルが・・・。

オーバー・ザ・トップ:画像7 
▲いざ決勝戦。相手は百戦錬磨のチャンプ!!ホークはオーバー・ザ・トップ<奇跡の逆転>を起こすことができるのか!?

この映画、忘れちゃいけないのが音楽の素晴らしさ。
なかでもIN THIS COUNTRYはスタローンが勝つラストシーンに使用される名曲中の名曲。一時はF1のテーマとして使われていた時期もありました。(セナがいた時代かな・・・?)
多分、曲の印象としてはF1のイメージが強い人が大多数だと思う(自分は映画観るまで知らなかった)。

父と息子の絆が深まっていく様子を描いただけの映画ですが、自分はこの映画が大好きですね。1987年のワースト主演男優賞にスタローンがノミネートされてしまった等、色々と駄作扱いされる本作ですが、絶対に駄作ではない。心温まる感動の傑作である。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。