スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?

ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?
ろっくまんすりー どくたーわいりーのさいご

〔ジャンル〕アクション
〔対応機種〕ファミリーコンピュータ
〔発売・開発元〕カプコン
〔発売日〕1990年9月28日
〔定価〕6,500円

ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?:タイトル

〔あらすじ〕
 前作の一件からDr.ワイリーは改心し、Dr.ライトと共に巨大ロボ「ガンマ」を作るなど平和利用のロボット開発に精を出していた。しかしある日、突如未知の惑星で平和利用ロボが暴れ出す事件が多発。事件解決のために犬型ロボ「ラッシュ」を連れ、またもロックマンが戦いに出た。しかし行く先々で謎のロボット「ブルース」が立ち塞がる。彼は一体何者なのか…。
[From wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

みんな大好きロックマンシリーズ第3弾。
前作『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』がシリーズ最高傑作の呼び声が高く、何かと駄作扱いされる悲運の作品。もちろん決して駄作などではなく、犬型サポートメカ:ラッシュや謎のキャラ:ブルースなどがレギュラーキャラとして登場したり、今や定番となったスライディングアクションの追加等、シリーズの原点であり高い完成度を誇る。
個人的意見だが、私にとっても今作が初ロックマンだった為に思い入れが深い。当時小学生だった自分は8体の基本ボス撃破で満足、その後長らく放置していた・・・。

ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?:画像1 
△基本の8体ボス。個性派揃いの難敵揃い・・・。

まずはシリーズ恒例の8体のボスとの戦い。ボスにカーソルを重ねると真ん中のロックマンの目線が動く演出が面白い。
左上から時計周りでスパークマン、スネークマン、ニードルマン、タップマン、シャドウマン、マグネットマン、ジェミニマン、ハードマン。今作はそれぞれのボスを倒した際に手に入る武器が倒していない次のボスの弱点となる基本構造に属さず、自分の武器が弱点となるイレギュラーなボスもいるのが特徴。

ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?:画像2 
△ゲームオーバーになれば問答無用で最初から・・・の地獄のワイリーステージ。

8体のボスを撃破すると、次は前作のボス8体とのリベンジ戦へ突入。
今作は元々、ロックマンシリーズ集大成(完結)となるハズだったらしく、前作ボス出演の豪華な展開へ発展。サブタイトルのDr.ワイリーの最期!? はその名残ともいわれている。

前作ボスとの懐かしい再会後、ブルースとのイベント戦闘を経て最終ボスのDr.ワイリーが待ち構えるワイリーステージへ突入。難易度激高+ゲームオーバーは最初からのストイックな戦いが始まる。

ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?:画像3 
△ワイリーステージ最後にはシリーズ恒例の8体ボスとの連続バトルも・・・。

ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?:画像4 
△ついに現れたDr.ワイリー(偽)。


[広告 ] VPS

△グダグダプレイで申し訳ないけど、何とかラスボス撃破!!小学生時代の自分に勝ちました・・・。
スポンサーサイト

忍者龍剣伝

忍者龍剣伝
にんじゃりゅうけんでん

〔ジャンル〕アクション
〔対応機種〕ファミリーコンピュータ
〔発売・開発元〕テクモ
〔発売日〕1988年12月9日
〔定価〕5,500円

忍者龍剣伝:タイトル

〔あらすじ〕
 龍の一族の末裔であるリュウ・ハヤブサは突如、謎の軍団に襲撃される。襲撃を退けてリュウは一人の女性を救うが、その女性の麻酔銃によってリュウは眠りに落ち、監禁されてしまった。目が覚めたリュウに女性は謎の像を渡し、これを持って逃げるように告げた。
[From wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★★ オススメ度:★★

お の れ 邪 鬼 王 !
[リュウの台詞より]

1988年に発売された根強い人気を誇るアクションゲーム。
開発元であるテクモが本作より先に発売したキャプテン翼に続くテクモシアター第2弾ソフト。その華麗なグラフィックとドラマチックなストーリー展開は同年代に作られたFCソフトを超越するクオリティ。
又、数多のプレイヤーを泣かせてきた情け無用の難易度の高さも魅力の一因。

忍者龍剣伝:画像1 
△ステージ間にはアイキャッチが挿入されるニクイ演出。

忍者龍剣伝:画像2 
△忍術を駆使して全6ステージを戦え!!

忍者ならではな壁張り付きや忍術を駆使して進むアクション性の高さも見逃せない。
しかしながら、開発陣の嫌味とも思える敵の配置や、一つのミスが死につながる超絶難易度が高い壁となりプレイヤーの行く手を遮る。

忍者龍剣伝:画像3 
△魅力的なステージ間演出。

ステージ間にはテクモシアターの名に違わぬ華麗なビジュアルシーンが挿入される。アニメ調に描かれたキャラクターたちが『父の仇討』というストーリーに深みを与えて、さらにドラマ性を盛り上げる。


[広告 ] VPS

△テクモシアターの真髄をとくとご覧あれ!!

この忍者龍剣伝はBGMの評価も相当高いことで有名。ステージ4途中とエンディングで流れる『鮮烈のリュウ』は根強い人気を誇る名曲。主人公のリュウ・ハヤブサが無双OROCHI 2にゲスト参戦した際にはテーマBGMとしてアレンジされて使用された。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐(A NIGHTMARE ON ELM STREET PART 2: FREDDY'S REVENGE)

危険 エルム街の悪夢2/フレディの復讐
A NIGHTMARE ON ELM STREET PART 2: FREDDY'S REVENGE

1985年
アメリカ映画
86分

〔監督〕ジャック・ショルダー
〔製作〕ロバート・シェイ〔製作総指揮〕スティーヴン・ダイナー/スタンリー・ダデルソン〔脚本〕デヴィッド・チャスキン〔撮影〕ジャック・ヘイトキン/クリストファー・タフティ〔音楽〕クリストファー・ヤング
〔出演〕マーク・パットン/キム・マイヤーズ/クルー・ギャラガー/ホープ・ラング/ロバート・イングランド/ロバート・ラスラー/マーシャル・ベル/シドニー・ウォルシュ/ブライアン・ウィマー/メリンダ・O・フィー
エルム街の悪夢2/フレディの復讐:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 女子高生ナンシーがエルム街1428番で悪魔フレディ・クルーガーと戦ってから5年、その家にウォルシュ一家が引っ越してきた。親子4人で希望に満ちた新生活がスタートするはずだったのに、長男のジェシーは夜ごと無気味な夢に悩まされていた。寝不足の頭で部屋の片付けをしていたジェシーとガールフレンド、リサは、洋服ダンスの奥に隠されていた1冊の日記帳を見つけた。“もう彼から逃げることはできない。あの悪魔を滅ぼすには戦わないと駄目。”そう書かれた日記帳は、この家の前の住人ナンシーのものであった・・・!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:

お前が必要だ
[フレディの台詞より]

どうしてこうなった・・・?観終えた方々の半数以上がこう思うであろうという黒歴史に残る作品。
前作、エルム街の悪夢(1984)のヒットを受けて製作されたであろう本作。製作側も単なる前作の焼き直しでは敵わないと思ったのか色々と新しい要素を加えてみたけど、すべてが裏目に出てしまい、その結果は想像以上の出来となった。
前作の監督ウェス・クレイヴンやナンシー役のヘザー・ランゲンカンプ、フレディ役のロバート・イングランドを含め、「最後まで観たか覚えていない。」「残念だった。」など数々の悪評コメントを残したのもめちゃくちゃ納得できる内容。

自分が微妙と思う部分、例えば・・・。

①主人公が男。少女がフレディに戦いを挑むっていう前作の胆の部分を真っ向否定。しかも冴えない。+α ヒロインがブサイク(友近似)。

②フレディの目的が主人公ジェシーの身体の乗っ取りにシフトチェンジ。現実世界に現れたらただの変態オッサンのハズが・・・、何故か様々な超常現象を巻き起こしたり、人面犬を召喚したりする。おかげで、エルム街の悪夢独自の夢の中の殺戮という要素が無くなり普通のホラー映画になってしまった。恐怖感も大幅減。

③微妙な同性愛描写。公開当時アメリカで“ゲイ映画”とも称されたらしい。主人公がナヨっとしたタイプだとか、学校のコーチがハードゲイで殺され方も手錠されて裸で尻丸出しだとか・・・。やたら男の裸描写が多い。

挙げたらキリのない程に残念な部分が多い。シリーズ最低作品の呼び声も高い失敗作の代表。
唯一パワーアップしたのは特殊メイクぐらい(しかし、前作程のインパクトは無い)。
この作品以降、エルム街の悪夢シリーズは再び方向転換を迫られる羽目になる。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像1 
▲冴えない主人公ジェシー(マーク・パットン)。映画が盛り上がらない原因①

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像2 
▲微妙なヒロイン・リサ(キム・マイヤーズ)。映画が盛り上がらない原因②

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像3 
▲縄跳び少女は継承されてて一安心。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像4 
▲コーチのマル秘な休日。ゲイバーで楽しんでます。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像5 
▲そんなコーチの死に様は尻丸出しのセクシーショット。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像6 
▲ジェシーの腹からフレディ現る!!特殊メイクはパワーアップ。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像7 
▲現実の世界に現れてご満悦のフレディ。炎をバックに決めポーズ(フレディって炎が弱点なのでは?)。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。