スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

必殺仕掛人

必殺仕掛人
ひっさつしかけにん

〔ジャンル〕時代劇
〔放送期間〕1972年9月2日~1973年4月14日(全33話)
〔監督〕深作欣二/三隅研次/松本明
〔原作〕池波正太郎(仕掛人・藤枝梅安より)〔脚本〕池上金男/國弘威雄/安倍徹郎
〔出演〕林与一/緒形拳/山村聰/中村玉緒/津坂匡章/野川由美子
〔OPナレーター〕睦五郎
必殺仕掛人:画像1
〔第1話あらすじ〕
 伊勢屋勝五郎に辰巳屋ち作事奉行・伴野河内守への仕掛けを依頼された音羽屋半右衛門は梅安に辰巳屋を狙わせるが、偶然、居合わせた辻斬りによって仕掛けは失敗する。源兵衛長屋を壊して新しい材木置場を作ろうとする辰巳屋。辰巳屋と作事奉行・伴野の癒着は露見をも恐れぬ悪行三昧。半右衛門に呼ばれた梅安が新しい仲間として紹介されたのは、あの辻斬りの西村左内だった。
 梅安は岬の千蔵の手引きで辰巳屋の妾・おぎんに接近、理由をつけておぎんの家で辰巳屋を待ち伏せる。一方、左内は半右衛門に案内され、木場の材木置場で伴野の横暴と剣の腕前を目撃する。数日後、岬の千蔵の弟分、櫓の万吉の先導により、立ち退きを迫られていた長屋の人々が騒ぎ始めた。騒ぎの中、左内と伴野の決闘が始まる。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

はらせぬ恨みをはらし
許せぬひとでなしを消す
いずれも人知れず
仕掛けて仕損じなし
人呼んで仕掛人
ただしこの稼業
江戸職業づくしにはのっていない

[OPナレーションより]

現在でも様々な分野で展開される時代劇の傑作、必殺シリーズの記念すべき第1作目。
池波正太郎の小説『仕掛人・藤枝梅安』を原作としつつ、オリジナルのキャラクターやシナリオをプラスして作られた作品。
金を貰って悪人を殺すという斬新な設定や、非情な世界に生きる仕掛人たちのやり取りが魅力的である。
また、主役がお偉いご隠居や、将軍様などではなく普通に生活する町民というのも魅力のひとつ。
仕掛けについては意見が割れることもある左内と梅安。
しかし、普段の生活やここぞという瞬間には抜群のコンビネーションを披露する2人の関係も面白い。

放送当時、お茶の間で一大ブームとなっていた木枯し紋次郎に対抗する形で放送開始されたことでも有名である。

必殺仕掛人:画像2 
△西村左内(林与一)。

元蔭山藩藩士。脱藩後に妻のお美代と子の彦次郎とともに逃げ延びていたところを音羽屋半右衛門に救われて江戸へと来る。
江戸に来た当初は“辻斬り”の病が発症、梅安に邪魔されるまでに3人を斬っていた。
果たして、その3人が斬られて当然の悪人だったかは不明だが、仕掛人となってからは許せぬ悪を斬ることに生き甲斐を見出す。
仕掛けの際には標的を前にして、「仕掛人、西村左内、お命を頂戴する」と名乗るのが特徴。
妻や子には裏の稼業は隠し、道場の師範をしていると嘘をついている。
最終話で妻に真実を打ち明けて別れを決意するも、左内とともに生きることを選んだ家族とともに江戸を去っていった。

必殺仕掛人:画像3 
△藤枝梅安(緒形拳)。

表の稼業は皆から愛される気さくで明るい鍼医者。
仕掛けで稼いだ金で、治療費を払えない患者を無料で治療することを信条としている。
仕掛けの際の得物は普段の治療で使うより太い鍼。
鍼で眉間や首筋、心臓などの急所を突き、証拠を残さずに一瞬で殺すなど腕のいい仕掛人。

仕掛けの際の黒子のような衣装は梅安演じる緒形拳の提案によるものらしい。

必殺仕掛人:画像4 
△音羽屋半右衛門(山村聰)。

生きていても仕方がない悪人でないと殺さないという信条に基づき殺しを請け負う仕掛人の元締。
表の稼業は妻のおくら(中村玉緒)とともに口入れ屋を営んでいる。
裏の稼業では掟を重んじ、偽りの依頼を決して許さない。
その信条は長きに続く必殺シリーズの基礎ともいえる部分である。
スポンサーサイト

遊星からの物体X(THE THING)

危険 遊星からの物体X
THE THING

1982年
アメリカ映画
109分

〔監督〕ジョン・カーペンター
〔製作〕デヴィッド・フォスター/ローレンス・ターマン/ラリー・フランコ〔原作〕ジョン・W・キャンベル・Jr〔脚本〕ビル・ランカスター〔撮影〕ディーン・カンディ〔特撮〕アルバート・ホイットロック〔特殊効果〕ロブ・ボッティン〔音楽〕エンニオ・モリコーネ
〔出演〕カート・ラッセル/A・ウィルフォード・ブリムリー/リチャード・ダイサート/ドナルド・モファット/T・K・カーター/デヴィッド・クレノン/キース・デヴィッド/チャールズ・ハラハン/ピーター・マローニー/リチャード・メイサー/ジョエル・ポリス/トーマス・G・ウェイツ
遊星からの物体X:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 その恐怖は一匹の“犬”から始まった。見渡す限りを氷に囲まれた白銀の大雪原を、ヘリコプターに追われて逃げる“犬”は、アメリカの南極観測基地へと辿りつく。ヘリコプターを操縦するノルウェー隊員が銃を乱射したため、アメリカ隊員はやむをえず彼を撃ち殺すが、やがて、ノルウェー隊員が異常に錯乱していた理由が明らかになる。なんと“犬”の正体は10万年前に地球に飛来したエイリアンだったのだ!接触する物を体内に取り込むエイリアンは、巧みに人間の姿に変身、吹雪に閉ざされた基地内で、隊員たちは互いに疑心暗鬼になっていく。そんな中、彼らは挙動不審なマクレディをエイリアンではないかと疑うが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★★

聞いても始まらない・・・
「そうか」と言うだけだ・・・

[マクレディの台詞より]

鬼才ジョン・カーペンターがSFホラーの古典ともいわれる「遊星よりの物体X」をリメイクしたのが本作。
南極観測基地という閉鎖された空間で“The Thing(それ)”に襲われるアメリカ隊員たちを描くSFホラー。
隊員たちの中で誰が“The Thing(それ)”なのか?
アメリカ隊員たちの中で広がる自分以外の隊員への不信感、主役のマクレディ(カート・ラッセル)さえも行動が怪しく見えてくる。
最初から最後まで途切れることなく続く緊張感。
加えてロブ・ボッティンが作り出した“The Thing(それ)”の造形の素晴らしさ。
全てが程よくマッチしていて素晴らしいの一言。
めちゃくちゃ面白いオススメな映画。

遊星からの物体X:画像1 
▲主演はカート・ラッセル。髭面が渋い。

カート・ラッセルは本作でジョン・カーペンターとのタッグ作品3作目。
同監督とのタッグ作品ではシリアスやコメディなど、様々な演技を見せてくれる名優。

主役のマクレディは物語内で狂言回し的な役回りなのだが、それ故に行動が強引で他の隊員との間に不信感を煽る。
いつしか隊員たちは、自分以外の誰が“The Thing(それ)”なのかという恐怖に追い詰められていく。

遊星からの物体X:画像2 
▲疑心暗鬼に陥る隊員たち。

遊星からの物体X:画像3 
▲語り継がれる“The Thing(それ)”の素晴らしい造形。

遊星からの物体X:画像4 
▲CG全盛期の現在でも、この特殊効果は負けていない。

もちろん“The Thing(それ)”の造形だけがこの作品の魅力では無く、
緊張感を煽る隊員たちのやり取りや、唐突に導入される特殊効果。
その絶妙なバランスこそ最大の魅力である。

遊星からの物体X:画像5 
▲天井に張り付く“The Thing(それ)”。

遊星からの物体X:画像6 
▲一度拝んだら忘れられない有名なその姿。

要塞警察(ASSAULT ON PRECINCT 13)

要塞警察
ASSAULT ON PRECINCT 13

1976年
アメリカ映画
90分

〔監督・脚本・音楽〕ジョン・カーペンター
〔製作〕J・S・カプラン〔製作総指揮〕ジョセフ・カウフマン〔撮影〕ダグラス・ナップ
〔出演〕オースティン・ストーカー/ダーウィン・ジョストン/ローリー・ジマー/マーティン・ウェスト/トニー・バートン/ナンシー・ルーミス/キム・リチャーズ/ヘンリー・ブランドン/チャールズ・サイファーズ
要塞警察:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ロス郊外アンダーソン地区で、ストリートギャングによる無差別殺人が発生。彼らに娘を殺された父親は、執念でギャングの一人を射殺し、近くの警察署に駆け込んだ。だが署は移転のため、勤務する署員はわずか・・・。仲間の報復にやってきたギャングたちは、分署の電話線と電線を切断して外界から完全に孤立させ、サイレンサーで署員や囚人を無差別に殺してゆく。臨時の署長を任されていた警部補ビショップは、収監されていた凶悪犯ナポレオンと協力し、銃弾と血しぶきが飛び交う“要塞”で、襲い来るギャングを迎え撃つ!  

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★★ オススメ度:★★★★

タバコはないか?
[ナポレオンの台詞より]

本作は鬼才ジョン・カーペンターの最高傑作との呼び声も高いバイオレンス・アクション。
警察署という閉鎖された空間で、大量に押し寄せるギャングたち・・・。
それに対して味方はわずか・・・。
物語における舞台の少なさや、低予算を逆手にとった監督の手腕が光る傑作です。

のちのスネーク・プリスキンにつながるナポレオン・ウィルソン(ダーウィン・ジョストン)のカッコ良さも見逃せないポイント。
凶悪犯でアウトローながらもイーサン・ビショップ警部補(オースティン・ストーカー)と男の友情で結ばれ、ラストの二人のやり取りに胸が熱くなる。
低予算(想像)でも脚本やキャラクターの造形がしっかりしていればここまで映画は面白い!!

要塞警察:画像1 
▲警察に復讐を誓うギャング集団『グリーン・サンダー』

要塞警察:画像2 
▲警察に仲間を殺され、仕返しとばかりに一般市民を無差別殺人のターゲットに・・・。

要塞警察:画像3 
▲幼い少女もあっさりと・・・。容赦ないのもジョン・カーペンターの魅力。

要塞警察:画像4 
▲皮肉屋だけど愛嬌のあるイーサン・ビショップ警部補。

要塞警察:画像5 
▲クールなアウトロー、ナポレオン・ウィルソン。

要塞警察:画像6 
▲ギャングからの襲撃を室内を舞う書類やガラスが割れることで演出。

ギャングがサイレンサー付拳銃で襲撃してくるのもニクイ演出。
パシュ、パシュっと乾いた銃声の中、飛び散る書類やガラスが割れることで直接的な描写だけではなく、
音で得体の知れないギャングたちの恐怖感を演出している。
味方陣営はライフルやショットガンなど、ギャングたちとは対照的な得物で戦うなどこだわりが感じられる。

要塞警察:画像7 
▲男の友情って素晴らしい!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。