スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プラネット・テラー(PLANET TERROR)

プラネット・テラー
PLANET TERROR

2007年
アメリカ映画
105分

〔監督・製作・脚本・撮影・編集〕ロバート・ロドリゲス
〔製作〕エリザベス・アヴェラン/クエンティン・タランティーノ〔製作総指揮〕サンドラ・コンディット/ボブ・ワインスタイン/ハーヴェイ・ワインスタイン〔編集〕イーサン・マニキス〔音楽〕グレーム・レヴェル
〔出演〕ローズ・マッゴーワン/フレディ・ロドリゲス/ブルース・ウィリス/ジョシュ・ブローリン/マーリー・シェルトン/ジェフ・フェイヒー/マイケル・ビーン/トム・サヴィーニ/ クエンティン・タランティーノ
プラネット・テラー:DVDジャケット
※DVDジャケットはグラインドハウス コンプリートBOX
〔あらすじ〕
 テキサスの田舎町。軍事基地で極秘裏に実験が行われていた生物化学兵器が流出・拡散、そのガスを浴びた人々が次々と凶暴なゾンビへ姿を変えていく。一方、ゴーゴーダンサーをしていたチェリーは、ゾンビ化した人間に右脚を喰いちぎられてしまう。彼女は元カレ、レイの助けを借り、木製テーブルの脚を義足代わりにして逃げ延びる。やがてチェリーは失われた脚にマシンガンを装着、次々と襲いかかるゾンビや兵士に向けて怒りの弾丸をブッ放すのだった・・・。
[From allcinema]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

弾は外さない
[エル・レイの台詞より]

B級映画監督(褒め言葉)の代表格ロバート・ロドリゲスのお家芸が存分に炸裂した傑作B級映画が本作です。
自分(ロバート・ロドリゲス)の許嫁のローズ・マッゴーワンを主役に据え、どんな自己満映画を撮影したかと思ったら、色々な意味ではっちゃけた素晴らしき映画が世に誕生しました。

物語自体はあらすじの通りのありきたりなゾンビホラーですが、映画全体に流れる独特のB級臭さが堪らなく心地良い。

例えば・・・

①登場するキャラクターの面白さ。
主人公は物語序盤でゾンビに足を食いちぎられ片足義足に・・・。最終的には義足の代わりにマシンガンを装着して弾丸をぶっ放します。
他には、序盤こそ素性不明だけど、物語後半に急に英雄と判明する主役・・・っぽい人や男性の睾丸を収集するマッドサイエンティストなど、観ていて楽しいキャラクターのオンパレード。
監督の親友であるクエンティン・タランティーノもレイパーとして映画に出演しています。

②わざと作られたB級臭さ。
チープな雰囲気を作りあげるため、フィルムの傷や劣化具合をわざと再現。
極端の残酷なシーンには大きいノイズが画面に挿入されたり、主人公のベッドシーン最中には突然「MISSING REEL(1巻紛失)」の文字が挿入されて場面が切り替わるとまったく別のシーンになっているなど、あえて細かく描写しない面白さが満載。

こういった製作者側の遊び心が好きな人、嫌いな人、両極端に別れそうな映画ですが、色々と内容に突っ込みを入れながら観るときっと面白いと思います。

プラネット・テラー:画像1 
▲強い女性はお好きですか?若干、ケツ顎気味のローズ・マッゴーワン。

映画自体は素晴らしいのだけど、俺は自分の許嫁をこんなに綺麗に撮れるぜ!!みたいな雰囲気を感じるのが少し残念。
2014年現在は婚約を解消しているみたいですが・・・。

プラネット・テラー:画像2 
▲戦う女性はお好きですか?

片足マシンガンのインパクトは絶大!!弾数は無限です。

プラネット・テラー:画像3 
▲主役・・・っぽい人ことエル・レイ(フレディ・ロドリゲス)。

主人公とのベッドシーン以降に周囲からの扱いが180°変わるエル・レイ。
演じるフレディ・ロドリゲスは有名なのかイマイチ分からない。
私が知っている他の出演作はカート・ラッセル主演のポセイドン(2006)ぐらい。
・・・確か死に役。

プラネット・テラー:画像4 
▲B級でもA級?ブルース・ウィリスも出演。

あんまり画面には出ないし、敵役なブルース・ウィリスも珍しい。
スポンサーサイト

ゾンビランド(ZOMBIELAND)

ゾンビランド
ZOMBIELAND

2009年
アメリカ映画
87分

〔監督〕ルーベン・フライシャー
〔製作〕ギャヴィン・ポローン〔脚本〕レット・リース/ポール・ワーニック〔撮影〕マイケル・ボンヴィレイン〔編集〕アラン・ボームガーテン〔音楽〕デヴィッド・サーディ
〔出演〕ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/アビゲイル・ブレスリン/エマ・ストーン/エマ・ストーン/ビル・マーレイ
ゾンビランド:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 新型ウイルスの爆発感染で人類の大半が人喰いゾンビとなってしまった世界。“生き残るための32のルール”を作り、生き延びてきた引きこもり青年のコロンバスは、最強ハンターのタラハシー、美人詐欺師姉妹ウィチタ&リトルロックと出会い、ゾンビがいないと噂される、夢の遊園地を目指して悪夢のようなサバイバルを続ける。だが、それまで他人とまともに接したことがなかったコロンバスにとって、それは初めて生きることを実感し、友情や恋を知る、かつてない楽しい冒険の日々でもあった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

RULE#32
ENJOY THE LITTLE THINGS(ささやかな物を楽しめ)

[コロンバスのルールより]

ホラー・コメディー映画は数あれど、ここまで面白い作品は自分はそうそう知りません。
その衝撃はショーン・オブ・ザ・デッド(2004)を観たときと同等か、それ以上でした。
キャストに恵まれると映画って本当に面白い作品になりますよね。
もちろん、脚本等も大事だと思いますけど・・・。

主人公のコロンバスが独自の生き残るためのルールを持ってサバイバルしていたりと目新しい部分もあるけど、
ゾンビ映画としては過激な描写は少ないし、主要メンバーは誰ひとりとして死んだりしないので物足りなさを感じる人も多いかもしれません。
さすがに地上波での放送は無理そうですけど、家族揃って楽しく観賞できる映画だと思います。

ゾンビランド:画像1 
▲冴えない引きこもり青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)。

主演はソーシャル・ネットワーク(2010)で一躍有名になったジェシー・アイゼンバーグ。
続編の噂もある本作ですが、グランド・イリュージョン (2013)での彼のイケメンっぷりを拝見する限り、もうこんなダサい役柄は無理じゃないかって感じてしまいます。
そこをどうにかするのが役者さんかも知れませんが・・・。

ゾンビランド:画像2 
▲美人詐欺姉妹の姉、ウィチタ(エマ・ストーン)。

こちらもアメイジング・スパイダーマン(2012)で有名なエマ・ストーン。
本作では黒髪にラテン系っぽい雰囲気で素敵。
恥ずかしながらグウェン・ステイシーも彼女が演じていたとは最近まで気づきませんでした。

ゾンビランド:画像3 
▲美人詐欺姉妹の妹、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)。

こちらも続編は大変なんじゃないだろうか・・・。
主に成長的な意味で。

ゾンビランド:画像4 
▲物足りないけど、ゾンビのメイクはしっかりしていると思います。

過激な描写こそ少ないけど、意外にしっかりしているゾンビは生粋のゾンビ映画好きにも好感度が高め。
唯一の難点は“走る系のゾンビ”なんだよなぁ~。

ゾンビランド:画像5 
▲本作最大の魅力はこの方、タラハシー(ウディ・ハレルソン)。

アメリカのお菓子であるトゥインキーをこよなく愛するタラハシーは、この映画最大の魅力と言っても過言ではない。
彼とリトルロックの関係はまるで親子のようで微笑ましいし、彼がゾンビを憎む理由は涙なくしては語れない。
とにかくみんなが愛する理想のダンディ。

ゾンビランド:画像6 
▲終盤のタラハシーの暴れっぷりは爽快!!

絶対にこの人は死なないわ~っていうオーラを感じる活躍。
・・・もし続編が作られたら、普通にあっさり死んだらどうしよう・・・。

帰って来たガンマン(THE HILLS RUN RED)

帰って来たガンマン
THE HILLS RUN RED

1966年
イタリア映画
90分

〔監督〕リー・W・ビーヴァー
〔製作〕エルマンド・ドナティ/ルイジ・カルペンティエリ〔製作総指揮〕ディノ・デ・ラウレンティス〔原案〕ディーン・クレイグ〔脚本〕マリオ・ピエロッティ〔撮影〕トニ・セッチ〔音楽〕レオ・ニコルス
〔出演〕トーマス・ハンター/ヘンリー・シルヴァ/ダン・デュリエ/ナンド・ガツォーロ/ニコレッタ・マキャヴェリ/ジアンナ・セラ/ロリス・ロディ/ジェフリー・コペルソン
帰って来たガンマン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 南北戦争終結間際、軍資金を強奪した二人組。追いつめられた彼らは、どちらかが囮として捕まることを決めクジ引きをする。5年後、刑期を終え帰郷した男が見たものは、愛する妻を見殺しにし、金を独り占めして成り上がったかつての相棒だった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

俺を見ろ・・・、じっくりこの顔を拝め・・・
[ジェリーの台詞より]

世間のマカロニ・ウエスタンファンからの評価はあんまり高くない本作ですが、何故か愛しく思える不思議な作品、それが『帰って来たガンマン』です。

確かに主人公のジェリー(トーマス・ハンター)は金に汚い訳でもなく、賞金稼ぎを職にしている訳でもない。敵に捕まってリンチされる事もなければ、残虐的な描写が画面に映しだされる事もありません。マカロニ・ウエスタン特有の雰囲気があまり感じられないのが人気の無さの原因かもしれません。
加えて主人公を演じるトーマス・ハンターに魅力が乏しいのもその一因と考えられます。
他のマカロニ主役俳優とは違って身体の線が細く、拳銃の扱いも微妙。しかも格闘シーンはロジャー・ムーア並ときたもんだ。
・・・顔はハンサムなんですけどもね。

帰って来たガンマン:画像1 
▲シーガル(ナンド・ガツォーロ)とジェリー(トーマス・ハンター)。

では、この映画の何処に魅力を感じるかと言うと、やはり何と言ってもストーリーがとても良いんですよ。
北軍の軍資金を奪った後に追手から逃げるため、相棒に妻や子供の事を託して自らが囮になり捕まるも5年後に刑期を終えて出てくればかつての相棒は妻を見殺しにしたばかりか軍資金を元手に大牧場主となって快適な生活をしている。そんな裏切り者のシーガルにジェリーは復讐を誓う・・・う~む、とても燃えるストーリです。

帰って来たガンマン:画像2 
▲廃墟となった自宅で妻の日記を見つけ、相棒の裏切りを知るジェリー。

帰って来たガンマン:画像3 
▲大牧場主となっていたシーガルはジェリーの出獄を知り、ジェリーを殺すべく追手を遣わす。

廃墟となった自宅でショックを受けるジェリーに迫る追手の魔の手。
銃もなく、追手2人に苦戦していたところを偶然に居合わせた?謎の助っ人ウィニー・ゲッツ(ダン・デュリエ)の助けを得て退ける。

帰って来たガンマン:画像4 
▲ワイルドさが足りなくても良いじゃない。

物語中盤では行方不明となっていた息子と再会。
息子に自分が父と名乗ることが出来ないジェリーの心の葛藤がまた良いんですよ。
イーストウッドやネロ、ジェンマではこの寂しい雰囲気は出せないと思う。やっぱりトーマス・ハンターの幸の薄さあっての作品なんですよ。

帰って来たガンマン:画像5 
▲謎の助っ人ウィニー・ゲッツ(ダン・デュリエ)。彼には秘密が・・・。

同時期の他のマカロニ・ウエスタン作品に比べるとセットも豪華で、爆薬を大量に使ったラストのアクションなど結構な予算を投入したことが分かり見応えも十分です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。