スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

REDリターンズ(RED 2)

REDリターンズ
RED 2

2013年
アメリカ映画
116分

〔監督〕ディーン・パリソット
〔製作〕ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ/ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ〔製作総指揮〕ジェイク・マイヤーズ/デヴィッド・レディ〔脚本〕ジョン・ホーバー/エリック・ホーバー〔撮影〕エンリケ・シャディアック〔編集〕ドン・ジマーマン〔音楽〕アラン・シルヴェストリ
〔出演〕ブルース・ウィリス/ジョン・マルコヴィッチ/メアリー=ルイーズ・パーカー/イ・ビョンホン/アンソニー・ホプキンス/ヘレン・ミレン/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ブライアン・コックス/ニール・マクドノー/デヴィッド・シューリス/スティーヴン・バーコフ/ティム・ピゴット=スミス/ギャリック・ヘイゴン
REDリターンズ:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 CIAが最も恐れた超一流の元スパイ・チームRED。そのリーダー的存在のフランクは、相棒のマーヴィンの命が狙われ、世界中の諜報機関が自分たちを抹殺しようとしていることを知る。フランクは自分たちの暗殺計画とともに“世界の危機”を知り動き出すが、まさにその時、世界一の殺し屋がRED軍団に迫っていた・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

俺の 飛行機は どこだ?!
[ハン・チョバイの台詞より]

前作、RED/レッド(2010)から3年、危険なオヤジたちが帰ってきました。

ちなみにREDとは・・・

Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の略である。

前作で元CIAの凄腕フランク(ブルース・ウィリス)と一般人サラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)とのドタバタ恋模様など、最低限の部分は綺麗に描き切った映画だっただけに、続編は非常に心配でしたが、見事に裏切られました。
ところどころに難は感じられるものの、失敗の多い続編(2作目)としては満足でした。

・・・何が満足かって?

新メンバーのハン(イ・ビョンホン)のツンデレっぷりですよ!!
ついでにキャサリン・ゼタ=ジョーンズをぶっちぎりで抜いてのセクシー担当も兼任!!

いつから彼は映画に出るたびに服を脱いで裸体を晒し、ツンデレるキャラになったのか?

過去にフランクとの因縁を持つ世界一の殺し屋。
彼に裏切られ(たと思っていた)、フランクに復讐することに情熱を捧げる孤高の殺し屋。
う~ん、実においしい役柄です。

REDリターンズ:画像1 
▲まずは見事な肉体を披露!!

まさにイ・ビョンホンの肉体を晒したいだけのシーンに驚愕!!
ファンが彼に何を求めているのか分かっていらっしゃる。

REDリターンズ:画像2 
▲フランクに飛行機を盗まれてキレるハン。

凄く楽しそうに機関銃を乱射!!

REDリターンズ:画像3 
▲フランクとのガチの殴り合いの末にデレるハン。

REDリターンズ:画像4 
▲しれっとREDに加わるハン。

REDリターンズ:画像5 
▲ヴィクトリア(ヘレン・ミレン)を乗せて、華麗にドライビングテクニックを披露!!

REDリターンズ:画像6 
▲若干パワーダウンのマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)とパワーアップしたサラ。

今作でマーヴィンが性格的に妙に落ち着いてしまった事が少し残念。
終始、サラとのドタバタコンビは楽しめたけど、個人的にはもっとはっちゃけてほしかったかな~。
後は黒幕にアンソニー・ホプキンスを配役した辺りがサプライズでも何でもなく、予想の範囲内だったのが残念でした。
前作と比べ、最終的には核から世界を守る、よくある普通のブルース・ウィリス主演の映画になってしまった事などが不満点。

それでもカースタントやコメディ要素はREDらしく高水準。
普通に楽しく観賞できる一本です。

イ・ビョンホンのファンは絶対に観るべし!!
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。