スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フライトナイト(FRIGHT NIGHT)

フライトナイト

FRIGHT NIGHT

1985年
アメリカ映画
107分

〔監督・脚本〕トム・ホランド
〔製作〕ハーブ・ジャッフェ〔撮影〕ジャン・キーサー〔特撮〕リチャード・エドランド〔音楽〕ブラッド・フィーデル
〔出演〕クリス・サランドン/ウィリアム・ラグズデール/ロディ・マクドウォール/アマンダ・ビアース/スティーヴン・ジェフリーズ/ジョナサン・スターク/ドロシー・フィールディング
フライトナイト:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 TVのホラー番組“フライトナイト”に目がない高校生チャーリーは、ある日、隣家に住む男たちの不審な行動を目撃する。なんと、男たちは美女の生血を吸い尽くすヴァンパイアだったのだ。誰からも本気にされず狼狽するチャーリーに、正体を知られた男たちの魔の手が迫る!恋人エイミー、親友エドに助けを求めたチャーリーは、なぜか“フライトナイト”の役者=ヴァンパイア・キラーのピーターを引き連れ、壮絶な闘いに挑む!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

夜が明けるぞ ダンドリッジ
[ピーターの台詞より]

今回紹介する映画は、80年代の傑作ホラー映画のフライトナイトです。
ハマー・フィルムで製作された吸血鬼ドラキュラ(1958)の基本的な設定を受け継ぎながらも、その舞台を現代にして、日常に突如襲いかかる恐怖という新しい試みも盛り込まれています。

あなたならどうしますか?
自宅の近所に吸血鬼が引っ越してきたら・・・

フライトナイト:画像1 
▲主人公は高校生のチャーリー(ウィリアム・ラグズデール)。関根勤じゃないよww

チャーリーは、深夜のホラー番組“フライトナイト”が大好きな普通の高校生。
ある日、恋人のエイミーと楽しい夜を過ごしていたチャーリーは、空き家だった隣家に男が2人引っ越してきたのを目撃する。
しかも、なにやら2人の男は棺のような物を家に運び入れていたのである。
そしてこの日から、チャーリーの住む町で女性をターゲットにした連続殺人事件が起き始める。

フライトナイト:画像2 
▲そんなある日、チャーリーは隣家で男が女性の首筋に牙を立てるのを目撃する。

フライトナイト:画像3 
▲なんと隣家に引っ越してきた男・ダンドリッジ(クリス・サランドン)は吸血鬼だったのだ。

ダンドリッジの正体を暴こうと、警察とともに隣家に乗り込むチャーリー。
しかし、証拠を簡単に掴める訳もなく、誰にも信じてもらえないばかりか、その夜、ダンドリッジからの報復を受けてしまう。

フライトナイト:画像4 
▲ホラー番組“フライトナイト”に出演している役者であるピーター・ヴィンセント(ロディ・マクドウォール)。

チャーリーは、ダンドリッジを倒そうとホラー番組“フライトナイト”に出演している役者であるピーター・ヴィンセントに相談するのだが、全く相手にされない。←当たり前なのだが・・・
劇中のホラー番組“フライトナイト”でヴァンパイア・ハンターを演じているからとはいえ、ただの役者であるピーターに助けを乞うチャーリーも面白いが、現在は落ちぶれた役者であったピーターが本当の吸血鬼と対峙し、かつての栄光・自信を取り戻していく様が面白い。

本作で印象的なのは十字架の存在。
なんと本作では十字架の力を信仰しなければ効果がないという事なのである。吸血鬼相手にただ見せれば効くというわけでないというのも新しい設定でとても面白い。
吸血鬼の存在を信じていないピーターが使ってもダンドリッジには効かないのだが、吸血鬼を信じ、十字架の力を信じるチャーリーがダンドリッジに対して掲げると効果を発揮するという対比がなかなかに興味深い。

物語後半、吸血鬼の存在を信じ、自信を取り戻したピーターがヴァンパイア・ハンターの姿そのままにダンドリッジを追いつめていく様がひたすらカッコイイ。 

フライトナイト:画像5 
▲作り込まれたSFXも魅力的。80年代のパワーは凄まじい!!
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。