スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バトルクリーク・ブロー(BATTLE CREEK BRAWL)

バトルクリーク・ブロー
BATTLE CREEK BRAWL

1980年
アメリカ/香港映画
96分

〔監督・脚本〕ロバート・クローズ
〔製作総指揮〕レイモンド・チョウ〔製作〕フレッド・ワイントローブ/テリー・モース・Jr〔原案〕フレッド・ワイントローブ〔撮影〕ロバート・ジェサップ〔音楽〕ラロ・シフリン
〔出演〕ジャッキー・チェン/ホセ・ファーラー/ロン・マックス/クリスティーヌ・デ・ベル/マコ/デヴィッド・S・シェイナー/H・B・ハガティ/ロザリンド・チャオ/レニー・モンタナ
バトルクリーク・ブロー:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 シカゴで食堂を経営する中国人一家の次男坊、ジェリーは、武術が得意な熱血青年。その剛腕に目をつけたマフィアの首領ドミニチは、テキサスのバトルクリークで開かれる格闘技選手権に彼をエントリーさせ、敵対するギャング組織の用心棒と闘わせようと画策する。ドミニチによって兄嫁を人質に取られたジェリーは、仕方なく選手権に出場、次々と強豪を倒していく。しかし、決勝戦の直前、叔父のハーバートが敵の一味に誘拐されてしまい・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★

アジアの闘龍、ジャッキー・チェン
ハリウッド・アクション進出第1弾!

[DVDジャケット裏より]

今回紹介する映画は、ジャッキー・チェンのハリウッド初主演作、バトルクリーク・ブローです。
本作は、全米週末興行収入成績第1位を記録するも、全体の興行成績は伸び悩み、ジャッキー・チェンの主演映画としても凡作に位置される不遇の作品で、ロー・ウェイのプロダクションからゴールデン・ハーベストに移籍したジャッキーが、第二のブルース・リーを目指してハリウッドに挑戦した意欲作でもあります。

監督は燃えよドラゴン(1973)のロバート・クローズ。製作にもフレッド・ワイントローブを据えるなど、燃えよドラゴンを意識したスタッフ陣が名を連ねる。しかし、燃えよドラゴンのような奇跡はまったく起きず、大したことのない監督による大したことのない映画として認知される結果になってしまう。
個人的には、ブルース・リーの代表作となるはずだった未完の死亡遊戯 (1978)を駄作に仕上げた戦犯にしては、微妙ながらもまともな作品に仕上げたなとという印象です。

バトルクリーク・ブロー:画像1
▲ラロ・シフリンによる口笛を使ったテーマ曲は、なかなかに爽やかで印象的な作り。

アメリカでの予告は知らないのですが、日本公開時の予告ではジャッキーの映像にブルース・リーの怪鳥音がアテられるなど奇妙な仕上がりになっていて、ココでもブルース・リーの幻影が見え隠れする。

バトルクリーク・ブロー:画像2
▲ジェリー(ジャッキー・チェン)の叔父ハーバートを演じたのは日系アメリカ人のマコ岩松。

バトルクリーク・ブロー:画像3
▲バトルクリークでの格闘技選手権出場者には、どこかで見かけたあのプロレスラーも・・・。

バトルクリーク・ブロー:画像4
▲ジェリーと優勝を争うことになる強敵ビリー・キッス(H・B・ハガティ)。

バトルクリーク・ブロー:画像5
▲倒した相手にキスをするという、よく分からない性癖を持っている。・・・ちょっと引くわ。

映画自体は、ジェリーの格闘技選手権優勝で幕を閉じるのだが、さらわれた兄嫁のその後や、余韻など通り越して唐突に終わってしまうのがなんとも消化不良気味。色々な部分が中途半端で雑に感じられるし、所詮監督がロバート・クローズだから・・・みたいな気分になってしまうのも確か。
しかしながら、よくよく考えると本作は、ハリウッドに自分を売り込むためのジャッキー自身のポートフォリオだったのではないだろうか?という考え方もアリだと思うのだ。
映画の中でのジャッキーは、他の誰よりも感情豊かに、アクロバティックな動きを見せ、まるで自分にはこんなこともできるんだとアピールしているように見受けられる。
本作の失敗の後に作られたプロテクター(1985)よりはジャッキーらしい作風に感じられるし、文化の異なる国で活躍するストーリーは、のちのハリウッド作品に通ずる部分もある。
結果的には失敗とされる作品なのだが、この映画があってこそ、今のジャッキー・チェンがあるのではないかと思えてならない。

バトルクリーク・ブロー:画像6
▲この映画こそジャッキーのハリウッド映画界での活躍の原点・・・なのかなぁ。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
個人的にはヒロインの容姿が微妙なのが残念でした。



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。