スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER)

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER

2011年
アメリカ映画
124分

〔監督〕ジョー・ジョンストン
〔製作〕ケヴィン・ファイギ〔製作総指揮〕ルイス・デスポジート/ナイジェル・ゴストゥロウ/アラン・ファイン/スタン・リー/デヴィッド・メイゼル〔脚本〕クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー〔撮影〕シェリー・ジョンソン〔音楽〕アラン・シルヴェストリ
〔出演〕クリス・エヴァンス/トミー・リー・ジョーンズ/ヒューゴ・ウィーヴィング/ヘイリー・アトウェル/セバスチャン・スタン/スタンリー・トゥッチ/トビー・ジョーンズ/ドミニク・クーパー/サミュエル・L・ジャクソン
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 1941年。ヒトラー率いるナチス・ドイツがヨーロッパを席巻していた頃、祖国アメリカを愛する青年スティーブ・ロジャースは、兵隊となって正義のために戦うことを願っていた。しかし、体が小さく虚弱な体質の彼は入隊テストをパスできず、悔しい思いを募らせていた。そんな時、謎の軍医アースキン博士から、軍の“スーパーソルジャー計画”というプロジェクトに誘われ、極秘実験の被験者第1号に志願する。みごと実験は成功し、超人的な肉体と運動能力を獲得したスティーブ。しかしその直後、博士は自分がナチ党時代に生み出したカルト集団“ヒドラ党”のスパイによって絶命、“スーパーソルジャー計画”も頓挫してしまう。その結果、戦力として貢献する道を絶たれたスティーブは、彼の意に反して単なるマスコット“キャプテン・アメリカ”として、軍のPRに駆り出されることになるのだったが…。
[From allcinema]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

I don't want to kill anyone. 「誰も殺したくない」
I don't like bullies. 「でも、悪党は嫌いです」
I don't care where they're from. 「どこ出身でも・・・」

[スティーブ・ロジャースの台詞より]

今回紹介する映画は、マーベル・コミックの中の人気ヒーローであるキャプテン・アメリカ実写映画第1作品目、キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーです。同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第5作品目となります。

アイアンマン、ハルク、ソーに次いでの登場となったキャプテン・アメリカの単独映画である本作ですが、ザ・ファースト・アベンジャーの副題が示す通り、時系列的には最初に誕生したヒーローであり、映画のラストがそのままアベンジャーズ(2012)に繋がっていく構成は実に見事。
もちろん、単品の映画としても秀逸の出来で、ヒーローの誕生、ペギーとの淡い恋、親友であるバッキーとの別れといったように一通り楽しめる要素を完備。
数あるアメコミヒーロー映画の1作目としては個人的には一番好きな作品である。

理由としては、とにかく本作はキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)の名言が多く、そのひとつひとつが彼そのものを象徴していて胸にズシリと響く。
上の方で表示した言葉こそ、キャプテン・アメリカの確固たる意志の表れであるし、本作以降のぶれない彼の姿も非常に魅力的なのである。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像1
▲物語は北極で氷漬けとなった飛行機と、その中に眠る盾が発見されたところから始まる・・・。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像2
▲最初は軟弱ボーイだったスティーブ。

別の華奢な体躯の俳優の身体に主役であるクリス・エヴァンスの顔を合成させることで表現された過去のスティーブ。
物語前半では、恵まれない体格ながらも平和を愛し、仲間を守る正義の心を宿すスティーブの姿が描かれており、超人となった姿を含めて彼の人間性が非常に丁寧に描かれている。
俳優本人の体重増減などで超人化前・後の表現がされなくて良かったと思う・・・。
きっと、某蝙蝠男さんや某蜘蛛男さんを演じた俳優並の苦労になりそうだし・・・。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像3
▲戦略科学予備軍の科学者であるアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)。

超人兵士となるための超人血清の開発者であるアースキン博士。
スティーブの強い意志に誰よりも早く気付いた偉大なる科学者。ヒドラ党の暗殺者の手によって殺害されてしまう。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像4
▲スティーブの憧れの女性、ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)。

のちにエージェント・カーターとしてTVドラマ化もされた人気キャラクターであるペギー・カーター。
彼女はスティーブにとって大切な存在だった。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像5
▲超人血清により、超人兵士となったスティーブ。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像6
▲キャプテン・アメリカは仲間たちとともに数多くのヒドラ党の基地を撃破していく。

昔ながらのアメリカンコミック内の姿そのままなマスコットキャラクターユニフォームではなく、実用的な雰囲気にデザインされた戦闘用ユニフォーム。基本的にこの形状が継続されていくのだが、続くアベンジャーズでのユニフォームは若干明るみが増して派手な印象になってしまうのが少し残念。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー:画像7
▲70年もの眠りから目覚めたスティーブを待ち受ける運命とは・・・。

宿敵であるレッドスカル(ヒューゴ・ウィーヴィング)を倒すも、。北極で氷漬けとなってしまったスティーブ。
S.H.I.E.L.D.によって発見され、長い眠りから目覚めた彼の前にニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れる。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
クリス・エヴァンスの演じた ヒューマン・トーチも何気に好きでした。


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。