スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地獄の女囚コマンド(HIRED TO KILL)

地獄の女囚コマンド
HIRED TO KILL

1990年
アメリカ映画
97分

〔監督〕ニコ・マストラキス/ピーター・レイダー
〔製作〕ニコ・マストラキス〔脚本〕ニコ・マストラキス/フレッド・C・ペリー/カーク・エリス〔撮影〕アンドレアス・ベリーズ〔音楽〕ジェリー・グラント
〔出演〕ブライアン・トンプソン/オリヴァー・リード/ジョージ・ケネディ/ホセ・フェラー/ホセ・フェラー
地獄の女囚コマンド:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 元コマンドのフランク・ライアンは、中東の独裁国家サイブラに囚われている革命派リーダー救出の依頼を引き受ける。彼は女コマンド部隊を結成し、彼女らをファッション・モデルとして入国させる計画を立てる。世界中から屈強の女囚や元殺し屋といった美女ばかり6人を集め、サイブラへの入国に成功するが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★

TVで大ヒット!
最強のセクシー女囚軍団が繰り広げる壮絶な闘いを描いたバトル・アクション!

[DVDジャケット裏より]

今回紹介する映画は、筋肉男と美女軍団が大暴れするアクション映画、地獄の女囚コマンドです。
TVで大ヒット!・・・かどうかは分かりませんが、期待せずに観ればなかなかに楽しめる娯楽作です。

中東の架空の国サイブラを舞台に、革命派のリーダーを救出するために元コマンドであるフランク・ライアン(ブライアン・トンプソン)と一癖も二癖もある美女軍団がドンパチを繰り広げるのが大まかなあらすじ。
けれどもこれがあらすじのほとんど全てなのだけど・・・。
ちょっとした裏切りや驚きこそあるが、微々たるもの。基本は筋肉、美女、爆発があれば良いのである。

地獄の女囚コマンド:画像1
▲マッチョになった本田圭佑みたいな顔のブライアン・トンプソン。

主役を演じたのはシルヴェスター・スタローン主演のコブラ(1986)で狂信的な殺人集団のリーダーを演じたブライアン・トンプソン・・・とのことなのだが、如何せんコブラの知名度自体がなんとも微妙なのでパッとしない。
フィルモグラフィーを確認しても、この人か!!と思えるような役もなし・・・。
ただ・・・、筋肉は凄いよ!!うん、筋肉は!!

地獄の女囚コマンド:画像2
▲任務遂行のためにサイブラの独裁者マイケル・バルトス(オリヴァー・リード)と接吻!!

何故かおかまのファッションデザイナーとしてサイブラに入国したフランク・ライアン。
独裁者マイケル・バルトスにおかまっぷりを怪しまれ、なんとかごまかすために苦し紛れに放った接吻とその後の彼のへこみっぷりは本作屈指の名場面である。
しかも後半に普通に正体がバレるのが気の毒だ。

地獄の女囚コマンド:画像3
▲悪には悪を・・・というワイルド7みたいな発想で選ばれた女性囚人たち。

地獄の女囚コマンド:画像4
▲フランクによる厳しい特訓により、たくましい女コマンドになるとともに・・・。

地獄の女囚コマンド:画像5
▲女性モデルを演じる練習も行なう・・・。

身体の線が細い女性ばかりだから、こっちが本業に見えたりするのは内緒だ。

地獄の女囚コマンド:画像6
▲最後には絆で結ばれた女囚コマンドたち。この面子での続編が観たかったような・・・、そうでもないような・・・。

この映画は、とにかく肩の力を抜いて観れるB級映画だけど、アクションシーンもそれなりに迫力あってなかなか楽しめる作品に仕上がっている。
お色気度は同系統っぽいピカソ・トリガーシリーズに軍配が上がるが、全体のバランスはこちらが上。

・・・まぁ、どっちもどっちなんだけど。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
我はどっちかといえばピカソ・トリガー派。


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/104-642a23a9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。