スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

七人のおたく cult seven

七人のおたく cult seven

1992年
日本映画
99分

〔監督〕山田大樹
〔製作〕村上光一〔企画〕堀口壽一/岡田裕介〔プロデューサー〕河井真也/茂庭善徳〔原作・脚本〕一色伸幸〔撮影〕藤石修〔美術〕石井巌〔編集〕阿部浩英〔音楽〕山辺義大/崎久保吉啓〔助監督〕富永憲次
〔出演〕南原清隆/内村光良/江口洋介/山口智子/益岡徹/武田真治/浅野麻衣子/中尾彬
七人のおたく:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  「君が、欲しい」「君の力を正義に役立ててみないか」「20万あげる」・・・。草むらで、コミケ会場で、秋葉原で、改造車の中で、都内至る所で勧誘活動を繰り広げる迷彩服に身を包んだ妙な男の名はミリタリーおたく星亨。星の作戦を遂行する為には仲間が必要なのだ。そして星の巧みな言葉にのってきたのが、格闘技おたくの近藤みのる、パソコンおたくの田川孝、無線おたくの水上令子、アイドル&改造車おたくの国城春夫の4人。ただ単に自分たちの“技”が発揮できると聞いて嬉しくて「作戦」=井加江島行きをOKしたのだった。しかし、島に集合してビックリ!その作戦とは、跡取り息子ほしさに母親ティナから奪い去った赤ん坊を取り返すことだった。「これは誘拐じゃないか!」非難の声をおさえ“喜一奪還計画”に乗り出したのだった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

星亨「16:13 作戦終了・・・、みんな同じ眼になった・・・」
一同「そんな眼はしてない!!」

[ラストシーンより]

今回紹介する映画は、1992年に劇場公開されたウッチャンナンチャン主演の映画、七人のおたく cult sevenです。
一時はTV等でも複数回放送されていたので憶えている方も多いのではないでしょうか?
特に、私と同じ年代の方々なら一回は観たことのある、そんな映画だと思います。

出演は、ウッチャンナンチャンの他、江口洋介、山口智子、益岡徹、武田真治、浅野麻衣子、中尾彬など豪華な顔ぶれ。
現在でもドラマや映画、バラエティなど活躍する方々ばかりです。他にも京野ことみ、杉本理恵らが本人役で出演しています。
エンディングテーマを歌っているのはバブルガム・ブラザーズ。なんか時代ですよね・・・。

物語のあらすじは簡単。誘拐された赤ん坊をおたくたちが救うだけなのですが、コメディ要素が多く盛り込まれ、誰でも楽しく観れる作品に仕上がっていると思います。
昨今の考えさせられたり、恋愛要素の傾向が強い邦画に馴れていると、逆にこの手の映画は新鮮で面白く感じますよね。
小学生の時に家族で観て楽しんだ思い出が甦ります。

七人のおたく:画像1
▲実質の主役は星亨(南原清隆)。

登場するおたくは個性派揃い。各役者陣が魅力的に演じています。

・星亨(南原清隆)ミリタリーおたく。
・近藤みのる(内村光良)格闘技おたく。
・水上令子(浅野麻衣子)無線おたく。
・国城春夫(武田真治)アイドル&車改造おたく。
・田川孝(江口洋介)Macおたく。
・湯川りさ(山口智子)レジャーおたく。
・丹波達夫(益岡徹)引退したフィギュアおたく。

七人のおたく:画像2
▲敵であるには高松一役には中尾彬。

七人のおたく:画像3
▲劇中一番の活躍するのはこのお方。

本作一番の魅力は内村光良演じる近藤みのるのアクション!!
お笑い芸人とは思えないキレキレの動きに驚愕。さすがウッチ―!!

七人のおたく:画像4
▲伝説の壁蹴りバク転。当時、憧れました。

七人のおたく:画像5
▲Macおたくの田川孝(江口洋介)と無線おたくの水上令子(浅野麻衣子)。

七人のおたく:画像6
▲レジャーおたく?の湯川りさ(山口智子)。本作のセクシー担当です。

七人のおたく:画像7
▲七色仮面のマスクで正体を隠す謎の男。その名はダン。正体はバレバレである。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
今のマッチョな武田真治なら、ひとりでも喜一を奪還できそうな気がする(サックスおたくとして)。


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/109-e403f0ff






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。