スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

死亡遊戯(GAME OF DEATH)

死亡遊戯
GAME OF DEATH

1978年
香港映画
100分

〔監督〕ロバート・クローズ
〔製作〕レイモンド・チョウ 〔脚本〕ジャン・スピアーズ 〔撮影〕ゴッドフリー・A・ゴダー
〔出演〕ブルース・リー/ギグ・ヤング/ディーン・ジャガー/コリーン・キャンプ/サモ・ハン・キンポー/アブドゥル・ジャパー
死亡遊戯:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 人気絶頂の映画スター、ビリーは、芸能・スポーツ界で裏で牛耳る国際犯罪組織のボス、ドクター・ランドから自分の傘下に入るように迫られていた。もちろんビリーは首を縦に振らず、業を煮やしたランドはビリーの恋人である歌手アンにも魔手を伸ばし始める。撮影所に潜入したランドの刺客が放った凶弾で重傷を負ったビリーは、一計を案じて自らの死を偽装。影の存在となり、復讐の機会をうかがうが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価: オススメ度:

本作の撮影途中に燃えよドラゴンの製作が決まり、未完成で放置されたフィルムを基にロバート・クローズ がブルース・リーの死後、新たなシーンをプラスさせて完成させたブルース・リーの遺作。

状況が状況だけに仕方ないが、放映当時に映画館で観ていたら「金返せ!!」と言いたくなるようなレベルの映画。

無理やり感が溢れるストーリー、多用される過去の映像、そっくりさんとは言い難い代役、バレバレな合成などすべてが失笑レベル。

それでも何とか映画として完成させたいという製作陣の気持ちが熱く伝わってきます。←ファンを釣る為か?

物語も終盤、ドクター・ランドが待ち受けるアジトにビリーが侵入したシーンあたりからブルース・リー本人の登場です。
ビリーの身体が急にマッシブになり、全身からオーラが放たれはじめます。今までのシーンは前菜で、ここからがメインディッシュです。正直、待ちくたびれました。

ここまでの雑な作りはワザとなのかも・・・。
本人出演シーンを輝かせる為の・・・。←多分、そんな事はないけど。

死亡遊戯:画像1
▲超バレバレな合成。 酷すぎるぜ!!

死亡遊戯:画像2
▲えっ…、お前は誰だ?

死亡遊戯:画像3
▲本人の出演シーンは輝きを放っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/2-e61d1449






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。