スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミッション:インポッシブル(MISSION: IMPOSSIBLE)

ミッション:インポッシブル
MISSION: IMPOSSIBLE

1996年
アメリカ映画
110分

〔監督〕ブライアン・デ・パルマ
〔製作〕トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー〔製作総指揮〕ポール・ヒッチコック〔脚本〕デヴィッド・コープ/ロバート・タウン/スティーヴン・ザイリアン〔撮影〕スティーヴン・H・ブラム〔音楽〕ダニー・エルフマン〔特殊メイク〕ロブ・ボッティン
〔出演〕トム・クルーズ/ジョン・ヴォイト/エマニュエル・ベアール/ヘンリー・ツェーニー/ジャン・レノ/ヴィング・レイムス/クリスティン・スコット・トーマス/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/インゲボルガ・ダクネイト
ミッション:インポッシブル:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 指令を受けて東欧に潜入した極秘スパイ組織IMFのエージェントたち。しかし作戦は敵側に筒抜けで、辛くも逃げ延びたイーサン・ハント以外のメンバーはほとんど殺されてしまう。何者かが自分を裏切り者に仕立て上げようとしていることを知ったイーサンは、陰謀を暴くべく新たなミッションに挑む・・・。
 
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

現在まで3作の続編が製作されたスパイ映画の記念すべき1作目。
往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」に思い入れのある人は、色々と理屈を並べて批判しただろう作品だが、まったくの別物として観ればなかなかの傑作であると思う。

変装をベリベリっと破り、印象的な曲とともに始まるOPは、いつ観てもカッコイイ。
又、冒頭の作戦失敗、仲間が全滅、生き残ったイーサンが組織の裏切り者と疑われる流れは、スピーディな展開と緊張感も併せて、非常に魅力的である。

ミッション:インポッシブル:画像1
▲ただ一人生き残り(実は違うのだが・・・)、組織に疑われるイーサン。
だからといってレストランの水槽を爆破して逃げるって・・・。

この後のアジトの螺旋階段を上から撮ったショットとか、電球を割って通路に撒く描写とか、結構細かく描写していてGOOD。この辺がブライアン・デ・パルマっぽいのかな~。

ミッション:インポッシブル:画像2
ミッション:インポッシブル:画像3
▲本作で最も有名と思われるCIA本部への潜入シーン。
メガネを伝って汗が落ちそうになるカットは本作屈指の名シーンだと思う。

ミッション:インポッシブル:画像4
▲てっきりトンネルの入り口にぶつかって、ヘリ爆散エンドかと思ったら、入ってきちゃった。
最大の見せ場、疾走する列車の上での攻防まで怒涛の展開で魅せる。

ミッション:インポッシブル:画像5
▲IMF組織内の裏切り者を暴き出したイーサン。
最初の作戦で使用したメガネがキーとなるのもニクイ演出。

続編にも言えることだが、IMFって裏切り者・・・、多くないっすか?
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/27-7c26f83a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。