スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

M:i:III(MISSION: IMPOSSIBLE III)

M:i:III
MISSION: IMPOSSIBLE III

2006年
アメリカ映画
126分

〔監督・脚本〕J・J・エイブラムス
〔製作〕トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー〔製作総指揮〕ストラットン・レオポルド〔原作〕ブルース・ゲラー〔脚本〕アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー〔撮影〕ダニエル・ミンデル〔音楽〕マイケル・ジアッキノ
〔出演〕トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス/マギー・Q/ジョナサン・リス=マイヤーズ/ミシェル・モナハン/ローレンス・フィッシュバーン/ケリー・ラッセル/ビリー・クラダップ/サイモン・ペッグ
M:i:III :DVDジャケット
〔あらすじ〕
 上官らに現場へと引き戻されたイーサンは今までで最も危険で残忍な敵、武器ブローカーのオーウェン・ディヴィアンと対峙することに。IMFチームのメンバーのサポートをうけながらイーサンは、敵に捕らえられた仲間や、妻ジュリアを救出すべくローマから上海まで、危険な旅へと飛び回るのだった。
 
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

トム・クルーズ主演のスパイ映画の3作目。
前作のロンゲチャラ男姿から、精悍な短髪姿にイメチェンしたイーサン・ハント(トム・クルーズ)。と言うより1作目に回帰したのだろうか。
又、一人の女性に一途なところも昔の彼に戻ったかのようでもある。一体、前作のヒロインは何処にいったのやら・・・。

主人公のイーサン・ハントは、現場を退き教官としての仕事をしている。あれだけの腕なのにと疑問が残るが・・・。
彼は本業を秘密にして婚約者のジュリアと幸せな生活を送っているのだが、今作のヒロインのジュリアが普通の女性なのも良いと思った。職業が看護婦というのも終盤への大事な布石である。
そんな彼の元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーが捕らえられたという知らせが届く。救出作戦に参加したイーサンは、仲間達とのチームプレイでリンジー救出を果たす。しかし、ヘリに乗って逃げる途中、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾が爆発して死亡してしまう。

前2作に比べ、チームで協力して作戦に挑む場面も増えていて、「スパイ大作戦」に近づいた印象である。
OPの始まり方も、物語ラストのシーンを最初に持ってくるなど、新たな試みにチャレンジしているのも好印象。

M:i:III :画像1
▲敵に捕らわれた状態のイーサン。ここからOPがスタートする。

M:i:III :画像2
▲毎回、楽しみにしている作戦の指令伝達方法。今回はインスタントカメラ、網膜スキャン付き。
もちろん、指令伝達5秒後に煙を吹きます。

M:i:III :画像3
M:i:III :画像4
▲見せ場は上海での高層ビルからの飛び降り。
バンジージャンプの要領で高層ビルに潜入する作戦はビル内でのアクションが省略されていて、ちょっと物足りない。
進入成功!⇒獲物を取りに行く!(詳しい描写はカット)⇒パラシュートで脱出だ!!とか・・・、残念である。
IMFの裏切り者(またか!!)であり、イーサンの上官であるマスグレイブも悪役っぷりを発揮することなくジュリアによって倒される。
怪しい感じだったけど、善人だったIMF上官のブラッセルなど、色々と納得できない部分、消化不良気味な部分はあるが、結構良作だと感じた。観て損はない。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/29-5197f114






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。