スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL

2011年
アメリカ映画
132分

〔監督〕ブラッド・バード
〔製作〕トム・クルーズ/J・J・エイブラムス/ブライアン・バーク〔製作総指揮〕ジェフリー・チャーノフ/デヴィッド・エリソン/ポール・シュウェイク/デイナ・ゴールドバーグ〔原作〕ブルース・ゲラー〔脚本〕ジョシュ・アッペルバウム/アンドレ・ネメック〔撮影〕ロバート・エルスウィット〔音楽〕マイケル・ジアッキノ
〔出演〕トム・クルーズ/ジェレミー・レナー/サイモン・ペッグ/ポーラ・パットン/ミカエル・ニクヴィスト/ウラジミール・マシコフ/ジョシュ・ホロウェイ/レア・セドゥー/サムリ・エーデルマン
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ある罪状でモスクワの刑務所に収監されていたイーサン・ハントはIMF(米国極秘諜報機関)チームの手引きで脱獄を果たし、新たな任務に就く。それは、核テロを目論むコードネーム“コバルト”という人物の情報を入手すること。そして、ロシアの中枢クレムリンへ侵入するイーサンたちだったが、突然爆破事件が発生、何者かの陰謀によってその容疑がイーサンのチームにかけられる。さらに、米国大統領は政府の関与を否定するべく“ゴースト・プロトコル”を発令、イーサンらはIMFから登録を抹消されてしまう。政府に見捨てられたイーサンたちは、孤立無援の中で事件の黒幕を追い、さらなる核によるテロを未然に防ぐという過酷なミッションの遂行を余儀なくされる。そんな中、世界一の高さを誇り、最新のセキュリティシステムで守られたドバイの超高層ビル“ブルジュ・ハリファ”で黒幕たちの取引が行われることをかぎつけたイーサンだったが…。
[From allcinema]
 
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

IMF不動のチームリーダー:イーサン・ハント(トム・クルーズ)4度目の登板である。
1作目ではギラギラした血気盛んな若者。2作目ではロン毛のチャラ男。3作目では現場を退いたベテラン・・・。
色々とキャラが定まっていないイーサンだが、今作では3作目のキャラクター性が継続している感じに見えた。なぜなら、ストーリーが前作と少しつながりがあるからである。
今作を観る前に、前作を観ておいたほうがより楽しむ事が出来るだろう。

感想としては、シリーズ最高傑作という前評判は伊達じゃなかったという印象。これまでの作品の中で一番スパイ映画らしい作品だと思った。2作目のようなイーサン・ハント無双状態ではなく、1・3作目の様なチームでの活動がより多く盛り込まれているのも見所だろうか。


物語の最初、イーサンは何故かロシアの刑務所に投獄されている。この時点では投獄の理由は不明、前作で幸せそうだった彼に一体、何が起こったのだろうか!?
ベンジー(サイモン・ペッグ)とカーター(ポーラ・パットン)により彼が救出されるシーンから本筋が始まるのだが、なんとも不安になってしまうOPである。しかし、毎度お馴染の導火線着火シーン、あのテーマが流れてくれば期待感も自然とMAXに!!


刑務所から脱出したイーサンはベンジー、カーターらとともにクレムリンに潜入し、核テロを目論むコードネーム“コバルト”という人物の資料を盗み出すと言うミッションを遂行することになる。
又、ベンジーの口からイーサンが任務外の殺人を行った事、妻ジュリアと破局したという衝撃的な内容が明かされるのだが・・・。

まぁ・・・、毎度の事ながら最初のミッションは失敗・・・。
何者かの策略によりクレムリンも爆破されてしまう。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像1

結局、この失敗のおかげで米大統領はゴースト・プロトコルを発動、IMFは事実上の解散に追い込まれる。しかし、IMF長官からの指令でクレムリン爆破の真犯人ヘンドリクス(ミカエル・ニクヴィスト)が起こそうとしている核戦争の脅威を防ぐという新たなミッションに挑むことになる。
チームは新たにブラント(ジェレミー・レナー)を仲間に加え、黒幕たちの取引が行われるというドバイを目指す事になる。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像2 
▲貨物車両に偽装されたIMFアジトに逃げ込みたいイーサンとブラント。
走り出してしまった貨物車両。その所為で網膜スキャンをなかなか実行できないイーサン。なんかカワイイ。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像3
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像4

一番の見所はこのアクションシーンだろうか。
ドバイの超高層ビル“ブルジュ・ハリファ”でのアクションシーンは命綱1本でトム・クルーズ本人が演じてるとの事。イーサンは高所からの潜入が好きだなぁと思っていたが、続編が製作される度にどんどん高くなっている。

今作は、“ブルジュ・ハリファ”でのアクションシーンが凄すぎて、ラストに向かうにつれてインパクトが下がっていく感じだったのが残念だった。まぁ、最後付近でイーサンが乗るBMW-i8はメチャクチャカッコ良かったのだけどもね・・・。

ジュリアの話がブラントの過去につながっていたり、色々な伏線になっているのは良かったかな。ラストでの序盤の投獄の理由など解明も良かったし、イーサンとジュリアの互いに微笑み合うシーンには恥ずかしながら感動した。やっぱ、イーサンは一途な男であってほしい・・・、2作目のチャラ男イーサン?そんなん知らん。黒歴史だよ。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:画像5 
▲走るトム・クルーズは姿勢が良すぎてなんか変だな~と思っていたのだが・・・
DVDレビューの際に前3作を観なおしたら、1作目からこんな走り方だった。やっぱ変だよな。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/33-334bf23a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。