スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テラー・トレイン(TERROR TRAIN)

危険 テラー・トレイン
TERROR TRAIN

1980年
カナダ映画
97分

〔監督〕ロジャー・スポティスウッド
〔製作〕ハロルド・グリーンバーグ〔脚本〕T・Y・ドレイク〔撮影〕ジョン・オルコット〔音楽〕ジョン・ミルズ・コックウェル
〔出演〕ベン・ジョンソン/ジェイミー・リー・カーティス/ハート・ボックナー/デヴィッド・カッパーフィールド/デレク・マッキノン/サンディー・カリー/ティモシー・ウェッバー/アンソニー・シャーウッド
テラー・トレイン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 卒業を間近に控えた6人の医学生たちは観光列車を借り切ってのパーティに参加。出発直前、その内の一人が仮面を被った何者かに殺される。そして列車が進む中、他の仲間も次々と違う残忍な手口で殺されていく。誰が、何の為にこの惨劇を繰り返すのか?列車はさらにスピードを上げ乗客たちを恐怖のどん底に突き落として行く。そして、この事件関わるある悲劇が浮かび上がってくるのだった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★


物語のプロローグは大晦日の夜から始まる。
医学生のドク(ハート・ボシュナー)らは内気なケニー(デレク・マッキンノン)に悪質ないたずらを仕掛けようとする。アラナ(ジェイミー・リー・カーティス)を利用して、彼に初体験させようという魂胆なのである。ケニーがベットインしようとする矢先、ベッドで横たわっていたのは解剖室から盗んできた女の死体だった。ショックのあまりケニーは精神病院行きとなってしまう。アラナは本心からでないにしろ、ケニーに対してのいたずらに加担してしまったのであった。

それから三年後の大晦日。
ドクら学生たちは大学生活最後の思いで作りのため、SL列車を借り切る大規模パーティを催す。学生それぞれが列車に乗り込む際にドクの友人エドが何者かに剣で腹を貫かれて人知れずに殺されてしまうのだった。
エドは三年前の事件の主犯の一人だったのだ・・・。


列車内という閉鎖された空間で一人、また一人と学生たちが殺されていくサスペンス的要素と過激なショックシーンを描写するホラー要素をうまくミックスした傑作です。
仮装パーティ(学生は仮面を被っている)という設定を巧みに利用して、犯人探しというサスペンスな展開に面白みを与えています。
ラストで犯人が分かってから、もう一度はじめから映画を観たくなるようなそんな作りですね・・・。
やや反則的な犯人の正体ですが・・・。正直、そんなん分かるか!!とツッコミたくなっちゃいます。

テラー・トレイン:画像1 
▲主役はハロウィンでお馴染みの“スクリーミング・クイーン”ジェイミー・リー・カーティス。
撮影当時、20代前半くらいなのだが、学生に見えない・・・。

テラー・トレイン:画像2 
▲マジシャン役でこの人も出演。
ここぞとばかりにドヤ顔でマジックを披露するデヴィッド・カッパーフィールド。
列車の車掌、整備士等を除くと学生に無関係なマジシャン。怪しさを醸し出しつつアラナに接近したりします。

テラー・トレイン:画像3 
▲次々と殺される三年前の事件の関係者たち。
殺されるのはケニーへのいたずらに関係した者のハズだが・・・。

テラー・トレイン:画像4 
▲なぜか殺されるマジシャン。
犯人に一番近い存在だった為か始末されたデヴィッド・カッパーフィールド。
三年前の事件に関係なく殺された唯一の被害者。不憫すぎて悲しくなってくる・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/37-1b6a3b6e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。