スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

少林寺への道(THE 18 BRONZE MEN)

少林寺への道
THE 18 BRONZE MEN

1981年
香港/台湾映画
95分

〔監督・製作・脚本〕ジョセフ・クオ
〔撮影〕中条申太郎〔音楽〕シュー・フーヨン
〔出演〕ティエン・ポン/カーター・ワン/チェン・ナン/シャンカン・リンフォン/イ・エン
少林寺への道:DVDジャケット
〔あらすじ〕
明朝末期。清に刃向かう明の将軍、関志遠一家が皆殺しにされ、唯一息子の少竜だけが生き残る。少林寺に預けられた幼い少龍は武術、拳法の訓練に励む。その少龍を守るために一家臣の息子である鉄君も預けられ、20年の月日が経った。少龍と鉄君の二人は厳しい修行の最後の課題となった18銅人との闘いに打ち勝ち少林寺を下山する。自身の出生を知った少龍は、鉄君、そして旅の途中で出会った少龍の許嫁である陸暁鳳とともに一族の仇となる黒鷹に立ち向かう。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

ジャッキー・チェンの少林寺木人拳も、ジェット・リーの少林寺も、おおざっぱに考えれば親の仇討物語。青年である主人公が少林寺で拳法を修行して、物語ラストで親の仇を倒す。実に燃える展開です。
やはり、映画で一番盛り上がるのはクライマックス。そして、盛り上がらなければいけないのもクライマックスの定めであると言えるでしょうか。しかし、本作では一族の仇を討つクライマックスよりも18銅人と戦う少林寺での試練の方がよっぽど面白く、盛り上がってしまう。その点ではこの映画は駄作かもしれません。

でも・・・、好きなんです。愛しているんです。
私のB級センサーにビンビンに反応するほどのB級臭さがハンパない少林寺への道。では一体、この映画のどこが魅力的なのか言葉足らずながら伝えていきたいと思います。

魅力①まずは少林寺での修行の胡散臭さ。

リュー・チャーフィー主演の少林寺三十六房では、少林寺にある各房(修行場)が胴体視力や反射神経、腕力やバランス感覚など、個々の能力を鍛える役割を持っているなど、映画を観る者を納得させる修行なのですが・・・、この作品での少林寺の修行は、大きな鐘の中に入って叩く音に耐えたり、壁や天井から矢が飛んできたり、針のついた壁が両側から迫ってきたりとかなり意味不明です。そして、この作品での修行はあからさまに修行僧を殺しにきています。殺る気満々です。

少林寺への道:画像1 
▲両側から迫る針壁。何故か逆立ち姿でこの関門をクリアする鉄君に拍手。

そして、少林寺での最終試練、“18銅人”も怪しさ爆発です。
どんなものかと思えば、銅人(金の着ぐるみを着た人間)が天井から降ってきて襲ってくるというもの。何故かロボット風な動きと殴ったときのゴーン、カーンという金属音が爆笑を誘います。さらに腹から棒による突きを繰り出したり目から飛び道具を発射する金の像など、不思議技術のオンパレードです。その最たるものが金粉を塗っただけの人間との戦いです。動力は何なのか?そもそも何者なのか?説明は一切ナシ。ただ、こんな修行が少林寺にはあるんだな~と自分に言い聞かせるしかないのです。


魅力②鉄君演じるカーター・ワンの顔芸。

何かうまく言えないけど・・・、カーター・ワンは妙に惹かれる顔なんです。
表情がオーバーとか、濃いとか、すべてひっくるめて病みつきになる顔。

少林寺への道:画像2 
▲ただ、門を開くだけなのにこの表情。もう頭から離れません。

少林寺への道:画像3 
▲金粉塗ったオッサンたちとの死闘。ハーフパンも金ピカです。
この作品での少林寺は、黒魔術や錬金術に精通しているヤバい組織に違いありません。

少林寺への道:画像4 
▲オリラジの武勇伝ネタのような動きの演舞。二人の動きが全然合ってないのはご愛嬌。

この映画の魅力は修行シーン75%、カーター・ワンの顔20%、ラストの仇討5%という感じの構成です。
一応、主人公は上の画像のロン毛(ティエン・ポン)ですが、まったく印象に残りません。幸薄そうな顔、弱そうな身体、何一つカーター・ワンには敵いません。

カーター・ワン!!カーター・ワン!!
もう、主人公はカーター・ワンでいいんだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/38-e0ab3399






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。