スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンゲリア(ZOMBIE2)

サンゲリア
ZOMBIE2

1979年
イタリア映画
91分

〔監督〕ルチオ・フルチ
〔製作〕ウーゴ・トゥッチ/ファブリッツィオ・アンジェリス〔脚本〕エリザ・ブリガンティ〔撮影〕セルジオ・サルヴァティ〔音楽〕ファビオ・フリッツィ/ジョルジュ・トゥッチ〔特殊メイク〕ジャネット・デ・ロッシ/ジョヴァンニ・コリドリ
〔出演〕イアン・マカロック/ティサ・ファロー/リチャード・ジョンソン/オルガ・カルラトス/アウレッタ・ゲイ
サンゲリア:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ニューヨーク。不審なヨットを調べていた警官が何者かに喰い殺される。事件を担当したピーターは、ヨットの持ち主がマツール島に行ったきり、奇怪な手紙を残して行方不明になっている事を知る。ピーターは謎解明のため、ヨットの持ち主の娘アンと共にマツール島へ向かう。マツール島では、死んだ人間が蘇り人を襲うという奇病が蔓延していた。島に渡ったピーターたちの前に、墓石をはねのけて全身が腐り眼球が抜けた眼窩にミミズをのたくらせたゾンビの群れが姿を現した。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★ 

誰が呼んだか虐殺マエストロ、ルチオ・フルチが監督したゾンビ映画の名作。

前年に公開されたジョージ・A・ロメロのゾンビ(DAWN OF THE DEAD) の大ヒットに便乗した感がMAXな亜流ゾンビ映画と思われがちですが、ゾンビの急所が頭ということを除けばこの二作品は全くの別物と考えたほうがいい。

ジョージ・A・ロメロのゾンビは青白い顔をしているゾンビ。ルチオ・フルチのゾンビは明らかに腐りきった臭そうなゾンビ。
ストーリー性を重視するジョージ・A・ロメロ。残酷描写ゴリ押しストーリー破綻のルチオ・フルチ。
どっちが良いのかは個人の自由だが、個人的に好きなのはジョージ・A・ロメロ。

それでも公開当時はゾンビ(DAWN OF THE DEAD)の監修ダリオ・アルジェントからルチオ・フルチにサンゲリアはパクリと抗議があったとかなかったとか・・・。

まぁ・・・、ゾンビ映画好きからしてみればそんなことはどうでもいいです。 ただ、ゾンビが人体を喰いちぎる残酷描写が観れれば御の字なのだから・・・。

イタリア映画の基本は視覚的な刺激重視。
サンゲリア:画像1
▲情熱の国、イタリアの監督フルチさん。サービスショットも忘れないね(健全な紳士に)。
これから海に潜るスーザン(アウレッタ・ゲイ)、何故その格好?その疑問は胸にしまっておこう。ちなみにTバック。 この後、海の中でサメ&ゾンビに襲われます。

イタリア映画の基本は視覚的な刺激重視。
サンゲリア:画像2
▲情熱の国、イタリアの監督フルチさん。サービスショットも忘れないね(屈折した趣向の方に)。
眼球貫く木片、喰いちぎられる喉笛、ルチオ・フルチ最高!!

サンゲリア:画像3
▲全身が腐り眼球が抜けた眼窩にミミズをのたくらせたゾンビ。確実に腐ってます。
サンゲリア:Blu-rayジャケット
[サンゲリア 製作35周年記念HDリマスター究極版ジャケット]
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/4-c3489604






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。