スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スパルタンX(WHEELS ON MEALS)

スパルタンX
WHEELS ON MEALS

1984年
香港映画
108分

〔監督〕サモ・ハン・キンポー
〔製作〕レナード・K・C・ホー〔製作総指揮〕レイモンド・チョウ〔脚本〕エドワード・タン〔撮影〕ウォン・ニョク・タイ/チェウン・イウ・ジョー〔音楽〕キース・モリソン
〔出演〕ジャッキー・チェン/ユン・ピョウ/サモ・ハン・キンポー/ローラ・フォルネル/リチャード・ウン/ポール・チャン/ペペ・サンチョ/ベニー・ユキーデ/キース・ヴィタリ
スパルタンX:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 スペイン・バルセロナ。カンフーの達人トーマスとデビッドは、ある日、怪しい男たちに追われる謎の美女シルビアを助ける。友人のヘボ探偵・モビーの手を借り、実はシルビアが伯爵の娘で、彼女の遺産を狙う伯爵の弟が一味の黒幕だと知ったトーマスたち。だが度重なる激しい襲撃に、ついにシルビアがさらわれてしまう。3人は彼女を助けるため、最強の戦闘集団と壮絶な肉弾戦を繰り広げる!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

バルセロナを舞台にしたアクション巨編。ジャッキー、ユン、サモ・ハンの3人が共演した作品はプロジェクトA、サイクロンZ、五福星、大福星、七福星など数あれど本作・スパルタンXがマイベストだろうか。
ふんだんに盛り込まれたアクションと小刻みに挿入されるコメディ部分の噛み合いは随一。観ていて飽きないし、爽快である。

ストーリー自体はTHE・香港映画というべきか、強引過ぎる話の流れは否めない。デビットの父親とシルビアの母親が精神病患者という設定は精神病院でのやり取りを含め、笑い要素の一つとして取り入れられている節があるが、全く笑えない。その所為で本作はテレビ放送が難しくなっているという噂もチラホラ。
題名にもなっているスパルタン号も活躍や出番は序盤だけで、後は移動に使用するのみ。何がスパルタンXなのだろうかよく分からないのも微妙なところである。

スパルタンX:画像1 
▲トーマス(ジャッキー・チェン)とデビッド(ユン・ピョウ)のカンフーも必見。

スパルタンX:画像2 
▲スパルタン号でのカーアクションも魅力。

スパルタンX:画像3 
▲最盛期のジャッキーのカッコ良さは随一。

ファンの間ではジャッキー・チェン最高のバトルシーンとまで言われているのがクライマックスにおけるベニー・ユキーデとの一戦である。近年のジャッキー・チェンしか知らない人は、この場面だけでも観ておく価値はある。

スパルタンX:画像4 
▲香港映画界の三銃士、ここに参上!!

しかし、ストーリーの粗を抜きにすれば、爽快なアクションを堪能できる傑作であることは間違いない。本作と前後して何度も組んでいるジャッキー、ユン、サモ・ハンの3人の最高水準なコンビネーションが観れるのも本作最大の魅力。

パラマウント・ジャパンから販売されている【Blu-ray】スパルタンXにはノーカット新録音版の日本語吹き替え搭載。石丸=ジャッキーを堪能したいなら是非。

[広告] VPS
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/40-df991fd7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。