スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

龍拳(DRAGON FIST)

龍拳
DRAGON FIST

1978年
香港映画
96分

〔監督・製作総指揮〕ロー・ウェイ
〔製作〕スー・リーホワ〔脚本〕ウォン・チュン・ピン〔撮影〕チェン・ユン・シュー〔音楽〕フランキー・チェン
〔出演〕ジャッキー・チェン/ノラ・ミヤオ/ジェームズ・ティエン/リン・インジュ/カオ・チャン
龍拳:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 道場主が武術大会に優勝し、歓びの絶頂にある唐山道場。そこへ、道場主の優勝を認めないという三段蹴りの達人が現れ、圧倒的な実力差で道場主を殺し道場の看板を叩き壊して去っていく。3年後、師匠の無念を晴らすべく修行を積んだ道場主の弟子ホーエンは、師匠の妻と娘を連れて、三段蹴りの達人の道場を目指し旅に出る。ところが、3年前の妻の自殺をきっかけに改心した三段蹴りの達人は自らの左足を切り落とし、ホーエンらに詫びを入れる。怒りの矛先を失ったホーエンは、謎の奇病に倒れた師匠夫人の薬を手に入れるため、三段蹴りの達人と対立する地元のボスの用心棒として働くことになるが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★★

2009年の新宿インシデントで自身のコメディ要素を排し、シリアスな演技で新たな魅力を見せてくれたジャッキー・チェン。その新宿インシデントから31年も昔、シリアスな演技で勝負した伝説の映画があったのをご存じだろうか。

その映画こそ、本作『龍拳』である。
ストーリーこそはカンフー映画の定番中の定番。武術家を襲う悲劇と復讐、悪党の陰謀に、救いの無い結末。しかしながら、同時期に製作された他の映画と比較すると、まとまりが良く筋の通った物語に仕上げられている。又、先にも触れた通り、ジャッキー・チェンによるコメディ要素を排したシリアスな演技も魅力の一つである。

龍拳:画像1 
▲三段蹴りの達人チュンによって道場主サンタイは殺されてしまう。

龍拳:画像2 
▲師匠の無念を晴らすべく修行を積んだ道場主の弟子ホーエン(ジャッキー・チェン)。
他の主演作品のように修行により強くなるのではなく、既に持つ高い能力でチンピラを倒すホーエン。ドタバタと身近にあるもので戦わず、軽やかに優雅に戦う・・・。素敵です!!

龍拳:画像3 
▲悪辣非道な行いを繰り返し、チュンと対立する地元のボス、ウェイ(カオ・チャン)。

ホーエンの師匠であるサンタイを殺した三段蹴りの達人チュンは妻の自殺をきっかけに改心して、自らの足を切り落としてしまっていた・・・。元々、サンタイを殺した理由は自殺した妻が昔、サンタイと恋仲だったからというお粗末なモノであったのは内緒である・・・。
怒りの行き場を失ってしまったホーエンは、謎の病に蝕まれたサンタイの妻の薬を得るためにウェイの用心棒となる。

龍拳:画像4 
▲薬を得るためとはいえ、用心棒として悪事に参加するホーエン。
ホーエンは自分の行いに悩み続ける・・・。純朴で善良な人物ゆえの彼の心の葛藤が、この映画の最大の見所である。

龍拳:画像5 
▲卑劣な罠に気付いたホーエン。彼の怒りの拳がウェイに炸裂する!!

[広告] VPS

ウェイの部下の坊主男のボコられっぷりと、ウェイに炸裂するラストの龍拳に注目!!
配給元の東映が、日本オリジナルの主題歌「Dragon Fist」をオープニングテーマやクライマックスの戦いのBGMに使用。これがまた良い曲!!

パラマウント・ジャパンから8月10日に販売予定の【Blu-ray】龍拳には主題歌挿入のTV版日本語吹き替え搭載。石丸=ジャッキーを堪能したいなら是非。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/41-5a86136e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。