スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カンフートレジャー龍虎少林拳(TREASURE HUNTERS)

カンフートレジャー龍虎少林拳
TREASURE HUNTERS

1981年
香港映画
105分

〔監督〕ラウ・カーウィン
〔製作〕ラン・ラン・ショウ〔製作総指揮〕モナ・フォン〔脚本〕バリー・ウォン
〔出演〕リュー・チャーフィ/アレクサンダー・フー・シェン/ワン・ランウェイ/チャン・チャンポン/ウィルソン・トン
カンフートレジャー龍虎少林拳:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 宝さがしのプロ、執到寶は、伝説の海賊、帳保仔の宝をさがしていた。招九積という男から、骨董店主が帳保仔の書いた手紙を持っていると聞き、招九積を相棒に、その手紙を手に入れる。法華寺という寺がクサイのだが、そうにらんで宝をねらっている者たちは、ほかにもいた。少林寺から来た高僧は、法華寺に宝などないと断言するが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

ショウブラザース製作の映画にしては珍しく、明るく楽しいノリで全編を楽しめる傑作カンフーコメディ。
ジャッキー・チェンのコメディ演技の元になったとも言われるアレクサンダー・フー・シェンのコミカルな演技に癒される一作。境遇は違えど、ジャッキー・チェンとアレクサンダー・フー・シェンは同じ時代を生きたスター同士。ブルース・リー亡き後の香港映画界を支えた両英雄・・・、そう感じさせる作品です。

物語は至ってシンプル、その名の通りのお宝探し。他のお宝探し映画と比べると規模が小さいのはご愛嬌。法華寺に隠されている張保仔の財宝の存在を嗅ぎ付けたのは、執到寶(アレクサンダー・フー・シェン)と招九積(チャン・チャンポン)の二人。財宝を手に入れるという目的のため手を組むことになる。彼らは下山してきた法華寺の高僧 無相(リュー・チャーフィ)に近づくのだが、お宝を狙っていたのは彼らだけではなく、飛燕双刀の使い手・莫沖もお宝を独り占めすべく行動を起こしていた・・・。

コメディー要素として、序盤の賭場での乱闘を始め、骨董店主とのやり取りなど見せ場が多い。またお笑いと共にメインといえるカンフーアクションは難易度の高く満足させる内容である。

カンフートレジャー龍虎少林拳:画像1 
▲主演はアレクサンダー・フー・シェン(左)。実弟のチャン・チャンポン(右)との共演作である。
70年代後半の映画撮影での大怪我によりアクション映画から遠ざかりつつあった時期の所為か、若干ふっくらしているアレクサンダー・フー・シェン。キレの良いアクションは弟に任せて、コミカルなアクションで魅せます。

カンフートレジャー龍虎少林拳:画像2 
▲少林寺の高僧役を演じさせたら天下一品のリュー・チャーフィ。

カンフートレジャー龍虎少林拳:画像3 
▲法華寺の高僧 無相ら少林僧が繰り出す五行羅漢陣!!

カンフートレジャー龍虎少林拳:画像4 
▲招九積を加えた即興の五行羅漢陣で莫沖に挑む!!
少林僧役の方々の身体能力もさることながら、そのコミカルでバラエティー豊かな攻撃が加わって、とにかく観ていて楽しい!!

カンフートレジャー龍虎少林拳:画像5 
▲莫沖も負けじと相棒との合体技で対抗。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/45-6085b4ac






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。