スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

殺し屋ハリー/華麗なる挑戦(99 AND 44/100% DEAD)

殺し屋ハリー/華麗なる挑戦
99 AND 44/100% DEAD

1974年
アメリカ映画
98分

〔監督〕ジョン・フランケンハイマー
〔製作〕ジョー・ワイザン〔脚本〕ロバート・ディロン〔撮影〕ラルフ・ウールジー〔美術〕ハーマン・ブルメンタール〔編集〕ハロルド・F・クレス 〔音楽〕ヘンリー・マンシーニ
〔出演〕リチャード・ハリス/エドモンド・オブライエン/アン・ターケル/ブラッドフォード・ディルマン/チャック・コナーズ/デヴィッド・ホール/キャサリン・ボーマン/コンスタンス・フォード/ジャニス・ヘイドン/マックス・クレヴン/トニー・ブルベイカー/ロイ・ジェンソン
殺し屋ハリー/華麗なる挑戦:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 暗黒街を牛耳る大親分アンクル・フランクは、台頭してきた若手のビッグ・エディ一派に手を焼いていた。この二大組織は血で血を洗う攻防を繰り広げシノギを削っているが、ついにエディは“爪”と呼ばれる鋼鉄の義手の用心棒マーヴィン・ザッカーマンを雇い入れた。それを知ったフランクは、旧知の仲で凄腕の殺し屋ハリー・クラウンを呼び寄せる。町に帰って来たハリーは、小学校で教師をしているバフィと久々の逢瀬を楽しむが、エディの手下は執拗にハリーの命を狙ってくる。フランク対エディ、ハリー対“爪”、はたしてこの抗争の行方は?

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

俺のガンスモークはバラの匂い!
[キャッチコピーより]

監督ジョン・フランケンハイマー、主演リチャード・ハリスで送る70年代を代表するポップ・アクションの傑作。
70年代に多造されたクール&サスペンスを売りとするアクション映画とは一線を画す、アニメーションを使用したOPや、当時の裏社会を面白可笑しく描いた冒頭の水中映像など、ユニークで観ていて面白い。又、コミカルに物語を描いた前半戦とは違い、アクションが中心となる後半戦とのギャップや、一貫して貫かれるテンポの良さなども見逃せない。

また一部の愛好家たちが熱望し続けた日本のTV洋画劇場等で流された日本語吹き替え版を搭載したDVDも2011年に発売。藤村俊二の軽快なナレーションで始まる吹き替え版の秀逸さは原語以上に映画を魅力的なものに仕上げている。

殺し屋ハリー/華麗なる挑戦:画像1 
▲冒頭の水中映像。アメリカの川底にはコンクリートの靴を履いた死体がゴロゴロしていたらしい・・・。

殺し屋ハリー/華麗なる挑戦:画像2 
▲自動車の爆破や建物の爆発など、アクションも満載。

物語の大筋は暗黒街を牛耳る2大ギャング組織の抗争劇。
今まで暗黒街を支配していたアンクル・フランク(エドモンド・オブライエン)の縄張りに若手のギャング組織のボスであるビッグ・エディ(ブラッドフォード・ディルマン)が部下と共に介入してくる。2大ギャング組織の終らない抗争は各陣営の組織力を確実に疲弊させていく。ビッグ・エディは早期の決着を望み、隻腕の殺し屋で“爪”と呼ばれる用心棒マーヴィン・ザッカーマン(チャック・コナーズ)を片腕に一気に勝負を付けようと試みる。次々と部下が殺される中、業を煮やしたアンクル・フランクは凄腕の殺し屋ハリー・クラウン(リチャード・ハリス)を呼び寄せる。

殺し屋ハリー/華麗なる挑戦:画像3 
▲凄腕の2挺拳銃の殺し屋ハリー・クラウン(リチャード・ハリス)。

凄腕の殺し屋ハリー・クラウンの相棒はグリップに“菊と薔薇”を彫刻した2挺のブローニング・ハイパワー。何となく撃ち方がヘンテコリン。実は凄い撃ち方なのかも・・・?
銃の撃ち方並にヘンテコリンなのはオーバーサイズ気味のメガネ。パーティーグッズの鼻メガネみたいで笑えるのだが、ハリーのクールさに魅せられるにつれてオシャレなメガネに見えてくる不思議。
演じるリチャード・ハリスについてはハリー・ポッターシリーズでホグワーツ魔法学校校長(1作目と2作目のみ)を演じていた老人のイメージしかなかったのだが、本作での若くてバリバリの肉体派な彼は、その見た目(主に髪型やメガネ)とは違ってなかなかカッコイイ。

殺し屋ハリー/華麗なる挑戦:画像4 
▲ハリーのライバルにマーヴィン・ザッカーマン(チャック・コナーズ)。

失った左腕に様々なアタッチメントを装着する殺し屋マーヴィン・ザッカーマン。実用性重視のマシンピストルから生活性重視のハサミやらコルク抜き・・・、はたまた女の子にプレゼントする花!?まで装着できる魔法の腕の持ち主。
ハリーのライバル的ポジションとして終始卑怯な手を使いながら暗躍するが、最後はあっさりとやられてしまう愛すべき憎まれ役。女性を人質にしたり、いたぶるのが好きな事から多分ドSだと勝手に推測。

殺し屋ハリー/華麗なる挑戦:画像5 
▲愛するバフィ(アン・ターケル)を誘拐されてハリーの怒りが爆発。

殺し屋ハリー/華麗なる挑戦:画像6 
▲敵のアジトに正面から乗り込むハリー一団。

物語の後半ではやや真面目な物語展開に・・・。
誘拐された恋人のバフィを救出すべく、ビッグ・エディのアジトがあるクリーニング工場!?に堂々と銃を片手に殴り込みをかけるハリー。工場内で銃撃戦が始まるも、工場の機械音でまったく気が付かなく仕事を続ける作業者たちなど、狙いなのか真面目なのか分からない微妙なコメディを挿入しつつ物語はラストへ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/56-e0fb187e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。