スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャッ党忍伝てやんでえ

キャッ党忍伝てやんでえ
きゃっとにんでんてやんでえ

〔ジャンル〕アクション
〔対応機種〕ファミリーコンピュータ
〔発売・開発元〕テクモ
〔発売日〕1991年7月19日
〔定価〕6,500円

キャッ党忍伝てやんでえ:タイトル

〔あらすじ〕
 アニマロイドと呼ばれる動物型ロボット人間が住む、江戸のような近代都市エドロポリス。幕府転覆を企む老中・コーン守と忍者のカラカラ一族。野望を察知した大目付・ワンコー守はネコ忍一族の精鋭を科学・・・じゃなくて、秘密忍者隊ニャンキーとして組織した。彼らは普段はピザキャットの店員として働きながら、有事にはニャンキーに変身してコーン守の野望を打ち砕くのだ!
[From wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★

タツノコプロ製作の同名テレビアニメ『キャッ党忍伝てやんでえ』をモチーフとしたアクションゲーム。主題歌である「おっとどっこい日本晴れ」が流れる嬉しい演出。ガキの頃、実際にアニメを視聴していた直撃世代としてはこれだけで感涙の良ゲーである。
しかしながら、ただのキャラゲーに収まらぬ完成度の高さはさすがテクモと称賛せずにはいられない。また、誰でもクリアできるぐらい低い難易度も魅力的。
内容はアニメをほぼ網羅。+αでオリジナルキャラやストーリーも展開。もちろんテクモならではの完成度の高いデモシーンではおミッちゃん、コーン守、各脇キャラ等が大活躍。非常に丁寧な作りで好印象。多分、製作者にアニメが大好きな人がいたに違いない!!
←おミッちゃんって誰だよ?って方は是非DVD-BOX購入を!!

キャッ党忍伝てやんでえ:画像1 
△テクモらしさ溢れるステージ間のデモシーンは見事。

キャッ党忍伝てやんでえ:画像2 
△山寺宏一さんといったら響良牙かカラ丸。そんな世代の私です♪

キャッ党忍伝てやんでえ:画像3 
△知ってる人なら知っているアニメのお約束もガッツリ再現。

キャッ党忍伝てやんでえ:画像4 
△主要3キャラ以外のお助けメンバーももちろんいます。

ゲームの基本システムや操作は同社の『忍者龍剣伝』などと同じようなものとなっており、操作性は良好。通常時に使用できる必殺技もアニメに準じている。キャラのモーションも原作を良く再現している。
プレイヤーは主人公であるヤッ太郎・スカシー・プルルンの中からキャラを選び、ステージによってお助けメンバーと入れ替わり進めていく。
お助けメンバーにはそれぞれ特殊能力があり、岩を砕けるリキノシン。土を掘れるゴットン。空を飛べるミエトル。水中戦ならネッキー。ステージにはお助けメンバーを使わないと進めないなどロックマン的な要素も。


[広告 ] VPS

△ラスボスがカラ丸っていうのも何だか熱い展開だ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/60-3ab0fedc






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。