スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グーニーズ

グーニーズ
ぐーにーず

〔ジャンル〕アクション
〔対応機種〕ファミリーコンピュータ
〔発売・開発元〕コナミ
〔発売日〕1986年2月21日
〔定価〕4,900円

グーニーズ(FC):タイトル

〔概要〕
 1985年公開・当時大ヒットした名作ハリウッド冒険映画「グーニーズ」を原作にしたアクションゲーム。内容は伝説の海賊「片目のウィリー」が残した宝の地図を発見した少年チーム「グーニーズ」が、ギャングに追われながら宝探しするというもの。
[From wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

日本でも大ヒットを記録した同名映画『グーニーズ』をモチーフにコナミから発売されたアクションゲーム。内容は主人公であるマイキーがギャングに捕まった5人の仲間と女の子1人を救出するというもの。
・・・5人?マウス、チャンク、データ、ブランドを入れたとしても・・・4人・・・。女の子はアンディなのか・・・?また映画でお馴染みのフラッテリー一家や、スロースも登場しない(エンディングにはスロースらしき影も・・・)。
設定は多くの謎を残す稚拙なものだが、ゲームの出来としてはなかなかのもの。さすがコナミ。
操作性は不満を感じること無く快適。BGMは映画のテーマであるシンディ・ローパーの主題歌(The Goonies 'R' Good Enough)が流れる豪華さ。獲得しなくてもクリアできるが獲得するとゲーム進行が楽になったり、ボーナス得点が貰える隠しアイテムの存在など、プレイヤーが楽しめる要素も盛り沢山。
難易度が低めなのも魅力的(自分は20分ほどでクリアできた)。

グーニーズ(FC):画像1 
△1ステージに1人の仲間。救出しつつ、鍵を3つ集めてステージクリア。

ステージ構成は6ステージ。マップに隠されている鍵を3つ取得し、出口の扉をくぐるとステージクリアとなる。またステージには1人の仲間がいて、全ての仲間を救出しなければ全面クリアとならない仕組み。

グーニーズ(FC):画像2 
△隠しキャラクター:スピルバーグ監督(現在は著作権の関係でコナミ監督らしい・・・)。

2面から3面への途中に出現するコナミマンは取り忘れました。

グーニーズ(FC):画像3 
△隠しキャラクター:ツインビー。

4面にて出現するビックバイパー、酔いどれタヌキは・・・、4面をワープしてすっ飛ばしたので獲得ならず(笑)。

グーニーズ(FC):画像4 
△隠しキャラクター:UFO。

グーニーズ(FC):画像5 
△最終ステージの隠しキャラクター:福太郎。画面左の女の子を助ければ全面クリアです。

かなり久しぶりにプレイしたグーニーズ。自分が小学生の頃に姉がクリアするのを横で見ていたので、思いのほか簡単にクリアできました。映画『グーニーズ』が大好きな方にはオススメの一作です(実はコナミオリジナルのグーニーズ2もありますよ)。


[広告 ] VPS
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/61-96499b99






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。