スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クレージーモンキー/笑拳(THE FEARLESS HYANA)

クレージーモンキー/笑拳
THE FEARLESS HYANA

1978年
香港映画
99分

〔監督・脚本〕ジャッキー・チェン
〔製作〕スー・リーホワ
〔出演〕ジャッキー・チェン/イエン・シー・クアン/ジェームズ・ティエン/チェン・ウィ/ディーン・セキ
クレージーモンキー/笑拳:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 非道な武術家、ヤムに反逆者の汚名を着せられ逃亡した行意門派のチェン。彼は、山で隠遁生活を送りながら、一緒に暮らす孫のロンに密かに拳法を教えていた。何も知らない甘えっ子のロンは、人前でカンフーを見せるなというチェンの教えもどこ吹く風。うさんくさい道場に師匠として雇われ、「行意門」の看板を掲げる。やがて、それはヤムの一味の知るところとなり、彼らはチェンの居場所を突き止める。そして、ヤムに強襲されたチェンはロンの目の前で命を落としてしまう。復讐に燃えるロンだったが、突然現れたチェンのかつての弟子、“8本足の麒麟”に諫められ、ヤムに打ち勝つ力を会得すべく、彼の下で厳しい特訓を開始する。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

史上ボウ然!?世界一の珍V拳!
笑い殺されぬようご用心!!

[キャッチコピーより]

映画ブログ開設当初からTOP画像を作成していたのにも関わらず、紹介せずにずっと放置していた記念すべきジャッキー・チェン初監督クレジット作品。
私自身、もう好きで好きで好き過ぎてレビューをずっと敬遠していた映画でもある本作。
何が好きかって世のジャッキー好き野郎共の憧れのジャッキー映画史上最もたくましい体つきとか、日本公開にあたって配給元の東映がオリジナルで挿入させたDrスープが唄う主題歌「クレージーモンキー」、挿入歌「モンキーマン」の素晴らしさとか数え出したらキリがない。

物語の内容こそ、古き良き日の仇討カンフー映画だが、ところどころに挿入される笑いの要素がブルース・リーの死からの脱却を図る新時代のカンフー映画の幕開けを感じさせる。

クレージーモンキー/笑拳:画像1 
▲意外にイケる?ジャッキーの女装姿。

髭をつけた怪しいオッサンに扮したり、女装姿を披露したりと大忙しなジャッキー。

クレージーモンキー/笑拳:画像2 
▲鉄の爪ことヤムに殺されるチェンを演ずるはジェームズ・ティエン。

コメディシーンばかりではなく、後半には過剰な程のシリアスシーンも・・・。
劇中でロンが習う笑拳よろしく、物語も喜怒哀楽バラエティに富んでいるのに違いない・・・?

クレージーモンキー/笑拳:画像3 
▲鉄の爪ことヤム。必殺技は喉潰し!!

クレージーモンキー/笑拳:画像4 
▲ジャッキー好き御用達の名修行シーン。

木に吊されたロンが腹筋を鍛える特訓シーンに挿入されるのが挿入歌「モンキーマン」、一度聴いたら耳から離れない名曲!!映画の音楽って本当に大事ですね。

クレージーモンキー/笑拳:画像5 
▲砂袋を引っ張る修行で披露する驚愕の肉体。

90年代~のジャッキーの肉体しか知らない人にこそ観てほしい全盛期のジャッキー。
初見のときは私も正直、この筋肉隆々なジャッキー・チェンにびっくりした。

クレージーモンキー/笑拳:画像6 
▲様々なメディアで使われるラストバトルでの一コマ。

ファンなら一度は真似したことがあるに違いない笑拳ポーズ。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/64-93bfff91






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。