スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生(NIGHT OF THE LIVING DEAD)

危険 ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生
NIGHT OF THE LIVING DEAD

1968年
アメリカ映画
96分

〔監督・原案・撮影〕ジョージ・A・ロメロ
〔製作〕ラッセル・ストライナー/カール・ハードマン〔脚本〕ジョン・A・ルッソ
〔出演〕ジュディス・オディア/デュアン・ジョーンズ/カール・ハードマン/キース・ウェイン/ジュディス・リドリー/マリリン・イーストマン
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 父の墓参りの途中、バーバラと兄のジョニーはゾンビに襲われる。兄はゾンビによって殺され、恐怖と悲しみの中バーバラは近くの民家に立てこもる。民家には黒人青年のベンのほか、若いカップル、中年夫婦と大怪我を負ったその娘が集まってくるが、外部との連絡が取れない中、周囲は生ける屍の群れに取り囲まれていた。バーバラたちはテレビを通して、甦った死者たちが人間を襲って食い殺していることを知り、なんとか脱出を試みる。
[From Wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★

奴らがやってくるぞ バーバラ
[ジョニーの台詞より]

They're coming to get you, Barbara.【奴らがやってくるぞ。バーバラ。】
主要登場人物のバーバラ(ジュディス・オディア)の兄であるジョニーのこの台詞が久しぶりに聞きたくてDVDを観直しました。何となく耳から離れない台詞なんですよね・・・。

ゾンビ映画界の長老ジョージ・A・ロメロによる最初のゾンビ映画。
この映画が無ければこの世にゾンビ映画なんてジャンルは存在しなかった(大げさですが・・・)と言っても過言ではないゾンビ映画界における記念碑的作品。
続く次作ゾンビ(1978)、死霊のえじき(1985)と合わせてロメロのゾンビ映画初期三部作とも呼ばれていますね。

本編はモノクロ16mmフィルムで撮影されていることもあり、現在となってはチープに思えるゴア描写をモノクロ映像でうまく補っている印象。孤立する登場人物に押し寄せるゾンビの群れ、絶望感が溢れるラストなど救いようのない感じが独特の恐怖感を演出している。加えてロメロによる巧みな登場人物の心理描写が冴える。閉鎖的な空間に閉じ込められた人々は疲弊し、徐々に精神的にも追い詰められていく・・・。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:画像1 
▲ロメロによるゾンビ映画における最初のゾンビ(ビル・ハインツマン)。

物語序盤の墓場に登場するゾンビを演ずるはビル・ハインツマン。この役で調子に乗って自分でゾンビ映画なんかも撮影してしまった痛い人。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:画像2 
▲ワラワラと押し寄せるゾンビ。

個人的なお気に入りはDVDジャケット左上の裸の姉ちゃんゾンビだ。何故に裸?どんな死に方したの?尻がGOODなどと魅力的(どうでもいいですが・・・)。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:画像3 
▲食事中のゾンビ。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生:画像4 
▲ついにはジョニーがゾンビとなってバーバラに襲いかかる!!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/65-ca989b15






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。