スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暁の用心棒(ONE DOLLAR IN THE TEETH)

暁の用心棒
ONE DOLLAR IN THE TEETH

1966年
イタリア映画
87分

〔監督〕ヴァンス・ルイス
〔製作〕カルロ・インファスチェリ〔脚本〕ジュゼッペ・マンジョーネ/ウォーレン・ガーフィールド〔撮影〕マルチェロ・マシオッキ〔音楽〕ベネデット・ギリア
〔出演〕トニー・アンソニー/フランク・ウォルフ/ジア・サンドリ/ヨランダ・モディオ/ラフ・バルダサーレ/ラース・ブロック
暁の用心棒:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ゴーストタウンに“よそ者”がやって来る。国境に近いその寒村では、不穏な陰謀が進行していた。合衆国政府がメキシコへ輸送する金の中継地点と知った山賊一味が、横取りを企んでいたのだ。“よそ者”の協力でまんまと金を手にした一味は、約束の分け前を渡すどころか彼を殺そうとする。“よそ者”は隙を見て金貨を奪い、逃走するが・・・・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

俺はフェアな男だ
[よそ者の台詞より]

この映画は主役の“よそ者”を演じるトニー・アンソニーにとって記念すべきマカロニ・ウエスタン初主演作。
マカロニ初心者の私にとってトニー・アンソニーの他の主演作は盲目ガンマン(1971)ぐらいしか知らないのですが、他のマカロニ・ウエスタン映画の主演俳優には無い独特なカッコ良さ、可愛さがあって凄く好きなんです。

映画の物語自体はマカロニ映画にありがちな金目当てに主人公が悪戦苦闘する話(笑)。
山賊の一味に協力しつつ、隙あらばお金を独り占めしようと企み、結局は敵に見つかりボコられ、最期には復讐する・・・。幾度となく観てきたマカロニ的オーソドックスな展開ながら、必要の無い台詞を排し、テンポ良く進むストーリーはとても魅力的に感じられます。

暁の用心棒:画像1 
▲物語冒頭、何故か合衆国政府の制服を都合良く持っていた“よそ者”。

メキシコ政府軍を皆殺しにして、合衆国政府がメキシコへ輸送する金を奪おうとするアギラ(フランク・ウォルフ)に協力してまんまと金をアメリカ政府から騙し取る“よそ者”。

暁の用心棒:画像2 
▲ショットガンを得物に戦う“よそ者”。

“よそ者”は物語序盤こそ腰に下げたコルトを使用したりするけど、後半は未亡人のチーカ(ヨランダ・モディオ)から渡されたショットガンでアギラの一味と壮絶な戦いに挑む。
ショットガンを得物に戦うマカロニ主人公ってとても珍しいですが、カッコ良ければそれで良し。

暁の用心棒:画像3 
▲至近距離でのショットガンは強力ですよね。

振り向きざまに発砲するアクションのカッコ良さもさることながら、アギラの一味を一人ずつ倒すごとに流れる、テーマ曲が何となく殺しを稼業とする某時代劇風味でナイス。歩数を計る、床下に潜んで隙を窺うなど数々の殺しのテクニックが丁寧に描かれているのも好印象。

暁の用心棒:画像4 
▲未亡人チーカ(ヨランダ・モディオ)。う~ん、美しい!!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/68-215c2ebe






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。