スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続・荒野の用心棒(DJANGO)

続・荒野の用心棒
DJANGO

1966年
イタリア/スペイン映画
92分

〔監督〕セルジオ・コルブッチ
〔脚本〕フランコ・ロゼッティ/ホセ・G・マエッソ/ピエロ・ヴィヴァレッリ〔撮影〕アンジェロ・ノビ〔音楽〕ルイス・エンリケス・バカロフ
〔出演〕フランコ・ネロ/ロレダナ・ヌシアック/ホセ・ボダロ/アンジェル・アルバレス/エドゥアルド・ファヤルド/ジーノ・ペルーチ
続・荒野の用心棒:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 メキシコとの国境で男たちになぶり殺しにされようとしていた女マリアを、棺桶をひきずって現れたガンマン、ジャンゴが目にも止まらぬ早撃ちで救出。村ではジャクソン少佐率いる元南軍の荒くれどもと、ウーゴ将軍のメキシコ反乱軍とがしのぎを削っていた。ジャクソンの子分たちを棺桶に隠していたブツで一気に掃討し、ウーゴらと共に政府軍の黄金強奪を決行するジャンゴ。ウーゴを出し抜いて黄金を独り占めにし、新たな人生を歩もうとしたが・・・!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★★

ジャンゴって奴さ
[ジャンゴの台詞より]

奴は雨が降りしきる荒野を棺桶を引きずりながら歩いている。野性味溢れる髭面に、深々と被ったハット。黒いインバネスコートに泥だらけのブーツ。丘の上に立つその姿はまるで死神のようである。
荒野の用心棒(1964)で創造されたマカロニ・ウエスタンのアウトロー像を一蹴するが如く突如現れたその男の名はジャンゴ。

続・荒野の用心棒:画像1 
▲棺桶を引きずりジャンゴ登場!!

初っ端の異様なOPの雰囲気に度肝を抜かれてしまいますが、この続・荒野の用心棒はマカロニ・ウエスタンの魅力がぎっしりと詰まった傑作です。
派手なアクション、キツイ残酷描写など、しっかりとお約束を押さえた荒野の用心棒(1964)と並ぶマカロニ・ウエスタンの教科書的な映画なので、これからマカロニ・ウエスタンを観たいという初心者の方々にもオススメです。

続・荒野の用心棒:画像2 
▲主演はこの人、フランコ・ネロ。20代半ばでこの貫禄!!

続・荒野の用心棒:画像3 
▲酒場でのいざこざからジャンゴに押し寄せるジャクソン少佐の40人の手下たち。

続・荒野の用心棒:画像4 
▲棺桶から取り出したジャンゴ・マシンガンで一掃。

この映画で一番有名なのはジャクソン少佐の手下を機関銃で蹴散らすこのシーン。
棺桶から取り出す設定もさることながら、構造がよく分からない最強の必殺兵器ジャンゴ・マシンガンのインパクトは絶大。ここは細かい事を気にせず楽しみましょう!!

続・荒野の用心棒:画像5 
▲もちろん残酷描写も抜かりはない。衝撃の耳削ぎシーン。

続・荒野の用心棒:画像6 
▲マカロニ主人公が勝利へ向けてはい上がる為の最低条件・・・、それはリンチだ!!

旧友であるメキシコ反乱軍のウーゴ将軍らとともにメキシコ政府軍から金塊を強奪したジャンゴ。
ウーゴ将軍が金塊を山分けする約束を守る気がないと知ったジャンゴは金塊を棺桶に詰めマリアと逃げるのだが、ウーゴ将軍に捕まり両手を潰されてしまう。
結局ウーゴ将軍もジャクソン少佐とメキシコ政府軍に待ち伏せされて皆殺しに・・・。

続・荒野の用心棒:画像7 
▲満身創痍、銃を持てない手でジャクソン少佐に挑むジャンゴ。

自分を助けようとして重症を負ったマリアと新たな人生を歩む為、かつてジャクソンに殺された恋人の為、ジャンゴはジャクソン少佐との最後の戦いに挑む。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/69-2d66ce6d






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。