スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皆殺しの用心棒(ONE AFTER THE OTHER)

皆殺しの用心棒
ONE AFTER THE OTHER

1969年
イタリア映画
93分

〔監督〕ニック・ハワード
〔脚本〕ジョヴァンニ・シモネッリ/ニック・ノストロ/マリアノ・デ・ローペ/カルロス・エミリオ・ロドリゲス〔撮影〕マリオ・パチェコ〔音楽〕フレッド・ボングスト/ベルト・ピサーノ
〔出演〕リチャード・ハリソン/パメラ・トゥーダー/ポール・スティーヴンス/ホセ・ボダロ/ホセ・マルティン・ペレス/ヨランダ・モディオ
皆殺しの用心棒:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 山賊一味が銀行を急襲、大金が略奪される。その際に一人の銀行員が抵抗し、射殺された。数日後、正体不明のガンマンが町にやって来る。男の名はスタン。近視で眼鏡を外すと何も見えないが、腕っ節は滅法強い。スタンは殺された銀行家が親友だったと告白、強奪事件の捜査を開始する。慌てたのは銀行家のジェファーソン。実は彼が事件の黒幕だったのだ。スタンは山賊の首領から証言を引き出すが、ジェファーソンの手下に捕まって凄絶なリンチを受ける。眼鏡を奪われ、絶体絶命のその時・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

スタン 見逃してくれ!
[グレンの台詞より]

マカロニ・ウエスタン映画初?インテリガンマンが主役の異色作。
夕陽のガンマン(1967)のモーティマー大佐と双璧を成すようなインバネスコートにオシャレなベスト。銀縁の眼鏡をかけて登場するインテリ男のスタン(リチャード・ハリソン)。
コートの裏にはスペアの眼鏡。マカロニ・ウエスタンの主役特有のムサッ苦しさは微塵も感じられず、戦う男のトレードマークである髭さえも見当たらない。まるでその辺のサラリーマン並みの身だしなみ。
だが・・・、彼が異色なのはそれだけの理由だけではない・・・。

皆殺しの用心棒:画像1 
▲とてもマカロニ・ウエスタンの主役とは思えない?

皆殺しの用心棒:画像2 
▲コートの下にはスペアの眼鏡がズラリ。

キザで腕っぷしが強く、顔も一応はハンサム風味。
ここまでの表現だとただのカッコ良い男なのだが、彼にはそのカッコ良さを打ち消す大きなマイナス面があった。

スタンは酷く陰湿な性格なのだ。

この映画、物語は非常にスタンダードなもの(マカロニ・ウエスタン的には)で敵対する組織の間で主役が暗躍⇒捕まってリンチ⇒復讐という感じの流れなのだが、その復讐方法が極めて陰湿。
一人、また一人と怯えさせて復讐していく様はまるで悪魔。

皆殺しの用心棒:画像3 
▲①復讐相手に棺を届け、怯えさせてから物陰から狙撃。

皆殺しの用心棒:画像4 
▲②敵の手下にダイナマイトをくくりつけて・・・。

皆殺しの用心棒:画像5 
▲遠くから狙撃して爆殺!!歪んだ性格の主人公。

皆殺しの用心棒:画像6 
▲遂には敵の親玉ジェファーソン&側近グレンも怯えて仲間割れ。

残念なポイントとしたら敵が全体的に小物だという事と、ガンプレイが少ない事ぐらい。
それ以外は登場人物は魅力的だし、出てくる女性は綺麗な人が多いなど、マカロニ・ウエスタンとしてはかなり上質な映画であることは間違いない。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/71-94887f30






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。