スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クロウ/飛翔伝説(THE CROW)

クロウ/飛翔伝説
THE CROW

1994年
アメリカ映画
102分

〔監督〕アレックス・プロヤス
〔製作〕エドワード・R・プレスマン/ジェフ・モスト〔製作総指揮〕ロバート・L・ローゼン/シャーマン・L・ボールドウィン〔原作〕ジェームズ・オバー〔脚本〕デヴィッド・J・スコウ/ジョン・シャーリー〔撮影〕ダリウス・ウォルスキー〔音楽〕グレーム・レヴェル
〔出演〕ブランドン・リー/アーニー・ハドソン/マイケル・ウィンコット/デヴィッド・パトリック・ケリー/エンジェル・デヴィッド/ロシェル・デイヴィス/バイ・リン/アンナ・トムソン/マイケル・マッシー/ローレンス・メイソン
クロウ/飛翔伝説:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 歓楽に耽り荒廃した近未来都市デトロイト。この街では近年、ハロウィン前日である10月30日夜は「悪魔の夜」と呼ばれ、無法者たちが暴れまわり破壊と暴虐の限りを尽くしていた。とある年の「悪魔の夜」、結婚式を翌日に控えていたロック・ミュージシャンのエリックと婚約者シェリーは、ティンティン、ファンボーイ、Tバード、スカンクという四人の無法者たちの手によって暴行の末に惨殺された。だがその一年後にエリックは、死の国の使者であるカラスの神秘の力を得て、不死身の復讐者として冥界から甦ってきたのだった。無法者の下っ端ティンティンをその復讐の手始めにしたエリックは、奪われた自分たちの婚約指輪を取り返し、警察の無力さに心を痛めていた事件担当警官アルブレヒトに、自分の目的を宣言する。そして生前の友人でもあった少女サラと再会し、彼女の母ダーラを無法者たちが街に蔓延させていた悪徳から救い出しながら、ファンボーイ、Tバードを処刑する。しかしエリックが無法者たちの組織を探るうちに、やがてその悪の首魁トップ・ダラーは自分たちへの復讐者の存在に気付いてしまう。トップ・ダラーは残るスカンクを餌に、逆襲に転じはじめた。エリックは、自分が行っている復讐の余波に悩みながらも、それを迎え撃つのだった。
[From wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

晴れる日もある
[エリックの台詞より]

ジェームズ・オバーによるコミックを原作に映画化された作品。
ただのアメコミ映画という訳ではなく、ホラーのエッセンスを上手く取り入れ、色彩や構図にこだわって撮影された映像は芸術的で魅力に満ち溢れている。

主演はブルース・リーの息子であるブランドン・リー。
数本の映画に出演ののちに本作の主役エリック役に抜擢。これからの活躍が期待される中、本作撮影中の有り得ない事故(撮影用のプロップガンから実弾が発射され腹部に命中)により帰らぬ人となった。
既にブランドン・リーの出演シーンはほとんど撮影済みだったらしく、残りのシーンは未使用テイクやCGを使用して完成された。

クロウ/飛翔伝説:画像1 
▲恋人シェリーを暴行された挙句、自らも殺されてしまったエリック。

クロウ/飛翔伝説:画像2 
▲2人を殺害した犯人はティンティン、ファンボーイ、Tバード、スカンクの4人。

揃いも揃ってゲスで救い様の無い悪者な所がポイント高い。1人、また1人とエリックに復讐される様は観ていて爽快。

クロウ/飛翔伝説:画像3 
▲エリックは黒装束と道化の化粧を身にまとった不死身の復讐者へと変貌。

エリックは死者の魂を霊界へと誘うと言われるクロウ(カラス)に導かれ、自分と恋人の未来を奪った奴らに復讐すべくこの世に舞い戻ってくる。

クロウ/飛翔伝説:画像4 
▲上記小物4人の他、ならず者たちを従える裏社会のトップはトップ・ダラー。

実はエリックとシェリーの殺害を命じたのはトップ・ダラーだと終盤で判明。
不死の源である相棒のカラスを撃たれ、不死の力を失ったエリックは絶対絶命の中、最後の戦いに挑んでゆく。

クロウ/飛翔伝説:画像5 
▲エンドロール前の『ブランドンとエリザに捧げる』のテロップ。

クランク・アップの翌月にエリザ・ハットンとの結婚を控えていたブランドン・リーへの追悼の一文。
映画の内容やエリックとシェリーの運命とリンクして切ない気分になってしまいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/72-dc3cf7c4






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。