スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大西部無頼列伝(ADIOS, SABATA)

大西部無頼列伝
ADIOS, SABATA

1971年
イタリア映画
106分

〔監督・脚本〕フランク・クレイマー
〔製作〕アルベルト・グリマルディ〔脚本〕レナート・イッツォ〔撮影〕サンドロ・マンコーリ〔音楽〕ブルーノ・ニコライ
〔出演〕ユル・ブリンナー/ディーン・リード/ジェラルド・ハーター/サル・ボージェス/ペドロ・サンチェス/フランコ・ファンタシア/ジョセフ・P・ペルスアド/サルヴァトーレ・ビラ
大西部無頼列伝:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 19世紀、独立戦争に突入したメキシコ。革命軍はエスクドにオーストリア軍の金を奪うよう命じる。部下は“死のフラメンコ”を踊るギターノ、足技で弾を放つセプテンブレ、そして助っ人は全身黒づくめのガンマン、その名も“サバタ”!キザな芸術家バランタインの情報を得て、オーストリア軍の砂金を奪うが、袋の中身はただの砂。オーストリア軍の狡猾なスキメル大佐が金を隠匿していたのだった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

ひどいよ・・・ こんな仕打ちってあるか? 俺は味方だぞ・・・
[バランタインの台詞より]

西部悪人伝(1970)から続くサバタシリーズ2作目が本作、大西部無頼列伝です。
今作でサバタを演じるのは1作目や3作目の西部決闘史(1972)でサバタを演じたリー・ヴァン・クリーフではなく、本作ではユル・ブリンナーが担当した。呼び名もサバタからインディオ・ブラックへと変更。
他2作とは時代背景が違う為、キャラクターとしてのサバタも若干変化。
ピアノを弾いたり、孤児を引き取る教会に寄付金を送る等、クールでキザな男となった。
・・・もはや、リー・ヴァン・クリーフのサバタとは別人である。きっとサバタは襲名制なんだね。

大西部無頼列伝:画像1 
▲黒い錦野旦のような服装で颯爽登場のインディオ・ブラック(ユル・ブリンナー)。

大西部無頼列伝:画像2 
▲インディオ・ブラック専用カスタム銃“ガンズ・バイブル”。

サバタシリーズ恒例の秘密兵器。
今作で主役のインディオ・ブラックが使用するのがウインチェスターを改造して作られたガンズ・バイブル。
銃の側面から箱型弾倉を差し込む形式の連射可能なライフル。
何故か一番外側の弾倉には葉巻が差し込まれていて、一仕事を終えたときにインディオ・ブラックはソレを吸う。

大西部無頼列伝:画像3 
▲詐欺師?芸術家?謎のお調子者のバランタイン(ディーン・リード)。

今作でも個性派揃いの珍道中は健在。
インディオ・ブラックに金儲けの話を持ちかけ、隙あらば出し抜こうとするバランタイン。名優 野沢那智さんによる軽妙な吹き替えも注目です。
その他、サバタシリーズ皆勤賞のペドロ・サンチェス演じるエスクドや、エスクドの部下で鉄球を足で蹴って放つキック・ガンを得意とするセプテンブレ(サル・ボージェス)。殺す相手に対して死のフラメンコを踊るギターノ(ジョセフ・P・ペルスアド)などいずれも怪しい人物大安売り。
悪党であるオーストリア軍のスキメル大佐が一番の無個性というのが残念である。

大西部無頼列伝:画像4 
▲殺すターゲットには“死のフラメンコ”を!!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/77-550b7a3d






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。