スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

要塞警察(ASSAULT ON PRECINCT 13)

要塞警察
ASSAULT ON PRECINCT 13

1976年
アメリカ映画
90分

〔監督・脚本・音楽〕ジョン・カーペンター
〔製作〕J・S・カプラン〔製作総指揮〕ジョセフ・カウフマン〔撮影〕ダグラス・ナップ
〔出演〕オースティン・ストーカー/ダーウィン・ジョストン/ローリー・ジマー/マーティン・ウェスト/トニー・バートン/ナンシー・ルーミス/キム・リチャーズ/ヘンリー・ブランドン/チャールズ・サイファーズ
要塞警察:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ロス郊外アンダーソン地区で、ストリートギャングによる無差別殺人が発生。彼らに娘を殺された父親は、執念でギャングの一人を射殺し、近くの警察署に駆け込んだ。だが署は移転のため、勤務する署員はわずか・・・。仲間の報復にやってきたギャングたちは、分署の電話線と電線を切断して外界から完全に孤立させ、サイレンサーで署員や囚人を無差別に殺してゆく。臨時の署長を任されていた警部補ビショップは、収監されていた凶悪犯ナポレオンと協力し、銃弾と血しぶきが飛び交う“要塞”で、襲い来るギャングを迎え撃つ!  

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★★ オススメ度:★★★★

タバコはないか?
[ナポレオンの台詞より]

本作は鬼才ジョン・カーペンターの最高傑作との呼び声も高いバイオレンス・アクション。
警察署という閉鎖された空間で、大量に押し寄せるギャングたち・・・。
それに対して味方はわずか・・・。
物語における舞台の少なさや、低予算を逆手にとった監督の手腕が光る傑作です。

のちのスネーク・プリスキンにつながるナポレオン・ウィルソン(ダーウィン・ジョストン)のカッコ良さも見逃せないポイント。
凶悪犯でアウトローながらもイーサン・ビショップ警部補(オースティン・ストーカー)と男の友情で結ばれ、ラストの二人のやり取りに胸が熱くなる。
低予算(想像)でも脚本やキャラクターの造形がしっかりしていればここまで映画は面白い!!

要塞警察:画像1 
▲警察に復讐を誓うギャング集団『グリーン・サンダー』

要塞警察:画像2 
▲警察に仲間を殺され、仕返しとばかりに一般市民を無差別殺人のターゲットに・・・。

要塞警察:画像3 
▲幼い少女もあっさりと・・・。容赦ないのもジョン・カーペンターの魅力。

要塞警察:画像4 
▲皮肉屋だけど愛嬌のあるイーサン・ビショップ警部補。

要塞警察:画像5 
▲クールなアウトロー、ナポレオン・ウィルソン。

要塞警察:画像6 
▲ギャングからの襲撃を室内を舞う書類やガラスが割れることで演出。

ギャングがサイレンサー付拳銃で襲撃してくるのもニクイ演出。
パシュ、パシュっと乾いた銃声の中、飛び散る書類やガラスが割れることで直接的な描写だけではなく、
音で得体の知れないギャングたちの恐怖感を演出している。
味方陣営はライフルやショットガンなど、ギャングたちとは対照的な得物で戦うなどこだわりが感じられる。

要塞警察:画像7 
▲男の友情って素晴らしい!!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/81-3bc2eb77






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。