スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遊星からの物体X(THE THING)

危険 遊星からの物体X
THE THING

1982年
アメリカ映画
109分

〔監督〕ジョン・カーペンター
〔製作〕デヴィッド・フォスター/ローレンス・ターマン/ラリー・フランコ〔原作〕ジョン・W・キャンベル・Jr〔脚本〕ビル・ランカスター〔撮影〕ディーン・カンディ〔特撮〕アルバート・ホイットロック〔特殊効果〕ロブ・ボッティン〔音楽〕エンニオ・モリコーネ
〔出演〕カート・ラッセル/A・ウィルフォード・ブリムリー/リチャード・ダイサート/ドナルド・モファット/T・K・カーター/デヴィッド・クレノン/キース・デヴィッド/チャールズ・ハラハン/ピーター・マローニー/リチャード・メイサー/ジョエル・ポリス/トーマス・G・ウェイツ
遊星からの物体X:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 その恐怖は一匹の“犬”から始まった。見渡す限りを氷に囲まれた白銀の大雪原を、ヘリコプターに追われて逃げる“犬”は、アメリカの南極観測基地へと辿りつく。ヘリコプターを操縦するノルウェー隊員が銃を乱射したため、アメリカ隊員はやむをえず彼を撃ち殺すが、やがて、ノルウェー隊員が異常に錯乱していた理由が明らかになる。なんと“犬”の正体は10万年前に地球に飛来したエイリアンだったのだ!接触する物を体内に取り込むエイリアンは、巧みに人間の姿に変身、吹雪に閉ざされた基地内で、隊員たちは互いに疑心暗鬼になっていく。そんな中、彼らは挙動不審なマクレディをエイリアンではないかと疑うが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★★

聞いても始まらない・・・
「そうか」と言うだけだ・・・

[マクレディの台詞より]

鬼才ジョン・カーペンターがSFホラーの古典ともいわれる「遊星よりの物体X」をリメイクしたのが本作。
南極観測基地という閉鎖された空間で“The Thing(それ)”に襲われるアメリカ隊員たちを描くSFホラー。
隊員たちの中で誰が“The Thing(それ)”なのか?
アメリカ隊員たちの中で広がる自分以外の隊員への不信感、主役のマクレディ(カート・ラッセル)さえも行動が怪しく見えてくる。
最初から最後まで途切れることなく続く緊張感。
加えてロブ・ボッティンが作り出した“The Thing(それ)”の造形の素晴らしさ。
全てが程よくマッチしていて素晴らしいの一言。
めちゃくちゃ面白いオススメな映画。

遊星からの物体X:画像1 
▲主演はカート・ラッセル。髭面が渋い。

カート・ラッセルは本作でジョン・カーペンターとのタッグ作品3作目。
同監督とのタッグ作品ではシリアスやコメディなど、様々な演技を見せてくれる名優。

主役のマクレディは物語内で狂言回し的な役回りなのだが、それ故に行動が強引で他の隊員との間に不信感を煽る。
いつしか隊員たちは、自分以外の誰が“The Thing(それ)”なのかという恐怖に追い詰められていく。

遊星からの物体X:画像2 
▲疑心暗鬼に陥る隊員たち。

遊星からの物体X:画像3 
▲語り継がれる“The Thing(それ)”の素晴らしい造形。

遊星からの物体X:画像4 
▲CG全盛期の現在でも、この特殊効果は負けていない。

もちろん“The Thing(それ)”の造形だけがこの作品の魅力では無く、
緊張感を煽る隊員たちのやり取りや、唐突に導入される特殊効果。
その絶妙なバランスこそ最大の魅力である。

遊星からの物体X:画像5 
▲天井に張り付く“The Thing(それ)”。

遊星からの物体X:画像6 
▲一度拝んだら忘れられない有名なその姿。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/82-f32bf9fe






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。