スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

帰って来たガンマン(THE HILLS RUN RED)

帰って来たガンマン
THE HILLS RUN RED

1966年
イタリア映画
90分

〔監督〕リー・W・ビーヴァー
〔製作〕エルマンド・ドナティ/ルイジ・カルペンティエリ〔製作総指揮〕ディノ・デ・ラウレンティス〔原案〕ディーン・クレイグ〔脚本〕マリオ・ピエロッティ〔撮影〕トニ・セッチ〔音楽〕レオ・ニコルス
〔出演〕トーマス・ハンター/ヘンリー・シルヴァ/ダン・デュリエ/ナンド・ガツォーロ/ニコレッタ・マキャヴェリ/ジアンナ・セラ/ロリス・ロディ/ジェフリー・コペルソン
帰って来たガンマン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 南北戦争終結間際、軍資金を強奪した二人組。追いつめられた彼らは、どちらかが囮として捕まることを決めクジ引きをする。5年後、刑期を終え帰郷した男が見たものは、愛する妻を見殺しにし、金を独り占めして成り上がったかつての相棒だった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

俺を見ろ・・・、じっくりこの顔を拝め・・・
[ジェリーの台詞より]

世間のマカロニ・ウエスタンファンからの評価はあんまり高くない本作ですが、何故か愛しく思える不思議な作品、それが『帰って来たガンマン』です。

確かに主人公のジェリー(トーマス・ハンター)は金に汚い訳でもなく、賞金稼ぎを職にしている訳でもない。敵に捕まってリンチされる事もなければ、残虐的な描写が画面に映しだされる事もありません。マカロニ・ウエスタン特有の雰囲気があまり感じられないのが人気の無さの原因かもしれません。
加えて主人公を演じるトーマス・ハンターに魅力が乏しいのもその一因と考えられます。
他のマカロニ主役俳優とは違って身体の線が細く、拳銃の扱いも微妙。しかも格闘シーンはロジャー・ムーア並ときたもんだ。
・・・顔はハンサムなんですけどもね。

帰って来たガンマン:画像1 
▲シーガル(ナンド・ガツォーロ)とジェリー(トーマス・ハンター)。

では、この映画の何処に魅力を感じるかと言うと、やはり何と言ってもストーリーがとても良いんですよ。
北軍の軍資金を奪った後に追手から逃げるため、相棒に妻や子供の事を託して自らが囮になり捕まるも5年後に刑期を終えて出てくればかつての相棒は妻を見殺しにしたばかりか軍資金を元手に大牧場主となって快適な生活をしている。そんな裏切り者のシーガルにジェリーは復讐を誓う・・・う~む、とても燃えるストーリです。

帰って来たガンマン:画像2 
▲廃墟となった自宅で妻の日記を見つけ、相棒の裏切りを知るジェリー。

帰って来たガンマン:画像3 
▲大牧場主となっていたシーガルはジェリーの出獄を知り、ジェリーを殺すべく追手を遣わす。

廃墟となった自宅でショックを受けるジェリーに迫る追手の魔の手。
銃もなく、追手2人に苦戦していたところを偶然に居合わせた?謎の助っ人ウィニー・ゲッツ(ダン・デュリエ)の助けを得て退ける。

帰って来たガンマン:画像4 
▲ワイルドさが足りなくても良いじゃない。

物語中盤では行方不明となっていた息子と再会。
息子に自分が父と名乗ることが出来ないジェリーの心の葛藤がまた良いんですよ。
イーストウッドやネロ、ジェンマではこの寂しい雰囲気は出せないと思う。やっぱりトーマス・ハンターの幸の薄さあっての作品なんですよ。

帰って来たガンマン:画像5 
▲謎の助っ人ウィニー・ゲッツ(ダン・デュリエ)。彼には秘密が・・・。

同時期の他のマカロニ・ウエスタン作品に比べるとセットも豪華で、爆薬を大量に使ったラストのアクションなど結構な予算を投入したことが分かり見応えも十分です。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/85-5696dbc4






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。