スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゾンビランド(ZOMBIELAND)

ゾンビランド
ZOMBIELAND

2009年
アメリカ映画
87分

〔監督〕ルーベン・フライシャー
〔製作〕ギャヴィン・ポローン〔脚本〕レット・リース/ポール・ワーニック〔撮影〕マイケル・ボンヴィレイン〔編集〕アラン・ボームガーテン〔音楽〕デヴィッド・サーディ
〔出演〕ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/アビゲイル・ブレスリン/エマ・ストーン/エマ・ストーン/ビル・マーレイ
ゾンビランド:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 新型ウイルスの爆発感染で人類の大半が人喰いゾンビとなってしまった世界。“生き残るための32のルール”を作り、生き延びてきた引きこもり青年のコロンバスは、最強ハンターのタラハシー、美人詐欺師姉妹ウィチタ&リトルロックと出会い、ゾンビがいないと噂される、夢の遊園地を目指して悪夢のようなサバイバルを続ける。だが、それまで他人とまともに接したことがなかったコロンバスにとって、それは初めて生きることを実感し、友情や恋を知る、かつてない楽しい冒険の日々でもあった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

RULE#32
ENJOY THE LITTLE THINGS(ささやかな物を楽しめ)

[コロンバスのルールより]

ホラー・コメディー映画は数あれど、ここまで面白い作品は自分はそうそう知りません。
その衝撃はショーン・オブ・ザ・デッド(2004)を観たときと同等か、それ以上でした。
キャストに恵まれると映画って本当に面白い作品になりますよね。
もちろん、脚本等も大事だと思いますけど・・・。

主人公のコロンバスが独自の生き残るためのルールを持ってサバイバルしていたりと目新しい部分もあるけど、
ゾンビ映画としては過激な描写は少ないし、主要メンバーは誰ひとりとして死んだりしないので物足りなさを感じる人も多いかもしれません。
さすがに地上波での放送は無理そうですけど、家族揃って楽しく観賞できる映画だと思います。

ゾンビランド:画像1 
▲冴えない引きこもり青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)。

主演はソーシャル・ネットワーク(2010)で一躍有名になったジェシー・アイゼンバーグ。
続編の噂もある本作ですが、グランド・イリュージョン (2013)での彼のイケメンっぷりを拝見する限り、もうこんなダサい役柄は無理じゃないかって感じてしまいます。
そこをどうにかするのが役者さんかも知れませんが・・・。

ゾンビランド:画像2 
▲美人詐欺姉妹の姉、ウィチタ(エマ・ストーン)。

こちらもアメイジング・スパイダーマン(2012)で有名なエマ・ストーン。
本作では黒髪にラテン系っぽい雰囲気で素敵。
恥ずかしながらグウェン・ステイシーも彼女が演じていたとは最近まで気づきませんでした。

ゾンビランド:画像3 
▲美人詐欺姉妹の妹、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)。

こちらも続編は大変なんじゃないだろうか・・・。
主に成長的な意味で。

ゾンビランド:画像4 
▲物足りないけど、ゾンビのメイクはしっかりしていると思います。

過激な描写こそ少ないけど、意外にしっかりしているゾンビは生粋のゾンビ映画好きにも好感度が高め。
唯一の難点は“走る系のゾンビ”なんだよなぁ~。

ゾンビランド:画像5 
▲本作最大の魅力はこの方、タラハシー(ウディ・ハレルソン)。

アメリカのお菓子であるトゥインキーをこよなく愛するタラハシーは、この映画最大の魅力と言っても過言ではない。
彼とリトルロックの関係はまるで親子のようで微笑ましいし、彼がゾンビを憎む理由は涙なくしては語れない。
とにかくみんなが愛する理想のダンディ。

ゾンビランド:画像6 
▲終盤のタラハシーの暴れっぷりは爽快!!

絶対にこの人は死なないわ~っていうオーラを感じる活躍。
・・・もし続編が作られたら、普通にあっさり死んだらどうしよう・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/86-85f2cf11






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。