スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プラネット・テラー(PLANET TERROR)

プラネット・テラー
PLANET TERROR

2007年
アメリカ映画
105分

〔監督・製作・脚本・撮影・編集〕ロバート・ロドリゲス
〔製作〕エリザベス・アヴェラン/クエンティン・タランティーノ〔製作総指揮〕サンドラ・コンディット/ボブ・ワインスタイン/ハーヴェイ・ワインスタイン〔編集〕イーサン・マニキス〔音楽〕グレーム・レヴェル
〔出演〕ローズ・マッゴーワン/フレディ・ロドリゲス/ブルース・ウィリス/ジョシュ・ブローリン/マーリー・シェルトン/ジェフ・フェイヒー/マイケル・ビーン/トム・サヴィーニ/ クエンティン・タランティーノ
プラネット・テラー:DVDジャケット
※DVDジャケットはグラインドハウス コンプリートBOX
〔あらすじ〕
 テキサスの田舎町。軍事基地で極秘裏に実験が行われていた生物化学兵器が流出・拡散、そのガスを浴びた人々が次々と凶暴なゾンビへ姿を変えていく。一方、ゴーゴーダンサーをしていたチェリーは、ゾンビ化した人間に右脚を喰いちぎられてしまう。彼女は元カレ、レイの助けを借り、木製テーブルの脚を義足代わりにして逃げ延びる。やがてチェリーは失われた脚にマシンガンを装着、次々と襲いかかるゾンビや兵士に向けて怒りの弾丸をブッ放すのだった・・・。
[From allcinema]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

弾は外さない
[エル・レイの台詞より]

B級映画監督(褒め言葉)の代表格ロバート・ロドリゲスのお家芸が存分に炸裂した傑作B級映画が本作です。
自分(ロバート・ロドリゲス)の許嫁のローズ・マッゴーワンを主役に据え、どんな自己満映画を撮影したかと思ったら、色々な意味ではっちゃけた素晴らしき映画が世に誕生しました。

物語自体はあらすじの通りのありきたりなゾンビホラーですが、映画全体に流れる独特のB級臭さが堪らなく心地良い。

例えば・・・

①登場するキャラクターの面白さ。
主人公は物語序盤でゾンビに足を食いちぎられ片足義足に・・・。最終的には義足の代わりにマシンガンを装着して弾丸をぶっ放します。
他には、序盤こそ素性不明だけど、物語後半に急に英雄と判明する主役・・・っぽい人や男性の睾丸を収集するマッドサイエンティストなど、観ていて楽しいキャラクターのオンパレード。
監督の親友であるクエンティン・タランティーノもレイパーとして映画に出演しています。

②わざと作られたB級臭さ。
チープな雰囲気を作りあげるため、フィルムの傷や劣化具合をわざと再現。
極端の残酷なシーンには大きいノイズが画面に挿入されたり、主人公のベッドシーン最中には突然「MISSING REEL(1巻紛失)」の文字が挿入されて場面が切り替わるとまったく別のシーンになっているなど、あえて細かく描写しない面白さが満載。

こういった製作者側の遊び心が好きな人、嫌いな人、両極端に別れそうな映画ですが、色々と内容に突っ込みを入れながら観るときっと面白いと思います。

プラネット・テラー:画像1 
▲強い女性はお好きですか?若干、ケツ顎気味のローズ・マッゴーワン。

映画自体は素晴らしいのだけど、俺は自分の許嫁をこんなに綺麗に撮れるぜ!!みたいな雰囲気を感じるのが少し残念。
2014年現在は婚約を解消しているみたいですが・・・。

プラネット・テラー:画像2 
▲戦う女性はお好きですか?

片足マシンガンのインパクトは絶大!!弾数は無限です。

プラネット・テラー:画像3 
▲主役・・・っぽい人ことエル・レイ(フレディ・ロドリゲス)。

主人公とのベッドシーン以降に周囲からの扱いが180°変わるエル・レイ。
演じるフレディ・ロドリゲスは有名なのかイマイチ分からない。
私が知っている他の出演作はカート・ラッセル主演のポセイドン(2006)ぐらい。
・・・確か死に役。

プラネット・テラー:画像4 
▲B級でもA級?ブルース・ウィリスも出演。

あんまり画面には出ないし、敵役なブルース・ウィリスも珍しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/87-d54203ce






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。