スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラゴンへの道(THE WAY OF THE DRAGON)

ドラゴンへの道

THE WAY OF THE DRAGON

1972年
香港映画
100分

〔監督・脚本〕ブルース・リー
〔製作〕レイモンド・チョウ〔撮影〕西本正〔音楽〕ジョセフ・クー
〔出演〕ブルース・リー/ノラ・ミヤオ/チャック・ノリス/ロバート・ウォール/ジョン・T・ベン/ウォン・インシク
ドラゴンへの道:DVDジャケット1
〔あらすじ〕
 イタリア・ローマの国際空港に降り立った香港人青年タン・ロン。彼はマフィアに立ち退きを迫られている中華料理店の娘、チェンの助っ人にやってきたのだ。物静かなタン・ロンは、はじめこそチェンや店の若者たちにバカにされるが、脅迫にきたゴロツキを手練のカンフーで撃退したことで、評価が一変。タン・ロンと若者たちは団結してマフィアたちに立ち向かうことに。だが、マフィア側はアメリカ人武道家、コルトを送り込んできて・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

ドラゴン殺法の4 飛龍の拳
[タン・ロンの台詞より]

今回紹介する映画は、ブルース・リー主演のカンフー映画、ドラゴンへの道です。
彼の代表作であるドラゴン危機一発(1971) 、ドラゴン怒りの鉄拳(1971)に続く第3作品目になります。
燃えよドラゴン(1973)の日本でのヒット以降、ブルース・リーの過去作が続々と公開されたわけですが、その中でも1番最後に公開された本作は最後のブルース・リーというサブタイトルが付けられたりもしています。

本作でのブルース・リーのカンフーは同時期に製作された他のカンフー映画のソレを凌駕するものなのはモチロンのこと、前2作や、燃えよドラゴンでは見られなかったコメディ要素、表情豊かな彼の魅力的な演技を見ることができるのも良い。
また本作は、香港映画界における、殺伐とした復讐劇がメインの内容から、楽しく観ることができるカンフー映画への出発点とも感じられて面白い。
のちのジャッキー・チェンやアレクサンダー・フー・シェンのようなコミカルな演技に通じるものがあるのも興味深い。

ドラゴンへの道:画像1 
▲ヒロインはこの人、ノラ・ミヤオ。ブルース・リーの映画ではおなじみです。

ドラゴンへの道:画像2 
▲トップレスの女性に誘われてビビるタン・ロン。

中盤からラストにかけては若干、シリアスな内容となってしまうのだが、
序盤は喜怒哀楽様々な表情を見せるブルース・リーのコミカルな演技に注目。

ドラゴンへの道:画像3 
▲他のカンフー映画とは、もはや次元が違うアクション。

ドラゴンへの道:画像4 
▲アメリカ人武道家コルトことチャック・ノリス。

ドラゴンへの道:画像5 
▲コロッセオ(セット)を舞台にしたラストバトルは映画史上に残る名シーン。

ドラゴンへの道:画像6 
▲2人の激闘の末に待つのは・・・。

本作が初監督作となったブルース・リー。
良くも悪くもワンマンな映画ですが、初めてブルース・リーの観る方にはとてもオススメできる作品です。
ドラゴンへの道:DVDジャケット2

[日本語吹替収録版DVDジャケット]

ドラゴンへの道:画像7 
▲俳優の柴俊夫さんによる爽やかな吹替え演技も魅力的でオススメ。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/90-13ff0b19






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。