スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バタリアン(THE RETURN OF THE LIVING DEAD)

危険バタリアン

THE RETURN OF THE LIVING DEAD

1985年
アメリカ映画
91分

〔監督・脚本〕ダン・オバノン
〔製作〕トム・フォックス/グラハム・ヘンダーソン〔製作総指揮〕ジョン・デイリー/デレク・ギブソン〔撮影〕ジュールス・ブレンナー〔プロダクション・デザイナー〕ウィリアム・スタウト
〔出演〕 クルー・ギャラガー/ジェームズ・カレン/ドン・カルファ/トム・マシューズ/ビバリー・ランドルフ
バタリアン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
1969年、軍人病院の薬品事故が原因で、こともあろうに死体が次々と蘇生してしまった。そのゾンビはケンタッキー州のとある医療品倉庫に長年ミイラ状態で保管されていた。ある日そこで働くフランクとバイトのフレディが恐る恐るタンクの中を覗いて叩いてみると、突然謎のガスが噴出し、不老不死のゾンビ“バタリアン”が蘇ってしまった!ガスはどんどん充満し、医療品倉庫に保管されていた解剖用の死体が動きだし、近隣の墓地の死体まで蘇り、人間の脳みそを求めてゾンビが街中で暴れだした!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★

「まさか、漏れないだろうな」「漏れる?陸軍が作った特製の棺桶だぞコイツは」
[フレディとフランクの会話より]

今回紹介する映画は、80年代を代表するホラーコメディのバタリアンです。
本作は、ゾンビ映画の元祖ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生(1968)のパロディ・オマージュとして作られた作品です。
どうやら権利上とか、原作者の関係などでは正式な続編とのことらしいのですが、やはりパロディ・オマージュといった様相が強く感じられます。
誰もが一度は耳にしたことがあるであろうオバタリアンは本作のタイトルから生まれたとのこと。
バタリアンという邦題自体、日本の配給会社の東宝東和による日本の独自のタイトルなので何とも言えませんけども・・・。

ジョージ・A・ロメロの映画を基にしつつも、頭部を破壊しても動き続ける、走る、喋るなど本流との違いを見せつつ独自の世界観に持ち込んだダン・オバノンは見事の一言。
ゾンビ映画でも屈指の無敵っぷりのゾンビと、オバンバ、タールマンといったユーモア溢れるゾンビ群は、上手にホラーとコメディをマッチさせていて面白い。多少、設定に粗が目立つものの、ブラックユーモアに満ち溢れたストーリー、救い様の無いラストなど、印象的な映画に仕上がっている。

バタリアン:画像1
▲事件の発端となってしまうフレディ(トム・マシューズ)とフランク(ジェームズ・カレン)。

続編にも同じような役割、同じような扱いで登場するコンビ。
しかし、その扱いは本作よりさらに酷いものに・・・。

バタリアン:画像2
▲墓地から目覚めるゾンビたち・・・。

ゾンビ発生の原因となる謎のガス・トライオキシン245は浄化することが不可能。
死体焼却場でゾンビを焼いてしまったことで、煙が上空に雲となって広がり、雨となって墓地に降り注いだ結果・・・、ゾンビが大量に発生してしまう事態になってしまう。

バタリアン:画像3
▲救急車の無線を操作して、増援を呼ぶゾンビ。

バタリアン:画像4
▲みんな大好きタールマン。

バタリアン:画像5
▲みんな大好きオバンバ。

映画で注目される中心的なゾンビ群は見事な出来なのだが、それ以外のゾンビは若干、手抜きっぽいのが難点。
墓地から這い出るゾンビはほとんど役者そのまま、ゾンビが増える原因はガスだけなのかと思わせつつも、襲われた人間もゾンビ化したりと、微妙にいい加減な部分もあったりします。

バタリアン:画像6
▲そして映画は衝撃のラストへ・・・。
バタリアン:画像7

▲みんな大好きトラッシュ(男限定)。

学生時代、本当に裸か否かという、どうでもいい激論をした淡い思い出。
トラッシュは襲われてゾンビ化するけど、喰われた形跡が皆無で謎の存在。サービスキャラ?
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/91-7a4b73c7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。