スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スネーキーモンキー/蛇拳(SNAKE IN THE EAGLE'S SHADOW)

スネーキーモンキー/蛇拳
SNAKE IN THE EAGLE'S SHADOW

1978年
香港映画
96分

〔監督〕ユエン・ウーピン
〔製作・脚本〕ウー・スー・ユエン
〔出演〕ジャッキー・チェン/ユエン・シャオティエン/ウォン・チェン・リー/ディーン・セキ
スネーキーモンキー/蛇拳:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 時は清朝時代。拳法の2大流派、蛇形派と鷹爪派は激しい勢力争いを繰り返していたが、鷹爪派の凄腕、シャンカンイーユンによって蛇形派は拳士を次々と討ち取られて追いつめられていた。一方、大手道場に下男として住み込むチエンフーは、師範代にいいようにこき使われ、時には稽古で殴られ役をやらされて傷だらけの毎日。彼はある日、町でトラブルに見舞われている老人を助ける。だが老人こそ、蛇形派の長老であるパイ・チャンティエンだった。簡福の惨めな日常に同情したパイ・チャンティエンはチエンフーに蛇形拳を伝授、みるみる上達した彼は一躍道場のヒーローとなるのだが、その技をシャンカンイーユンに見られてしまう。
[From wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

「石を使うなんて卑怯だぞ!」「砂だぁ!」「へん!どっちみち汚ねぇや!」
[チエンフーとシャンカンイーユンの会話より]

今回紹介する映画は、ジャッキー・チェン主演のスネーキーモンキー/蛇拳です。
本作は、映画監督兼プロデューサーのロー・ウェイの下で、自分の持ち味を出せずに燻っていたジャッキー・チェンがシーゾナル・フィルム社に2本契約という形でレンタル出向して製作された最初の作品で、日本での公開はドランク・モンキー/酔拳(1978)が先でしたが、実際に製作されたのは本作が先になります。
ロー・ウェイからブルース・リーの代わりを求められ悩んでいたジャッキー・チェンにとっては良い転機となり、本作以降、コメディーを前面に出した明るい作風でヒット作を連発していくことになります。

スネーキーモンキー/蛇拳:画像1
▲ドランク・モンキー/酔拳でもお馴染みのディーン・セキとのコンビ。

スネーキーモンキー/蛇拳:画像2
▲ひょんなことからパイ・チャンティエン(ユエン・シャオティエン)と出会うチエンフー(ジャッキー・チェン)。

物語の内容こそ、最初は弱い主人公が、修行の末に強くなり強敵を倒す・・・という、オーソドックスなものですが、各所に散りばめられたコメディ要素や、卓越された若き日のジャッキー・チェンの身体能力など、見所は多いと思います。

スネーキーモンキー/蛇拳:画像3

スネーキーモンキー/蛇拳:画像4
▲ジャッキー映画の初期作は修行シーンに燃える。さぁ、みんなでやってみよう!

腕で蛇の動きを再現し、卵を回収していく謎の修行。
ジャッキーの出演作に限らず、カンフー映画の修行シーンは理屈抜きで楽しめる要素のひとつ。
実際、どんな効果があるのよ?って疑問に思ってしまうが、とにかく強くなれる・・・ような気がする名シーン。

スネーキーモンキー/蛇拳:画像5
▲動物愛護団体もビックリのガチバトル。

本作で忘れてはいけないのがこのシーン。
蛇VS猫の壮絶な死闘に強敵・シャンカンイーユン撃破のヒントが隠されている?
映画の題名さえも脅かされるその内容はその目で確かめよう!!

スネーキーモンキー/蛇拳:画像6
▲楽しそうに演じるジャッキー。

ジャッキーが自分のキャラクターを確立した原点、スネーキーモンキー/蛇拳。
面白いですよ。
酔拳&蛇拳:Blu-rayジャケット
〔酔拳&蛇拳 製作35周年記念 HDデジタル・リマスター版ジャケット〕
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/94-58882de3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。