スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

少林寺三十六房(SHAOLIN TEMPLE THE 36TH CHAMBER)

少林寺三十六房
SHAOLIN TEMPLE THE 36TH CHAMBER

1977年
香港映画
117分

〔監督〕ラウ・カーリョン
〔製作〕ラン・ラン・ショウ〔脚本〕イー・クァン
〔出演〕リュー・チャーフィ/ホワン・ユー/ロー・リエ/ユエン・シャオティエン/ラウ・カーウィン
少林三十六房:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  清の時代、父と友人を殺された青年リュー・ユウテイが、武術の総本山・少林寺でサンテイの僧名を授かり、三十五の修行房での特訓の果てに、得意の三筋棍で清の悪将軍に戦いを挑む。
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

「貴様か!僧侶の身で反乱軍に味方するとは!!」 
「この世の悪を滅ぼし、人々を救うのが僧侶としての務めだ!!」

[ティエン将軍とサンテイの会話より]

今回紹介する映画は・・・、

少林三十六房:画像1

数々のカンフー映画を生み出したショウ・ブラザーズ製作のカンフー映画、少林寺三十六房です。

物語は人々が清によって支配されていた時代。
海産物問屋の息子であるユウテイ(リュー・チャーフィ)は、通っていた塾の講師や友人とともに反清運動に協力していたのだが、清のティエン将軍(ロー・リエ)の部下であるタン・サンヨにばれてしまう。
友人や両親が逮捕されるなか、難を逃れたユウテイは命からがら少林寺に辿り着き、そこで武術を習い、たくましく成長し、ついにはタン・サンヨやティエン将軍に復讐するといったもの。

少林三十六房:画像2
▲海産物問屋の息子であるユウテイ(リュー・チャーフィ)。
少林三十六房:画像3
▲逃亡の途中に出会った食事処の亭主の協力により、少林寺に辿り着く・・・。

物語の筋立てこそシンプルながらも、重点を置くポイントが他のカンフー映画とあきらかに違うのが面白い。
もちろん最終的には宿敵の撃破というお題が存在しているのだが、この作品においてはオマケ的要素でしかない。
重要なのは少林寺における三十五房での修行なのである。

本作は、映画の中での大半の時間が修行シーンで構成されており、ティエン将軍含む清との戦いはラスト10~20分程度のあっさりとしたものになっている。

また、主人公が学ぶ三十五房での修行の数々は、それぞれに意味を持っており、それをひとつひとつ乗り越えていくことで、サンテイの成長を視覚的に捉えることが出来る仕組みになっている。
着ぐるみ的な木人や、金粉塗った人そのものとのバトルのような不可思議修行ではないのも真実味があって好感が持てる。


少林三十六房:画像4
▲第三十四房:臂力房。
少林三十六房:画像5
▲第三十三房:腕力房。

前半の修行では平衡感覚、肩力、腕力、視覚、頭の鍛錬といった身体を鍛える基礎訓練。
後半になると、武器などを使用した実践的な戦闘技術を学ぶことになっていく。

少林三十六房:画像6
▲ついに修行を終え、下山したサンテイ。

少林三十六房:画像7
▲自ら考案した三節棍でティエン将軍を追い詰めていく。

将軍とのラストバトルは時間が短いのが残念だが、
吹替え版(日本公開版)で流れる主題歌のショウリン・ファイターが絶妙なタイミングで挿入されて盛り上げる。
加えてリュー・チャーフィによる巧みな三節棍さばきが凄くカッコ良い。
なおかつ吹替え版の池田秀一さんの演技が加われば、まさに鬼に金棒。

最高に面白いカンフー映画、少林寺三十六房。
オススメです。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://cinemadegogo.blog.fc2.com/tb.php/99-0f1efd80






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。