スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暁の用心棒(ONE DOLLAR IN THE TEETH)

暁の用心棒
ONE DOLLAR IN THE TEETH

1966年
イタリア映画
87分

〔監督〕ヴァンス・ルイス
〔製作〕カルロ・インファスチェリ〔脚本〕ジュゼッペ・マンジョーネ/ウォーレン・ガーフィールド〔撮影〕マルチェロ・マシオッキ〔音楽〕ベネデット・ギリア
〔出演〕トニー・アンソニー/フランク・ウォルフ/ジア・サンドリ/ヨランダ・モディオ/ラフ・バルダサーレ/ラース・ブロック
暁の用心棒:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 ゴーストタウンに“よそ者”がやって来る。国境に近いその寒村では、不穏な陰謀が進行していた。合衆国政府がメキシコへ輸送する金の中継地点と知った山賊一味が、横取りを企んでいたのだ。“よそ者”の協力でまんまと金を手にした一味は、約束の分け前を渡すどころか彼を殺そうとする。“よそ者”は隙を見て金貨を奪い、逃走するが・・・・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

俺はフェアな男だ
[よそ者の台詞より]

この映画は主役の“よそ者”を演じるトニー・アンソニーにとって記念すべきマカロニ・ウエスタン初主演作。
マカロニ初心者の私にとってトニー・アンソニーの他の主演作は盲目ガンマン(1971)ぐらいしか知らないのですが、他のマカロニ・ウエスタン映画の主演俳優には無い独特なカッコ良さ、可愛さがあって凄く好きなんです。

映画の物語自体はマカロニ映画にありがちな金目当てに主人公が悪戦苦闘する話(笑)。
山賊の一味に協力しつつ、隙あらばお金を独り占めしようと企み、結局は敵に見つかりボコられ、最期には復讐する・・・。幾度となく観てきたマカロニ的オーソドックスな展開ながら、必要の無い台詞を排し、テンポ良く進むストーリーはとても魅力的に感じられます。

暁の用心棒:画像1 
▲物語冒頭、何故か合衆国政府の制服を都合良く持っていた“よそ者”。

メキシコ政府軍を皆殺しにして、合衆国政府がメキシコへ輸送する金を奪おうとするアギラ(フランク・ウォルフ)に協力してまんまと金をアメリカ政府から騙し取る“よそ者”。

暁の用心棒:画像2 
▲ショットガンを得物に戦う“よそ者”。

“よそ者”は物語序盤こそ腰に下げたコルトを使用したりするけど、後半は未亡人のチーカ(ヨランダ・モディオ)から渡されたショットガンでアギラの一味と壮絶な戦いに挑む。
ショットガンを得物に戦うマカロニ主人公ってとても珍しいですが、カッコ良ければそれで良し。

暁の用心棒:画像3 
▲至近距離でのショットガンは強力ですよね。

振り向きざまに発砲するアクションのカッコ良さもさることながら、アギラの一味を一人ずつ倒すごとに流れる、テーマ曲が何となく殺しを稼業とする某時代劇風味でナイス。歩数を計る、床下に潜んで隙を窺うなど数々の殺しのテクニックが丁寧に描かれているのも好印象。

暁の用心棒:画像4 
▲未亡人チーカ(ヨランダ・モディオ)。う~ん、美しい!!

エルム街の悪夢2/フレディの復讐(A NIGHTMARE ON ELM STREET PART 2: FREDDY'S REVENGE)

危険 エルム街の悪夢2/フレディの復讐
A NIGHTMARE ON ELM STREET PART 2: FREDDY'S REVENGE

1985年
アメリカ映画
86分

〔監督〕ジャック・ショルダー
〔製作〕ロバート・シェイ〔製作総指揮〕スティーヴン・ダイナー/スタンリー・ダデルソン〔脚本〕デヴィッド・チャスキン〔撮影〕ジャック・ヘイトキン/クリストファー・タフティ〔音楽〕クリストファー・ヤング
〔出演〕マーク・パットン/キム・マイヤーズ/クルー・ギャラガー/ホープ・ラング/ロバート・イングランド/ロバート・ラスラー/マーシャル・ベル/シドニー・ウォルシュ/ブライアン・ウィマー/メリンダ・O・フィー
エルム街の悪夢2/フレディの復讐:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 女子高生ナンシーがエルム街1428番で悪魔フレディ・クルーガーと戦ってから5年、その家にウォルシュ一家が引っ越してきた。親子4人で希望に満ちた新生活がスタートするはずだったのに、長男のジェシーは夜ごと無気味な夢に悩まされていた。寝不足の頭で部屋の片付けをしていたジェシーとガールフレンド、リサは、洋服ダンスの奥に隠されていた1冊の日記帳を見つけた。“もう彼から逃げることはできない。あの悪魔を滅ぼすには戦わないと駄目。”そう書かれた日記帳は、この家の前の住人ナンシーのものであった・・・!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:

お前が必要だ
[フレディの台詞より]

どうしてこうなった・・・?観終えた方々の半数以上がこう思うであろうという黒歴史に残る作品。
前作、エルム街の悪夢(1984)のヒットを受けて製作されたであろう本作。製作側も単なる前作の焼き直しでは敵わないと思ったのか色々と新しい要素を加えてみたけど、すべてが裏目に出てしまい、その結果は想像以上の出来となった。
前作の監督ウェス・クレイヴンやナンシー役のヘザー・ランゲンカンプ、フレディ役のロバート・イングランドを含め、「最後まで観たか覚えていない。」「残念だった。」など数々の悪評コメントを残したのもめちゃくちゃ納得できる内容。

自分が微妙と思う部分、例えば・・・。

①主人公が男。少女がフレディに戦いを挑むっていう前作の胆の部分を真っ向否定。しかも冴えない。+α ヒロインがブサイク(友近似)。

②フレディの目的が主人公ジェシーの身体の乗っ取りにシフトチェンジ。現実世界に現れたらただの変態オッサンのハズが・・・、何故か様々な超常現象を巻き起こしたり、人面犬を召喚したりする。おかげで、エルム街の悪夢独自の夢の中の殺戮という要素が無くなり普通のホラー映画になってしまった。恐怖感も大幅減。

③微妙な同性愛描写。公開当時アメリカで“ゲイ映画”とも称されたらしい。主人公がナヨっとしたタイプだとか、学校のコーチがハードゲイで殺され方も手錠されて裸で尻丸出しだとか・・・。やたら男の裸描写が多い。

挙げたらキリのない程に残念な部分が多い。シリーズ最低作品の呼び声も高い失敗作の代表。
唯一パワーアップしたのは特殊メイクぐらい(しかし、前作程のインパクトは無い)。
この作品以降、エルム街の悪夢シリーズは再び方向転換を迫られる羽目になる。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像1 
▲冴えない主人公ジェシー(マーク・パットン)。映画が盛り上がらない原因①

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像2 
▲微妙なヒロイン・リサ(キム・マイヤーズ)。映画が盛り上がらない原因②

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像3 
▲縄跳び少女は継承されてて一安心。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像4 
▲コーチのマル秘な休日。ゲイバーで楽しんでます。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像5 
▲そんなコーチの死に様は尻丸出しのセクシーショット。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像6 
▲ジェシーの腹からフレディ現る!!特殊メイクはパワーアップ。

エルム街の悪夢2/フレディの復讐:画像7 
▲現実の世界に現れてご満悦のフレディ。炎をバックに決めポーズ(フレディって炎が弱点なのでは?)。

オーバー・ザ・トップ(OVER THE TOP)

オーバー・ザ・トップ
OVER THE TOP

1987年
アメリカ映画
94分

〔監督・製作〕メナハム・ゴーラン
〔製作〕ヨーラン・グローバス〔原案〕ゲイリー・コンウェイ/デヴィッド・C・エンゲルバック〔脚本〕シルヴェスター・スタローン/スターリング・シリファント〔撮影〕ニック・マクリーン〔作詞〕トム・ホイットロック〔音楽〕ジョルジオ・モロダー/ハロルド・フォルターメイヤー/キース・フォーシイ
〔出演〕シルヴェスター・スタローン/デヴィッド・メンデンホール/ロバート・ロジア/スーザン・ブレイクリー/リック・ザムウォルト
オーバー・ザ・トップ:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 放浪のコンボイ・トラッカー、リンカーン・ホーク。10年前に義父との確執で妻と子供を残し家を出ていた彼は、重病で入院した妻の願いで息子マイケルと再会、妻の元へ向った。自分を捨てた父を恨み憎んでいるマイケルの心を開き、父親としての愛情を示そうとするホークだったが、再会出来ぬまま妻は病死してしまう。母親の死という悲しい現実の前に、ようやく心を開きかけていたマイケルも義父の元へ去ってしまった。やがてホークはかねてから熱望していた世界アーム・レスリング選手権への出場を決める。愛する息子への思いをぶつけるように、全てを賭けてホークは世界の強豪たちと死闘を繰り広げる!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

炎の絆を勝ち取る日まで・・・俺の戦いは終わらない!
[キャッチコピーより]

正直、自分はシルヴェスター・スタローンを舐めていた。
それは、シルヴェスター・スタローンはアクションのみで私たちを楽しませてくれる生粋のアクションスターだと思っていたからである。
この映画を観たとき、その考えは間違いだった事に私は気が付いた。
息子との絆を取り戻そうと奮闘するリンカーン・ホークを演じる彼を観たときに、シルヴェスター・スタローンという役者は実は演技派だったんだなと素直に思えた。

映画自体は説明のいらない良くも悪くもシルヴェスター・スタローンの映画。
特別だなと感じるとすればアームレスリングを題材にした珍しい映画というくらい。腕相撲を題材に、こんな熱い映画を作るシルヴェスター・スタローンはやはり偉大ですね。

オーバー・ザ・トップ:画像1 
▲陸軍幼年学校を卒業したマイケルを迎えにきたリンカーン・ホーク。

オーバー・ザ・トップ:画像2 
▲息子に嫌われ、困った顔をするホーク。哀愁漂う表情もナイス。

物語はホークが陸軍幼年学校を卒業した12歳になるマイケルをトラックで迎えに来る場面から始まる。
病に冒された妻クリスティーナの願いで息子マイケルを迎えにきたホーク。彼女の願いでマイケルとともに病院に来てほしいというのだが、教養もなく10年もの間、疎遠だった父にマイケルはなかなかなつこうとしない。

妻の元へ急ぐ旅の途中で寄った店でアームレスリングの賭けゲームを挑まれるホーク。腕っぷしに自信のあるホークは勝負には勝利するのだが、賭けに応じた試合を平然と行う父にマイケルはまたもや反感してしまう。
それでもラスベガスで行われるアームレスリングの世界大会に出場し、優勝賞金でトラック会社を設立、親子三人で暮らしたいという夢を語る父に、マイケルは少しずつだが心の距離を縮めていくのだった・・・。

オーバー・ザ・トップ:画像3
オーバー・ザ・トップ:画像4 
▲アームレスリングを通じて徐々に心を開きつつあったマイケル・・・。

ついに二人は病院にたどり着いたのだが、治療の甲斐なくクリスティーナは亡くなってしまう。マイケルを養父ジェイソンに奪われショックのホーク。マイケルを取り戻す為、ジェイソンの屋敷にトラックごと突っ込むのだが、息子を取り戻すどころか警察に捕まり留置場に入れられてしまう・・・。

オーバー・ザ・トップ:画像5 
▲トラックで屋敷に突っ込めば、そりゃ捕まるよね。

オーバー・ザ・トップ:画像6 
▲帽子を後ろ向きにかぶったら、本気のスイッチON!!

息子を手放すことを条件に釈放されたホークは、かつてマイケルに語った夢を現実にする為、アームレスリング世界大会に参加することを決意する。世界中から集まった強敵たち。幾度となくピンチに陥るも奇蹟の逆転劇で相手を打ち負かしていくホーク。そしていよいよ決勝戦、ホークの傍らには屋敷を抜け出し応援に駆け付けたマイケルが・・・。

オーバー・ザ・トップ:画像7 
▲いざ決勝戦。相手は百戦錬磨のチャンプ!!ホークはオーバー・ザ・トップ<奇跡の逆転>を起こすことができるのか!?

この映画、忘れちゃいけないのが音楽の素晴らしさ。
なかでもIN THIS COUNTRYはスタローンが勝つラストシーンに使用される名曲中の名曲。一時はF1のテーマとして使われていた時期もありました。(セナがいた時代かな・・・?)
多分、曲の印象としてはF1のイメージが強い人が大多数だと思う(自分は映画観るまで知らなかった)。

父と息子の絆が深まっていく様子を描いただけの映画ですが、自分はこの映画が大好きですね。1987年のワースト主演男優賞にスタローンがノミネートされてしまった等、色々と駄作扱いされる本作ですが、絶対に駄作ではない。心温まる感動の傑作である。

嵐を呼ぶドラゴン(HEROES TWO)

嵐を呼ぶドラゴン
HEROES TWO

1974年
香港映画
91分

〔監督〕チャン・チェ
〔脚本〕イー・クワン/リン・シン・ファン〔撮影〕クン・ムートー〔音楽〕チェン・ヤンユー
〔出演〕チェン・クアンタイ/アレクサンダー・フー・シェン/チュ・マ/ファン・シン
嵐を呼ぶドラゴン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 時に中国は清の時代。将軍によって焼き打ちされた少林寺の修行僧ホンは、何とかその場を逃げ出したものの、強盗という濡れ衣を着せられてしまい追われる身となる。一方、修行の旅に出ていた同門のファンはそうとは知らず、彼を敵に差し出してしまう。だが、真実を知るに至って2人は一致協力、悪を倒す事に・・・。
[From allcinema]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

清軍による少林寺本山の焼き打ちという歴史上の事実を基に、少林寺を背負った二人の英雄、方正玉〔ファン・シーユイ〕と洪熙官〔ホン・シークァン〕の活躍を描くカンフー映画の名作。

物語は少林寺の焼き打ちから始まります。
燃えさかる炎のなかで闘う洪熙官(チェン・クアンタイ)は、キレキレの動きのカンフーで敵をなぎ倒し、倒壊寸前の少林寺から命からがら逃げ出します。しかし、追手から逃れようとする洪熙官を、その顔を知らない同門の方正玉(アレクサンダー・フー・シェン)が敵にまんまと騙されて捕まえる手伝いをしてしまう。

嵐を呼ぶドラゴン:画像1 
▲方正玉を演じるは“薄命の貴公子”アレクサンダー・フー・シェン。
丈の長い純白の服を身に纏い、大きな扇子を持つ。優雅に、そして舞うように戦う。演じるアレクサンダー・フー・シェンの無邪気な笑顔と愛くるしい表情もいいね。

嵐を呼ぶドラゴン:画像2 
▲洪熙官を演じるはチェン・クアンタイ。
褐色の肌。黒い胴着。男らしさ全開、野獣の如き荒々しいカンフーで戦う。

嵐を呼ぶドラゴン:画像3 
▲敵の罠にハマり、方正玉と洪熙官は戦うことに・・・。
先の少林寺内での戦いにおいて負傷していた洪熙官。戦いの中で方正玉が同門と気づくも、彼のカンフーを防ぎきれずに捕まってしまう。その後、清朝政府により地下室に監禁されることに・・・。

嵐を呼ぶドラゴン:画像4 
▲洪熙官を助ける為に単身潜入を試みる方正玉。
方正玉の誤解をスパっと許す懐の広さに男度が増。兄貴と呼ばせて下さい!!
この潜入では洪熙官を助けるには至らず、清の将軍チェ・カン(チュ・マ)の猛攻により血反吐を吐きながら退散。後日、少林寺一派の道場から洪熙官の囚われた地下室までトンネルを掘るというアナログな方法で救出に成功する・・・。そんな馬鹿な!?

嵐を呼ぶドラゴン:画像5 
▲ラストは清の将軍率いる部隊と少林寺一派の全面対決に!!
いつの間にか、ラマの僧に援軍を頼んだ清の将軍チェ・カン。よく見ると香港映画お馴染みの面々で構成されたラマ僧・・・。一気に胡散臭さが爆発!!片腕ドラゴンと同じ匂いが・・・。

嵐を呼ぶドラゴン:画像6 
▲鶴拳と虎拳の合体技が炸裂!!
ご都合主義ヨロシクな展開で清の将軍を倒して劇終。
脂の乗った二人の武打星の素晴らしいカンフーが観れる傑作。これからカンフー映画でも観てみようかなと考えている方は是非、入門映画としてオススメします。面白いですよ♪

[広告] VPS

悪魔の墓場(THE LIVING DEAD AT MANCHESTER MORGUE)

危険 悪魔の墓場
THE LIVING DEAD AT MANCHESTER MORGUE

1974年
イタリア/スペイン映画
93分

〔監督〕ジョージ・グロウ
〔製作〕エドモンド・アマティ〔脚本〕サンドロ・コンチネンツァ/マルチェロ・コスチア〔撮影〕フランシスコ・センペレ〔音楽〕ジュリアーノ・ソルジーニ〔特殊メイク〕ジャネット・デ・ロッシ
〔出演〕レイ・ラヴロック/アーサー・ケネディ/クリスティーネ・ガルボ/ポール・ベンソン/アルド・マサッソ/ジョルジョ・トレスチーニ/ロベルト・ポッセ/ホセ・ルイス・リファンテ
悪魔の墓場:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 骨董商の青年ジョージは顧客に商品の悪魔像を届けるため、オートバイでロンドン郊外へと向かう。だが、道中でもらい事故に遭遇。車の持ち主である若い女性エドナと共に、麻薬中毒で苦しむ彼女の姉の家へ立ち寄ることになる。陽が傾き、寂しい丘陵で道に迷った二人は、夕暮れ迫る墓地の近くで車を停めるが、一人になったエドナが全身ずぶ濡れの異様な男に襲われる。それは一週間前に溺死したはずの浮浪者だった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

DVDのジャケ裏には“史上最も怖いゾンビ映画”とデカデカと載っているのだが、今となってはあまり怖く感じられないのはご愛嬌。しかし、作品全体を通して流れる陰湿な空気は、他の亜流ゾンビ映画とは一味違う雰囲気を与えている。
説得力の欠片もない死体蘇生の原因、無理やりねじ込んだ風刺など、微妙な部分に目がいくが、主役が人殺しの犯人と疑われて殺される悲劇的なラストなど、見所が溢れるホラー映画の傑作である。

悪魔の墓場:画像1
▲主演のレイ・ラヴロック。本作では髭顔だが、相当のイケメン。

悪魔の墓場:画像2
▲ヒロインのクリスティーネ・ガルボ。彼女も美人。
主演の二人が、美男美女コンビであることも、ラストのバッドエンドにやるせない気持ちを付加している要因だろうか。

悪魔の墓場:画像3
▲ゾンビになると瞳がご覧のように・・・。これって、あんまりゾンビ映画では見かけない設定で斬新。

ジャネット・デ・ロッシが手掛けた気色悪いゾンビの造形もGOOD。
役者の演技も鬼気迫る感じ、よくある亜流ゾンビ映画とは違って、確かにかなり怖い。
道具を使う、力が強い等、ゾンビが強力無比な存在であることも恐怖感を煽る。

悪魔の墓場:画像4
▲内臓を貪る老婆。キ〇ガイな目をしている。演技なのか、リアルなのか・・・。

悪魔の墓場:画像5
▲その道では有名なゾンビ。解剖された死体の設定で、腹に縫い目が入っている。

悪魔の墓場:画像6
▲害虫駆除の超音波が死体蘇生の原因。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。