スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スネーキーモンキー/蛇拳(SNAKE IN THE EAGLE'S SHADOW)

スネーキーモンキー/蛇拳
SNAKE IN THE EAGLE'S SHADOW

1978年
香港映画
96分

〔監督〕ユエン・ウーピン
〔製作・脚本〕ウー・スー・ユエン
〔出演〕ジャッキー・チェン/ユエン・シャオティエン/ウォン・チェン・リー/ディーン・セキ
スネーキーモンキー/蛇拳:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 時は清朝時代。拳法の2大流派、蛇形派と鷹爪派は激しい勢力争いを繰り返していたが、鷹爪派の凄腕、シャンカンイーユンによって蛇形派は拳士を次々と討ち取られて追いつめられていた。一方、大手道場に下男として住み込むチエンフーは、師範代にいいようにこき使われ、時には稽古で殴られ役をやらされて傷だらけの毎日。彼はある日、町でトラブルに見舞われている老人を助ける。だが老人こそ、蛇形派の長老であるパイ・チャンティエンだった。簡福の惨めな日常に同情したパイ・チャンティエンはチエンフーに蛇形拳を伝授、みるみる上達した彼は一躍道場のヒーローとなるのだが、その技をシャンカンイーユンに見られてしまう。
[From wikipedia]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

「石を使うなんて卑怯だぞ!」「砂だぁ!」「へん!どっちみち汚ねぇや!」
[チエンフーとシャンカンイーユンの会話より]

今回紹介する映画は、ジャッキー・チェン主演のスネーキーモンキー/蛇拳です。
本作は、映画監督兼プロデューサーのロー・ウェイの下で、自分の持ち味を出せずに燻っていたジャッキー・チェンがシーゾナル・フィルム社に2本契約という形でレンタル出向して製作された最初の作品で、日本での公開はドランク・モンキー/酔拳(1978)が先でしたが、実際に製作されたのは本作が先になります。
ロー・ウェイからブルース・リーの代わりを求められ悩んでいたジャッキー・チェンにとっては良い転機となり、本作以降、コメディーを前面に出した明るい作風でヒット作を連発していくことになります。

スネーキーモンキー/蛇拳:画像1
▲ドランク・モンキー/酔拳でもお馴染みのディーン・セキとのコンビ。

スネーキーモンキー/蛇拳:画像2
▲ひょんなことからパイ・チャンティエン(ユエン・シャオティエン)と出会うチエンフー(ジャッキー・チェン)。

物語の内容こそ、最初は弱い主人公が、修行の末に強くなり強敵を倒す・・・という、オーソドックスなものですが、各所に散りばめられたコメディ要素や、卓越された若き日のジャッキー・チェンの身体能力など、見所は多いと思います。

スネーキーモンキー/蛇拳:画像3

スネーキーモンキー/蛇拳:画像4
▲ジャッキー映画の初期作は修行シーンに燃える。さぁ、みんなでやってみよう!

腕で蛇の動きを再現し、卵を回収していく謎の修行。
ジャッキーの出演作に限らず、カンフー映画の修行シーンは理屈抜きで楽しめる要素のひとつ。
実際、どんな効果があるのよ?って疑問に思ってしまうが、とにかく強くなれる・・・ような気がする名シーン。

スネーキーモンキー/蛇拳:画像5
▲動物愛護団体もビックリのガチバトル。

本作で忘れてはいけないのがこのシーン。
蛇VS猫の壮絶な死闘に強敵・シャンカンイーユン撃破のヒントが隠されている?
映画の題名さえも脅かされるその内容はその目で確かめよう!!

スネーキーモンキー/蛇拳:画像6
▲楽しそうに演じるジャッキー。

ジャッキーが自分のキャラクターを確立した原点、スネーキーモンキー/蛇拳。
面白いですよ。

ゾンビランド(ZOMBIELAND)

ゾンビランド
ZOMBIELAND

2009年
アメリカ映画
87分

〔監督〕ルーベン・フライシャー
〔製作〕ギャヴィン・ポローン〔脚本〕レット・リース/ポール・ワーニック〔撮影〕マイケル・ボンヴィレイン〔編集〕アラン・ボームガーテン〔音楽〕デヴィッド・サーディ
〔出演〕ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/アビゲイル・ブレスリン/エマ・ストーン/エマ・ストーン/ビル・マーレイ
ゾンビランド:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 新型ウイルスの爆発感染で人類の大半が人喰いゾンビとなってしまった世界。“生き残るための32のルール”を作り、生き延びてきた引きこもり青年のコロンバスは、最強ハンターのタラハシー、美人詐欺師姉妹ウィチタ&リトルロックと出会い、ゾンビがいないと噂される、夢の遊園地を目指して悪夢のようなサバイバルを続ける。だが、それまで他人とまともに接したことがなかったコロンバスにとって、それは初めて生きることを実感し、友情や恋を知る、かつてない楽しい冒険の日々でもあった・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

RULE#32
ENJOY THE LITTLE THINGS(ささやかな物を楽しめ)

[コロンバスのルールより]

ホラー・コメディー映画は数あれど、ここまで面白い作品は自分はそうそう知りません。
その衝撃はショーン・オブ・ザ・デッド(2004)を観たときと同等か、それ以上でした。
キャストに恵まれると映画って本当に面白い作品になりますよね。
もちろん、脚本等も大事だと思いますけど・・・。

主人公のコロンバスが独自の生き残るためのルールを持ってサバイバルしていたりと目新しい部分もあるけど、
ゾンビ映画としては過激な描写は少ないし、主要メンバーは誰ひとりとして死んだりしないので物足りなさを感じる人も多いかもしれません。
さすがに地上波での放送は無理そうですけど、家族揃って楽しく観賞できる映画だと思います。

ゾンビランド:画像1 
▲冴えない引きこもり青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)。

主演はソーシャル・ネットワーク(2010)で一躍有名になったジェシー・アイゼンバーグ。
続編の噂もある本作ですが、グランド・イリュージョン (2013)での彼のイケメンっぷりを拝見する限り、もうこんなダサい役柄は無理じゃないかって感じてしまいます。
そこをどうにかするのが役者さんかも知れませんが・・・。

ゾンビランド:画像2 
▲美人詐欺姉妹の姉、ウィチタ(エマ・ストーン)。

こちらもアメイジング・スパイダーマン(2012)で有名なエマ・ストーン。
本作では黒髪にラテン系っぽい雰囲気で素敵。
恥ずかしながらグウェン・ステイシーも彼女が演じていたとは最近まで気づきませんでした。

ゾンビランド:画像3 
▲美人詐欺姉妹の妹、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)。

こちらも続編は大変なんじゃないだろうか・・・。
主に成長的な意味で。

ゾンビランド:画像4 
▲物足りないけど、ゾンビのメイクはしっかりしていると思います。

過激な描写こそ少ないけど、意外にしっかりしているゾンビは生粋のゾンビ映画好きにも好感度が高め。
唯一の難点は“走る系のゾンビ”なんだよなぁ~。

ゾンビランド:画像5 
▲本作最大の魅力はこの方、タラハシー(ウディ・ハレルソン)。

アメリカのお菓子であるトゥインキーをこよなく愛するタラハシーは、この映画最大の魅力と言っても過言ではない。
彼とリトルロックの関係はまるで親子のようで微笑ましいし、彼がゾンビを憎む理由は涙なくしては語れない。
とにかくみんなが愛する理想のダンディ。

ゾンビランド:画像6 
▲終盤のタラハシーの暴れっぷりは爽快!!

絶対にこの人は死なないわ~っていうオーラを感じる活躍。
・・・もし続編が作られたら、普通にあっさり死んだらどうしよう・・・。

死霊のえじき(DAY OF THE DEAD)

危険 死霊のえじき
DAY OF THE DEAD

1985年
アメリカ映画
102分

〔監督・脚本〕ジョージ・A・ロメロ
〔製作〕リチャード・P・ルビンスタイン〔製作総指揮〕サラ・M・ハッサネン〔撮影〕マイケル・ゴーニック〔特殊メイク〕トム・サヴィーニ〔音楽〕ジョン・ハリソン
〔出演〕ロリ・カーディル/テリー・アレクサンダー/ジョセフ・ピラトー/リチャード・リバティー/アントン・ディレオ/ハワード・シャーマン/ジャーラス・コンロイ/ゲイリー・ハワード・クラー/ラルフ・マレロ/ジョン・アンプラス
死霊のえじき:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 死者たちが次々に生き返るようになり、地球上はすでにゾンビ達の世界と化していた。数少ない人類の生き残りである科学者のサラ、僅かばかりの軍隊を率いるローズ、この状況を打開すべくゾンビの研究に打ち込むローガン博士たちは、最後の境界線である広大な地下施設に立てこもり、ゾンビたちと一進一退の攻防を繰り広げていたが・・・。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★★ オススメ度:★★★

俺の肉で窒息しやがれ・・・
[ローズの台詞より]

ジョージ・A・ロメロによるゾンビ映画初期三部作の最後を飾るのが本作、死霊のえじきです。
前作、ゾンビ(1978)に比べて舞台はさらに小規模な地下施設になってしまいましたが、閉鎖された空間での生き残った人間達の心理描写こそジョージ・A・ロメロの得意分野。
主人公であるサラ(ロリ・カーディル)や軍人であるローズ(ジョセフ・ピラトー)らは些細な事からいがみ合い、精神的に追い込まれて、滅びの道へまっしぐら(笑)。

死霊のえじき:画像1 
▲DVD特典映像でのジョージ・A・ロメロ。

「とにかく最初の作品を愛してやまない人・・・」

「2作目のゾンビをお祭り感覚で楽しむ人・・・」

「そして、死霊のえじきが好きな変人・・・」って撮った自分が笑顔で言っちゃうところが素敵!!

トム・サヴィーニによる芸術の域まで達した残酷描写は前2作以上の出来で素晴らしいの一言。
この特殊メイクを堪能するだけでも映画を観る価値があるってもんですよ。まさに芸術!!

死霊のえじき:画像2 
▲科学者であり主人公のサラご一行。物語早々に地下施設が舞台に・・・。

死霊のえじき:画像3 
▲芸術的特殊メイク①臓物が飛び出るゾンビ。

死霊のえじき:画像4 
▲芸術的特殊メイク②喉を噛み千切られる兵士。

死霊のえじき:画像5 
▲芸術的特殊メイク③胴体から引きちぎられる頭。

死霊のえじき:画像6 
▲芸術的特殊メイク④生きながら腹を裂かれるローズさん(ネタバレ)。

このぐらいは序の口で、まだまだ凄まじい場面が盛り沢山!!
たしかに監督が言うとおり、変人が好む映画なのかも・・・。

死霊のえじき:画像7 
▲知能を持つゾンビであるバブ。ゾンビ映画史上初の萌えキャラ。

西部悪人伝(SABATA)

西部悪人伝
SABATA

1970年
イタリア/スペイン映画
107分

〔監督・脚本〕フランク・クレイマー
〔製作〕アルベルト・グリマルディ〔脚本〕レナート・イッツォ〔撮影〕サンドロ・マンコーリ〔音楽〕マルチェロ・ジョンビーニ
〔出演〕リー・ヴァン・クリーフ/ウィリアム・バーガー/フランコ・レッセル/ペドロ・サンチェス/リンダ・ヴェラス/ジャンニ・リッツォ/アントニオ・グラドーリ/ニック・ジョーダン
西部悪人伝:DVDジャケット1
発売元:スティングレイ 販売元:東宝
〔あらすじ〕
 ドハティ銀行から10万ドルが強奪された。黒づくめの男サバタは賊の後を追い、超長距離ライフルでしとめて金庫を奪い返すが、町を牛耳るステンゲル、ファーガスン、オハラこそが強奪事件の黒幕だと気づく。ステンゲルたちは真相を知る人間たちを口封じのために次々と殺し、サバタにも刺客を放つ。しかし、お調子者のカリンチャ、身が軽いネコを引き連れたサバタは刺客を返り討ちにし、ついにステンゲルの屋敷へ潜入する。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★

「おーい、サバタ!!お前さん、一体何者だ?」 「正義の味方だ」
[カリンチャとサバタの会話より]


マカロニ・ウエスタン映画ブームの末期に作られた他のマカロニ・ウエスタンとは一味違った娯楽映画。
残虐性は殆ど無し!!無駄な死人は一切出ない!!スタイリッシュでユーモア溢れる魅力的な登場人物たち!!
本作は老若男女ご家族揃って安心してご覧いただける傑作マカロニ・ウエスタン映画です。

西部悪人伝:画像1 
▲一番の魅力はこのお方、サバタ(リー・ヴァン・クリーフ)。

西部悪人伝:画像2 
▲精悍な顔つきに黒づくめの服装。

夕陽のガンマン(1967)のモーティマー大佐の流れを受け継いだような風貌。
スラッとしたリー・ヴァン・クリーフの容姿がインバネスコート姿に良く似合う。
もはやダンディとはサバタの事を表現した言葉に違いない(笑)

サバタはキャラクターとしても魅力的。
サバタはただの義賊というわけでは勿論ない。
かつてのマカロニ・ウエスタンの主役たちがそうであったように金の為に動いている。だが、そこには彼の絶対的な自信やある種の掟的なこだわりを感じることができる。
金を手にする為に悪人をゆすったりするのだが、残虐な手は決して使わない。正々堂々、自分の美学に沿って活動しているのである。
そう、私たちが目指すべき本当の大人の姿がここにあるのだ。

映画冒頭、町の賭博場でイカサマのサイコロでカモにされてた老人を助けるなど、強者や卑怯な連中に対し明確な敵対の遺志を現すサバタ。
弱気を助け強気を挫く・・・、そんな姿が堪らなくカッコイイのである。

西部悪人伝:画像3 
▲金庫強奪の黒幕ステンゲル(フランコ・レッセル)。

サバタ以外の他のキャラクターも個性派揃い。
その怪しげな風貌もさることながら、卑怯な手でサバタを殺そうとするステンゲル。お調子者だけど投げナイフの達人カリンチャ(ペドロ・サンチェス)とその相棒の軽業師ネコ(ニック・ジョーダン)。
バンジョーを片手に現れる謎の男、その名もバンジョーなど・・・。アクの強い連中揃い。

西部悪人伝:画像4 
▲バンジョーに組み込まれたM66をぶっ放すバンジョー。←ややこしい!!

もう一つの魅力は西部悪人伝に登場する多彩な秘密兵器たち。
今までのマカロニ・ウエスタンでも傘やオルガン、ミシン等に銃が仕組まれた謎の武器が多数存在していたが、今作でのバンジョー型M66はかなりイカしている!!
演奏も攻撃も出来る優れもの。

西部悪人伝:画像5 
▲サバタは銃身を変更できるM66ウインチェスターがメイン武器。

主役のサバタが使う銃も実に多彩。
銃身を変更して、長距離狙撃にも対応できるM66ウインチェスター。続編の西部決闘史(1972)でも使用された7連発カスタム・デリンジャーなど、まさに秘密兵器満載!!

続・荒野の用心棒(DJANGO)

続・荒野の用心棒
DJANGO

1966年
イタリア/スペイン映画
92分

〔監督〕セルジオ・コルブッチ
〔脚本〕フランコ・ロゼッティ/ホセ・G・マエッソ/ピエロ・ヴィヴァレッリ〔撮影〕アンジェロ・ノビ〔音楽〕ルイス・エンリケス・バカロフ
〔出演〕フランコ・ネロ/ロレダナ・ヌシアック/ホセ・ボダロ/アンジェル・アルバレス/エドゥアルド・ファヤルド/ジーノ・ペルーチ
続・荒野の用心棒:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 メキシコとの国境で男たちになぶり殺しにされようとしていた女マリアを、棺桶をひきずって現れたガンマン、ジャンゴが目にも止まらぬ早撃ちで救出。村ではジャクソン少佐率いる元南軍の荒くれどもと、ウーゴ将軍のメキシコ反乱軍とがしのぎを削っていた。ジャクソンの子分たちを棺桶に隠していたブツで一気に掃討し、ウーゴらと共に政府軍の黄金強奪を決行するジャンゴ。ウーゴを出し抜いて黄金を独り占めにし、新たな人生を歩もうとしたが・・・!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★★

ジャンゴって奴さ
[ジャンゴの台詞より]

奴は雨が降りしきる荒野を棺桶を引きずりながら歩いている。野性味溢れる髭面に、深々と被ったハット。黒いインバネスコートに泥だらけのブーツ。丘の上に立つその姿はまるで死神のようである。
荒野の用心棒(1964)で創造されたマカロニ・ウエスタンのアウトロー像を一蹴するが如く突如現れたその男の名はジャンゴ。

続・荒野の用心棒:画像1 
▲棺桶を引きずりジャンゴ登場!!

初っ端の異様なOPの雰囲気に度肝を抜かれてしまいますが、この続・荒野の用心棒はマカロニ・ウエスタンの魅力がぎっしりと詰まった傑作です。
派手なアクション、キツイ残酷描写など、しっかりとお約束を押さえた荒野の用心棒(1964)と並ぶマカロニ・ウエスタンの教科書的な映画なので、これからマカロニ・ウエスタンを観たいという初心者の方々にもオススメです。

続・荒野の用心棒:画像2 
▲主演はこの人、フランコ・ネロ。20代半ばでこの貫禄!!

続・荒野の用心棒:画像3 
▲酒場でのいざこざからジャンゴに押し寄せるジャクソン少佐の40人の手下たち。

続・荒野の用心棒:画像4 
▲棺桶から取り出したジャンゴ・マシンガンで一掃。

この映画で一番有名なのはジャクソン少佐の手下を機関銃で蹴散らすこのシーン。
棺桶から取り出す設定もさることながら、構造がよく分からない最強の必殺兵器ジャンゴ・マシンガンのインパクトは絶大。ここは細かい事を気にせず楽しみましょう!!

続・荒野の用心棒:画像5 
▲もちろん残酷描写も抜かりはない。衝撃の耳削ぎシーン。

続・荒野の用心棒:画像6 
▲マカロニ主人公が勝利へ向けてはい上がる為の最低条件・・・、それはリンチだ!!

旧友であるメキシコ反乱軍のウーゴ将軍らとともにメキシコ政府軍から金塊を強奪したジャンゴ。
ウーゴ将軍が金塊を山分けする約束を守る気がないと知ったジャンゴは金塊を棺桶に詰めマリアと逃げるのだが、ウーゴ将軍に捕まり両手を潰されてしまう。
結局ウーゴ将軍もジャクソン少佐とメキシコ政府軍に待ち伏せされて皆殺しに・・・。

続・荒野の用心棒:画像7 
▲満身創痍、銃を持てない手でジャクソン少佐に挑むジャンゴ。

自分を助けようとして重症を負ったマリアと新たな人生を歩む為、かつてジャクソンに殺された恋人の為、ジャンゴはジャクソン少佐との最後の戦いに挑む。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。