スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

M:i:III(MISSION: IMPOSSIBLE III)

M:i:III
MISSION: IMPOSSIBLE III

2006年
アメリカ映画
126分

〔監督・脚本〕J・J・エイブラムス
〔製作〕トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー〔製作総指揮〕ストラットン・レオポルド〔原作〕ブルース・ゲラー〔脚本〕アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー〔撮影〕ダニエル・ミンデル〔音楽〕マイケル・ジアッキノ
〔出演〕トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス/マギー・Q/ジョナサン・リス=マイヤーズ/ミシェル・モナハン/ローレンス・フィッシュバーン/ケリー・ラッセル/ビリー・クラダップ/サイモン・ペッグ
M:i:III :DVDジャケット
〔あらすじ〕
 上官らに現場へと引き戻されたイーサンは今までで最も危険で残忍な敵、武器ブローカーのオーウェン・ディヴィアンと対峙することに。IMFチームのメンバーのサポートをうけながらイーサンは、敵に捕らえられた仲間や、妻ジュリアを救出すべくローマから上海まで、危険な旅へと飛び回るのだった。
 
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

トム・クルーズ主演のスパイ映画の3作目。
前作のロンゲチャラ男姿から、精悍な短髪姿にイメチェンしたイーサン・ハント(トム・クルーズ)。と言うより1作目に回帰したのだろうか。
又、一人の女性に一途なところも昔の彼に戻ったかのようでもある。一体、前作のヒロインは何処にいったのやら・・・。

主人公のイーサン・ハントは、現場を退き教官としての仕事をしている。あれだけの腕なのにと疑問が残るが・・・。
彼は本業を秘密にして婚約者のジュリアと幸せな生活を送っているのだが、今作のヒロインのジュリアが普通の女性なのも良いと思った。職業が看護婦というのも終盤への大事な布石である。
そんな彼の元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーが捕らえられたという知らせが届く。救出作戦に参加したイーサンは、仲間達とのチームプレイでリンジー救出を果たす。しかし、ヘリに乗って逃げる途中、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾が爆発して死亡してしまう。

前2作に比べ、チームで協力して作戦に挑む場面も増えていて、「スパイ大作戦」に近づいた印象である。
OPの始まり方も、物語ラストのシーンを最初に持ってくるなど、新たな試みにチャレンジしているのも好印象。

M:i:III :画像1
▲敵に捕らわれた状態のイーサン。ここからOPがスタートする。

M:i:III :画像2
▲毎回、楽しみにしている作戦の指令伝達方法。今回はインスタントカメラ、網膜スキャン付き。
もちろん、指令伝達5秒後に煙を吹きます。

M:i:III :画像3
M:i:III :画像4
▲見せ場は上海での高層ビルからの飛び降り。
バンジージャンプの要領で高層ビルに潜入する作戦はビル内でのアクションが省略されていて、ちょっと物足りない。
進入成功!⇒獲物を取りに行く!(詳しい描写はカット)⇒パラシュートで脱出だ!!とか・・・、残念である。
IMFの裏切り者(またか!!)であり、イーサンの上官であるマスグレイブも悪役っぷりを発揮することなくジュリアによって倒される。
怪しい感じだったけど、善人だったIMF上官のブラッセルなど、色々と納得できない部分、消化不良気味な部分はあるが、結構良作だと感じた。観て損はない。

M:I-2(MISSION: IMPOSSIBLE 2)

M:I-2
MISSION: IMPOSSIBLE 2

2000年
アメリカ映画
124分

〔監督〕ジョン・ウー
〔製作〕テレンス・チャン/トム・クルーズ/ポール・ヒッチコック/ポーラ・ワグナー〔原作〕ロナルド・D・ムーア/ブラノン・ブラーガ〔脚本〕ロバート・タウン〔撮影〕ジェフリー・L・キンボール〔音楽〕ハンス・ジマー
〔出演〕トム・クルーズ/ダグレイ・スコット/タンディ・ニュートン/ヴィング・レイムス/リチャード・ロクスバーグ/ジョン・ポルソン/ブレンダン・グリーソン/レイド・セルベッジア/ウィリアム・R・メイポーサー/ドミニク・パーセル/アンソニー・ホプキンス
M:I-2:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 世界最高のスパイが、最高の超話題作「M:I-2 」で戻ってきた。最高のアクションえ映画監督ジョン・ウーが、彼のブランドとなった独創的でエキサイティングなアクションをひっさげてこのミッションに参加。今回イーサン・ハントは美しいナイア・ホールとチームを組む。そして裏切り者のエージェント、ショーン・アンブローズの陰謀、かつてない恐怖から世界を救うミッションのために活躍を見せる。しかし、世界を駆けるふたりを待っていたのは、愛と任務のどちらを選ぶのかという選択だった。
 
〔感想と雑談〕
個人評価: オススメ度:★★

トム・クルーズ主演のスパイ映画の2作目。
前作で「スパイ大作戦」ではなくなり、本作で「ミッション:インポッシブル 」でもなくなった・・・。
監督ジョン・ウーの完全なるオ〇ニー映画。駄作認定である。

ジョン・ウーは我が強すぎる。そんな考えを持つ人は少なくないはずだ。
これでもかというアクション。スローモーションも多用するぞ。二丁拳銃もお馴染みだ。鳩が飛んだらジョン・ウー映画の完成である。

前作と打って変わって、チャラ男に生まれ変わったイーサン・ハント(トム・クルーズ)。任務の為に出会ったナイア・ホール(タンディ・ニュートン)にすぐさま惚れる。軽さ爆発だ。

M:I-2:画像1
▲ここまでは面白そうだったんだけどな・・・。

M:I-2:画像2
▲鳩が出たら、溜め息しか出ない。

M:I-2:画像3
▲これ、何て映画?ただのアクション映画として観れば・・・。

前作までは辛うじてスパイ映画っていう雰囲気だったが、今回はただのアクション映画である。
イーサンのワンマンショーばかりで、チームプレイが無いのも評価が微妙な原因のひとつ。
アクションは凄いんだけどな・・・、それだけの作品なのですが。

M:I-2:画像4
▲一応、ハッピーエンドで終わりだが・・・。
次作も観る限り・・・、本作は無かった事になっていそうである。忘れてしまおう、こんな駄作。

ミッション:インポッシブル(MISSION: IMPOSSIBLE)

ミッション:インポッシブル
MISSION: IMPOSSIBLE

1996年
アメリカ映画
110分

〔監督〕ブライアン・デ・パルマ
〔製作〕トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー〔製作総指揮〕ポール・ヒッチコック〔脚本〕デヴィッド・コープ/ロバート・タウン/スティーヴン・ザイリアン〔撮影〕スティーヴン・H・ブラム〔音楽〕ダニー・エルフマン〔特殊メイク〕ロブ・ボッティン
〔出演〕トム・クルーズ/ジョン・ヴォイト/エマニュエル・ベアール/ヘンリー・ツェーニー/ジャン・レノ/ヴィング・レイムス/クリスティン・スコット・トーマス/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/インゲボルガ・ダクネイト
ミッション:インポッシブル:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 指令を受けて東欧に潜入した極秘スパイ組織IMFのエージェントたち。しかし作戦は敵側に筒抜けで、辛くも逃げ延びたイーサン・ハント以外のメンバーはほとんど殺されてしまう。何者かが自分を裏切り者に仕立て上げようとしていることを知ったイーサンは、陰謀を暴くべく新たなミッションに挑む・・・。
 
〔感想と雑談〕
個人評価:★★★★ オススメ度:★★★★

現在まで3作の続編が製作されたスパイ映画の記念すべき1作目。
往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」に思い入れのある人は、色々と理屈を並べて批判しただろう作品だが、まったくの別物として観ればなかなかの傑作であると思う。

変装をベリベリっと破り、印象的な曲とともに始まるOPは、いつ観てもカッコイイ。
又、冒頭の作戦失敗、仲間が全滅、生き残ったイーサンが組織の裏切り者と疑われる流れは、スピーディな展開と緊張感も併せて、非常に魅力的である。

ミッション:インポッシブル:画像1
▲ただ一人生き残り(実は違うのだが・・・)、組織に疑われるイーサン。
だからといってレストランの水槽を爆破して逃げるって・・・。

この後のアジトの螺旋階段を上から撮ったショットとか、電球を割って通路に撒く描写とか、結構細かく描写していてGOOD。この辺がブライアン・デ・パルマっぽいのかな~。

ミッション:インポッシブル:画像2
ミッション:インポッシブル:画像3
▲本作で最も有名と思われるCIA本部への潜入シーン。
メガネを伝って汗が落ちそうになるカットは本作屈指の名シーンだと思う。

ミッション:インポッシブル:画像4
▲てっきりトンネルの入り口にぶつかって、ヘリ爆散エンドかと思ったら、入ってきちゃった。
最大の見せ場、疾走する列車の上での攻防まで怒涛の展開で魅せる。

ミッション:インポッシブル:画像5
▲IMF組織内の裏切り者を暴き出したイーサン。
最初の作戦で使用したメガネがキーとなるのもニクイ演出。

続編にも言えることだが、IMFって裏切り者・・・、多くないっすか?

猛獣大脱走(WILD BEASTS)

危険猛獣大脱走
WILD BEASTS

1983年
イタリア映画
92分

〔監督・原案・脚本〕フランコ・E・プロスペリ
〔製作〕フェデリコ・プロスペリ〔撮影〕グリエルモ・マンコーリ〔編集〕マリオ・モッラ〔音楽〕ダニエル・パトゥッキ
〔出演〕ジョン・アルドリッチ/ロレーヌ・ド・セル/ウーゴ・ボローニャ/ルイーザ・ロイド/ジョン・ステイシー/エンツォ・ペッツ/モニカ・ニッケル/ステファニア・ピンナ
猛獣大脱走:DVDジャケット
〔あらすじ〕
ヨーロッパ北部の某都市。その郊外に数千頭もの動物が最新コンピューターで管理されている巨大動物園があった。ここ数日、動物たちの異常行動が目に付き、獣医のバーナーは頭を悩ませていた。そんな時、アベックが車の中でネズミの大群に襲われる事件が発生。友人であるブラウン警部から連絡を受けたバーナーは何らかの原因によってネズミが凶暴化したと推測する。だが、丁度その頃、動物園では暴れ出した巨象の群れによって電気系統が破壊され、全てのセキュリティがダウンしてしまった。狂気に満ちた無数の猛獣たちがいっせいに大都会に解き放たれたのだ!

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:★★

簡単に説明すると、アニマル・パニック映画+マカロニホラー=『猛獣大脱走』という感じ。
ショックシーンと血糊の量ですべてを包み込もうとするのはイタリアのお国柄なのだろう。
お前ら、こんな残酷シーンが観たいんだろうという製作側の声が聞こえてきそうだ。

物語の初め、車の中でイチャイチャしていたバカップルがネズミに噛み殺される事件が発生。その後もサスペリアに出てきそうな盲目の紳士が盲導犬に噛み殺されたりするなどエグイシーンが続く。

そんな中、主人公が働く動物園では最新コンピューターで動物を管理するシステムを採用していたのだが、凶暴化した象の行動により、システムはダウン。門は破壊され、動物達は街に解き放たれてしまう。

この間も、動物園の管理の方々も虎やライオンに襲われてしまうなど退屈しない場面が挿入される。

猛獣大脱走:画像1
▲主役のルパート・バーナー(ジョン・アルドリッチ)。
割とダンディな風貌、本作ではシャワーシーンを披露など、なかなか魅力的に見えたのだが・・・、素人演技が致命的だったのか、有名な出演作は本作のみ。

猛獣大脱走:画像2
猛獣大脱走:画像3
▲ネズミに噛み殺されたバカップル。血糊の量だけは一人前だ。

猛獣大脱走:画像4
▲地下鉄に進入してきた動物にもガブリと噛み殺されます。

象に踏みつぶされたり、白熊に襲われたり、本物の動物を使ったシーンと作り物を使ったシーンを巧みに繋いだ編集は凄いと思う。グリズリー(GRIZZLY)より魅せる技術は一歩上。

ラストでは、麻薬っぽい薬物が飲料水に混入したために動物が凶暴化したという様な、無理やり感が溢れる風刺的な理由付けがなされるのだが、動物達と同じく、飲料水を飲んだ子供たちが凶暴化してしまうという皮肉な結末が印象的である。

猛獣大脱走:画像5
▲刃物を手に子供達が襲いかかるラスト。

モンキーフィスト/猿拳(KNOCKABOUT)

モンキーフィスト/猿拳
KNOCKABOUT

1979年
香港映画
104分

〔監督〕サモ・ハン・キンポー
〔製作総指揮〕レイモンド・チョウ 〔撮影〕リュー・カン・ワイ〔音楽〕チン・シュン・チ
〔出演〕ユン・ピョウ/サモ・ハン・キンポー/リャン・チャージェン/ラウ・カーウィン
モンキーフィスト/猿拳:DVDジャケット
〔あらすじ〕
 口の達者なレイと、相棒のマーは、半人前の駆け出しサギ師。食堂で出会った旅の男モードゥの強さに惚れこんだ二人は、早速弟子入りを願い出るが、実は彼こそかつて“古ダヌキ”と呼ばれたお尋ね者の強盗犯だった。追手の役人を倒したモードゥは、真相を知ったレイの命を狙い、闘いに加勢したマーを殺害。復讐を誓ったレイは、猿を連れた浪人から“猿拳”を学び、モードゥに仇討を挑む。

〔感想と雑談〕
個人評価:★★ オススメ度:★★

ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポーと同じ時期に爽やかな笑顔で人気になったユン・ピョウの初主演作。ストーリーはあらすじの通り、捻りは特にない、良くあるカンフー映画である。

監督はサモ・ハン・キンポー。
敗北⇒修行⇒復讐という、カンフー映画の黄金パターンを継承した映画で、助演も行ったサモ・ハン・キンポーのキャラクターが強烈すぎて、主役のユン・ピョウが霞んで見えてしまうのが最大の難点。

モンキーフィスト/猿拳:画像1
▲レイ(ユン・ピョウ)とマー(リャン・チャージェン)。

モンキーフィスト/猿拳:画像2
▲モードゥ(ラウ・カーウィン)からレイを逃がす為にマーは犠牲になってしまう。

モンキーフィスト/猿拳:画像3
▲猿拳を修行するレイ。
何といっても修行シーンが最大の見せ場。
本当に人間かと思わせる身体の動きが凄い。足技とか、アクロバットはジャッキー・チェンよりキレがあるように思える。サモ・ハン・キンポーもさすが、動けるデブというだけはあると感じさせる。

モンキーフィスト/猿拳:画像4
▲最後は師弟の猿拳コンボで敵を討つ!!
のだが・・・、ここまでくるとどっちが主役か分からない。
隠密役人という役どころも主役泣かせ、サモ・ハン・キンポー目立ち過ぎ。

TVでの放映時には“燃えよデブゴン5(サモ・ハン・キンポー主役のカンフー映画シリーズ)”の名前
が付けられたのも皮肉である。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。