スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クライング・フリーマン(CRYING FREEMAN)

クライング・フリーマン
CRYING FREEMAN

1996年
日本/フランス映画
102分

〔監督〕クリストフ・ガンズ
〔製作〕ブライアン・ユズナ/サミュエル・ハディダ〔企画〕黒澤満〔製作総指揮〕一瀬隆重/ヴィクター・ハディダ〔原作〕小池一夫/池上遼一〔脚本〕クリストフ・ガンズ/ティエリー・カザル〔撮影〕トーマス・バースティン〔編集〕デヴィッド・ウー/クリス・ロス〔音楽〕パトリック・オハーン
〔出演〕マーク・ダカスコス/ジュリー・コンドラ/加藤雅也/島田陽子/チェッキー・カリョ/レイ・ドーン・チョン/バイロン・マン/マコ
クライング・フリーマン:DVDジャケット
〔あらすじ〕
  父親をマフィアに殺され生きる気力を無くしていたエム・オハラは、偶然サンフランシスコで殺人現場に居合わせ、冷徹に殺しを終えたあと清らかな涙を流す殺し屋に出会った。彼はチャイニーズ・マフィア“竜の末裔”に素質を見出され、“フリーマン”と呼ばれる殺し屋となった元陶芸家の火野村窯という日本人だった。殺されたのは中国進出を企む日本ヤクザ“白真会”組長・島崎の息子で、バンクーバーに戻ったエムは、事件の目撃者としてニッタ、フォージ両刑事の保護を受ける。再び窯の姿を目撃したエムは、もはや彼に殺されるのを待つかのようになっていたが、ある夜、エムのもとにやって来た窯は彼女を殺せず、運命に導かれるようにエムと結ばれるのだった。一方、組長を殺された花田竜二は、窯を仕留めて組織の覇権を握ろうと中国・上海の各地を襲撃していた。竜の末裔は花田暗殺を窯に命じ、目撃者暗殺の命に背いた窯の殺害も彼の相棒・黄に命ずるのだが・・・。
[From allcinema]

〔感想と雑談〕
個人評価:★★★ オススメ度:★★★

“殺し続ける、涙を流しながら。”
[DVDジャケットより]

今回紹介する映画は、同名漫画(原作:小池一夫、作画:池上遼一)の実写映画作品であるクライング・フリーマンです。
本作は、東映Vシネマのハリウッド映画版「東映Vアメリカ」として企画され、1996年に劇場公開されました。
殺しが終えると同時に、己の宿命に涙を流す殺し屋、フリーマンこと主人公の火野村窯を演じるのはフィリピン、スペイン、中国、日本、アイルランドの血を引き、端正な容姿が魅力的なアクションスター、マーク・ダカスコス。
その他の主演者としては、数々の映画に出演したマコ岩松、日本のヤクザ・花田竜二役として加藤雅也が出演するなど俳優陣の顔ぶれも多彩で豪華です。

肝心の映画の出来としては、そのまんまVシネマのノリで物語前半から中盤にかけて退屈な部分もありますが、途中途中に観られるマーク・ダカスコスの華麗なアクションや、鍛え上げれた肉体など魅力的な部分もあり、漫画作品の実写映画化作品としては成功だったのではないでしょうか。

私は原作漫画を知らなかったのですが、十分楽しむことができました。
・・・だから楽しめたのかもしれませんが。

クライング・フリーマン:画像1
▲主演の火野村窯を演じるのはマーク・ダカスコス。

近年はビデオ映画などのアクション映画を中心に活躍しているマーク・ダカスコス。
他の出演作は、本作と同じクリストフ・ガンズ監督作品であるジェヴォーダンの獣(2001)、ブラック・ダイヤモンド(2003)など。
ヒロインより裸になるシーンが多い、本作のセクシー担当。

クライング・フリーマン:画像2
▲ヒロインのエム・オハラ役はジュリー・コンドラ。

本作での共演がきっかけで主演のマーク・ダカスコスと結婚。
漫画原作では、のちに日本刀を操り肉弾戦もこなすようになるらしいだが・・・。

クライング・フリーマン:画像3
▲日本のヤクザ・花田竜二役には加藤雅也。

クライング・フリーマン:画像4
▲竜二の妻、花田君江役に島田陽子。

クライング・フリーマン:画像5
▲映画後半、窯の隠れ家で繰り広げられるラストのアクションシーンは一見の価値あり。

クライング・フリーマン:画像6
▲刀を持ちながらの芸術的なアクション。この回転は本作屈指のアクションシーン。

クライング・フリーマン:画像7
▲戦いを終えた窯はどこに行くのか・・・。

One word:SONS OF LIBERTY(@icb0626)の一言。
マーク・ダカスコスを堪能したいなら、本作はオススメ!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。